ひらかたクリーンリバー

~第17回 天の川クリーン&ウォーク~

開催日 2018年11月3日(土)

画像

<画像をクリックすると拡大、拡大画像をクリックすると次の画像を表示、画像の外をクリックすると元に戻ります>

「天の川クリーン&ウォーク」は、七夕伝説で市民に親しまれ自然豊かに流れる天の川を次世代に受け継ぐため、 枚方市制55周年事業の一環で「天の川 大清掃」として始まり市内の多くの企業・市民団体・地域・学校など小学生から大人までたくさんの方が参加して行われ、17年目を迎えました。 枚方市では「天の川クリーン&ウォーク」以外に「船橋川クリーン作戦」、「クリーンリバー穂谷川」も実施しています。

 11月3日(土)文化の日に相応して好天に恵まれました。受付け開始前から多くの会員の方が集合され、昨年同様の43名の方にご参加いただきました。 先ず、枚方市天の川再生実行委員会・大阪府枚方土木事務所など主催者から「ゴミを捨てさせない環境づくりの重要性」や「天の川の良さを知って欲しい」旨の挨拶がありました。 次に、伏見市長挨拶(代読)、清掃作業の注意事項などについて説明がありました。 また「最初のころは、4tのゴミがあったが、昨年は0.5tに減っており、ゴミを捨てさせない環境づくりが実践されている」と紹介されました。
 イズミヤ裏堤防・浜橋横河川公園から、天の川堤防を上流班と下流班に分かれウォーキングしながらのゴミ拾いが始まりました。 松愛会枚方南支部は、最初に集合写真を撮った影響で、最後の方となりましたが、火ばさみ・ゴミ袋を手に下流へ向けてスタートとしました。

 スタートはゴミも少なくウォーキングを楽しんでいましたが、その後川べりや土手の上の草むらで流木やガラス破片・ビニールなどが見つかりました。 特に捨てられた自転車もありビックリ!!昨年同様、ゴミは少なく晴天の中、ウォーキングを楽しむことができました。
 そして、事故もなく無事2キロの「クリーン&ウォーク」を終了する事ができました。作業終了後も、楽しく話されている方も見受けられました。
 その後、枚方市駅へ向かう途中のラポール枚方では「よどがわ防災まつり」も開催されていました。また、岡東中央公園では「ひらかた菊花展」(~12日)が開催中でした。
 来年度も社会貢献活動の一環として「天の川クリーン&ウォーク」「春日神社・蹉跎神社清掃活動」の活動を進めて参ります。会員皆様のご参加よろしくお願いいたします。
 また、支部では今後も支部行事を予定しています。皆様のご参加・ご協力をお願いいたします。

写真:永井・中溝・松島 記事・HP作成:松島

画像 « Back


ページ
トップ