「2017年12月度 くらわんかカラオケ同好会」

 

第143回(12/2)、第144回(12/18)

 枚方南・北支部共催の「くらわんかカラオケ同好会」は、2011年4月に発足し、7年目が間もなく終わろうとしています。月2回の開催ですが、HPは2回まとめて月1回報告とさせて頂きます。12月2日(土)は13名、18日(月)は15名、計28名のカラオケファンが参集され楽しいひとときを過ごしました。
 当日の歌唱順に皆様の熱唱写真を紹介します。絶えず新曲にチャレンジする方、懐メロ中心の方、「雪」とか「女」とかテーマを決める方、毎回オリジナル歌手を一人に絞る方等おられ、皆様の個性・好みが分かります。
 新入会ご希望の方は、ここをクリックして下さい。ご見学は自由(連絡不要)ですので、何時でも気軽に覗いて、自由に唄ってみて下さい。
<取材:北川、吉川、HP作成:吉川>

武田 正規さん(北)

北川 陸人さん(南)

金箱 勝之さん(南)
1、酒の坂(西方裕之)
2、酔月夜(城之内早苗)
3、みそか酒(多岐川舞子)
4、大石内蔵助(鏡 五郎)
1、倖せ花(千葉一夫)
2、嘘よ(前川 清)
3、雪舞い岬(瀬口侑希)
4、飛騨川しぐれ(浜 博也)
1、おとこ傘(福田こうへい)
2、道ひとすじ(福田こうへい)
3、男道(福田こうへい)
4、津軽慕情(山本謙司)

吉川 亨さん(南)

岡本 俊治さん(南)

一円 春己さん(南)
1、女の冬航路(女の冬航路)
2、江釣子のおんな(竹川美子)
3、おんな三味線ながれ節(竹村こずえ)
4、ひとひらの雪(小金沢昇司)
1、女ひとり(五木ひろし)
2、冬子のブルース(増位山太志郎)
3、酒場にて(江利チエミ)
4、小樽運河(都はるみ)
1、心化粧(田川寿美)
2、会津追分(森山愛子)
3、流川ぶるーす(谷 龍介)
4、酒とふたりづれ(秋岡秀治)

中村 俊夫さん(南)

津井 洋治さん(南)

林 勝治さん(北)
1、涙の流星(パク・ジュニョン)
2、黄昏(山川 豊)
3、別れの磯千鳥(井上ひろし)
4、東京陽炎(岩出和也)
1、二人で一つの人生を(山本譲二)
2、檜舞台(大江 裕)
3、盛り場たずねびと(浜 博也)
4、細雪(五木ひろし)
1、大阪恋みれん(山本和恵)
2、あぁ奥入瀬に雪が舞う(木原たけし)
3、夫婦物語(大川栄策)
4、夜霧の再会橋(大川栄策)

野口 始さん(南)

中野  外志彦さん(南)

佐藤 敏夫さん(南)
1、夢をあきらめないで(岡村孝子)
2、ふたりは影法師(大空亜由美)
3、寂しいくちびる(北原ミレイ)
4、我何処へ(荒木とよひさ)
1、川の流れのように(美空ひばり)
2、月枕(竹島 宏)
3、忍び川(西方裕之)
4、はぐれコキリコ(成世昌平)
1、思えば遠くへ来たもんだ(海援隊)
2、雪国(吉 幾三)
3、昔の名前で出ています(小林 旭)
4、哀愁列車(三橋美智也)

角田 勝義さん(南)とママ

原  求さん(南)

近堂 博之さん(南)
1、男の背中(増位山大志郎)
2、はぐれ草(香西かおり)
3、居酒屋(五木ひろし&木の実ナナ)
4、おしどり(五木ひろし)
1、黒田節(島津亜矢)
2、還暦祝い唄(千 昌夫)
3、宗右衛門町ブルース
 (平和勝次とダークホース)
4、奥飛騨慕情(竜 鉄也)
1、真っ赤なワイン(北沢麻花)
2、神戸で逢えたら(北山たけし)
3、紅散華(水沢明美)
4、伊勢の女(松阪ゆうき)

諸谷 正見さん(南)

永井 和人さん(南)

米田 育平さん(南)とママ
1、花咲線~いま君に会いたい~
 (松原健之)
2、雪舞い岬(瀬口侑希)
3、焼酎天国Ⅱ(島津悦子)
4、赤い涙(キム・ヨンジャ)
1、奇跡~大きな愛のように~ 
 (さだまさし)
2、あなたの背中に(すぎもとまさと)
3、男の火祭り(坂本冬美)
4、吾亦紅(すぎもとまさと)
1、大阪すずめ(永井みゆき)
2、霧の波止場町(石原裕次郎)
3、想い出はアカシア(石原裕次郎)
4、兄妹の星(西郷輝彦&水沢明美)

峻  亘さん(南)

冨田 朝己さん(南)

中川正治さん(南)とママ
1、冗談じゃねえ(堀内孝雄)
2、明日はどこから(松たか子)
3、たくさんのしあわせ(さだまさし)
4、クリスマスイブ(山下達郎)
1、こいさんのラブ・コール
 (フランク永井)
2、北へ(小林 旭)
3、もうひとつの土曜日(浜田省吾)
4、抱擁(箱崎晋一郎)
1、雪が降る(アダモ)
2、九頭竜川(五木ひろし)
3、ノラ(門倉有希)
4、たこやき日和
 (大江 裕&山口ひろみ)

西澤 正俊さん(北)とママ

迫村 和寛さん(南)

絆のマスター・川埜 晋さん(南)
1、サチコ(ニック・ニューサ)
2、大阪恋巡り
 (増井山太四郎&日野美歌)
1、高原列車は行く(岡本敦郎) マスターから、今年1年間のお礼と、
年末のご挨拶を頂く



  « Back