パナソニック エコリレージャパン
2003年 2007年  2011年
2004年 2008年  2012年
2005年 2009年  
2006年 2010年  


2012年度 第10回 ユニトピアささやま「里山再生」活動

            「恐竜の里環境保全」 実施

2013323

平成25323.日(土)に2012年度最後の第10回目の「里山再生」活動が、丹波恐竜の里で実施されました。

今年で4回目を迎え参加者も丹波市上久下の皆様、パナソニックエコリレージャパン関係の方々総勢110人の参加で開催されました。開催に先立ち上久下自治協議会会長の柳川瀬様の挨拶に続き、丹波市副市長の中井様、パナソニックエコリレージャパン山口様の挨拶がありました。まさに地域とパナソニックグループ挙げてのクリーン活動となりました。

兵庫東支部からは宝塚市の熊谷勉さん、川西市の坂本基幸さん,西祥二さん、太田正範さん、岩ア前支部長ご夫妻、尼崎市の村上ご夫妻、根岸さんはお孫さんと参加、岡部支部長・関谷副支部長 元・現地区委員を含め20名が参加いたしました。
 3月とはいえ山間部はまだ肌寒い中、篠山川沿いの竹林伐採とシイタケの菌打ち、発掘現場付近の雑草取りに分かれ作業を行いました。伐採した竹は「チッパー」という機械で粉砕し、見る見るうちに小さくなっていきましたが、度々機械の調子が悪く焼却も併せての作業となりました。またシイタケの菌打ちも予定を終了し子供たちは化石の発掘に真剣に取り組んでいました。

昼食は地元の心温まる炊き出しで、おにぎりとトン汁を頂きお代りする人もありました。

作業終了時には上久下村 村長様からお礼の挨拶があり恐竜の里環境保全活動は無事終了しました。

 次回は427()「ユニトピアささやま」里山再生活動を行う予定です
                           
(レポータ 岡田雅夫)


丹波市からの挨拶

開会式風景

トン汁の炊き出し

竹林伐採作業


篠山川沿いの

竹林伐採作業

・・・

・・・


( チッパーに

よる粉砕 )

参加者一同

兵庫東の皆様

 


 2012年度 第9回 ユニトピアささやま「里山再生」活動 実施

2013223

  平成25223.日(土)に2012年度第9回目の「里山再生」活動が、小雪の
降る中、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。
兵庫東支部
からは
宝塚市の熊谷勉さん、川西市の坂本基幸さん,西祥二さん、岩ア前支部長
ご夫妻を始め、岡部支部長・関谷副支部長の元・現地区委員を含め
14名が参加、
他グループを合わせ総勢
30数名で作業しました。
 今年初めての作業ですが2月に行われるのはエコリレージャパンとしても
初めての活動とのお話が事務局よりありました。今回の作業は炭焼きと大木の
伐採そしてシイタケ栽培のためのほだ木作りです。

東支部の多くはシイタケのほだ木つくりを担当、大きく2工程で原木にドリル
で穴を開ける組と、その木にシイタケの菌を植え付ける組に分かれ70本あまり
を作りました。もう一方の組は畑に日陰となる川沿いにそびえたつ高さ
20mほど
ある大木を伐採、いずれ加工されて当施設のベンチや橋になるようです。 

 いつもは矢代瑚を見ながらの昼食ですが今回は寒い中ということもありレイク
プラザの2階で昼食をとり、昼からの作業を終え温泉でのひと時を満喫し、里山
再生の一日を終了しました。

 次回は323()恐竜の里の竹藪の伐採を行う予定です、地元の方々の
おにぎりやトン汁もありますので、皆様の参加をお待ちしています

                         (レポータ 岡田雅夫



菌の植え付け


原木への穴明

菌の植



え付け

大木の

伐採

一息

完成したほだ木

兵庫東の皆様

 


2012年 第8回 「ユニトピアささやま」里山再生活動 実施!
    阪神・淡路大震災慰霊献灯燭台竹筒作り

20121215


 
  平成24年12月15日(土)に2012年第8回の「ユニトピアささやま里山再生活動」がエコリレージャパン主催で開催されました。
  
 今回は、
2013117日に実施される「阪神・淡路大震災慰霊献灯」に使用される燭台用の竹筒作りを行いました。
 霧雨の残る足元の悪い日でありましたが、松愛会(兵庫東支部・兵庫西支部)、PPL労組、および一般の方合わせ総勢40名の方が参加され、兵庫東支部からは岡部支部長を始め、岩ア前支部長夫妻、鈴木元支部長、前地区委員の溝邉誠さん、松井英昭さん、また毎回積極的に参加して頂いている川西市の坂本基幸さん、西祥二さん、村上修二さん、宝塚市の三島基道さん、熊谷勉さんおよび現地区委員の16名が参加しました。
 岸本篠山植栽リーダーの指導のもと、竹筒作りが行われ、蝋燭サイズに合わせ10cm以上、太いものは直径15cmもの竹を相手に 長さ40cm〜60cmの寸法に切る作業を67班に分かれて、それぞれ行いました。
 
 今回は竹の伐採の作業はなく、伐採済みの竹を鋸でカットするため、段取りも円滑に進み、昼までに献灯燭台300本もの竹筒が見る見るうち皆様の協力で完成しました。

終了時には差し入れの焼き芋を焚火にあたりながら頬張り、歓談も交えながら作業を終了いたしました。添付の写真をご覧ください。
 昼食後はユニトピアささやま温泉の入浴で疲れを癒し、全員大いに充実感を感じながら無事帰路につきました。 

 本年一年間本当にお疲れさまでした。来年も多くの方々の参加を頂きながら開催できることを祈っています。
                        (レポーター 岡田雅夫)

2012年実施報告書

  竹筒作り全景


(  −  協力して


奮闘    −   )

(   −

協力して

奮闘

−   )

完成した燭台竹筒

兵庫東の皆様


2012年 第7回 ユニトピアささやま「里山再生」活動 実施

20121123

 

平成241123.日(金)勤労感謝の日に2012年度第7回目の「里山再生」活動が、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。あいにくの曇り空、時折霧雨の降る中でしたが約40名で里山の整備を行いました。
今回は棚田で採れた新米を頂く「収穫祭バーベキュー」が開催されました。写真も併せてご覧ください。

兵庫東支部からは尼崎市の村上光男さんご夫妻、宝塚市の益岡敏夫さん、川西市の坂本基幸さん、岩ア前支部長ご夫妻、繁田元支部長、鈴木元支部長を始め、元・現地区委員18名と、荒川さんの友人で兵庫西支部の栗原さんも参加され計19名で作業しました。

 今回の作業は水田の掘り起し、上段棚田の掘り起し(来年の水田用)、バーベキューの準備と3班に分かれ1時間ほど作業を行いました。そのあとはバーベキュー会場に移動し、野菜を切る人、かまどで炊飯する人、火を起こす人それぞれ若人気分に帰り準備を行い収穫祭がスタートしました。

パナソニックグループ労連 福岡書記次長様の乾杯のあいさつで宴は開催され、焼きそばが一番に出来上がり、続いて今年採れたコシヒカリは大きなかまどで炊き上がり皆おいしいと絶賛でした。メインのバーベキューは炭火で焼かれ見る見るうちに皆さん平らげていました。最後はトン汁を頂き腹いっぱいとなり岡部支部長の締めで収穫祭パーティーは終了いたしました。

 その後は温泉で汗を流し皆それぞれ帰路につきました。

 次回は 12月15日(土)竹灯篭の作業です
 皆様の参加をお願いいたします。

                     (レポータ 岡田雅夫)


作業説明

作業準備

( 棚田

掘り起こし )

かまど炊飯

乾杯

( 収穫

祭1 )

( 収穫

祭2 )

参加者全員

兵庫東の皆様


2012年 第6回 ユニトピアささやま「里山再生」活動 実施

20121027

 

平成241027.日(土)に2012年度第6回目の「里山再生」活動が、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。清々しい秋空の中、総勢31名で里山の整備を行いました。

兵庫東支部からは尼崎市の村上光男さんご夫妻、宝塚市の熊谷勉さん、川西市の坂本基幸さん,西祥二さん、太田正範さん、岩ア前支部長ご夫妻、繁田元支部長、鈴木元支部長を始め、元・現地区委員18名が参加し作業しました。

今回は水田の脇を流れる小川の雑草を整備しましたが、中には杉やブナなど大きな木もあり、皆さん汗をかきながら茂った小川から景観の良い小川へと変身を遂げました。

皆さんの頑張りで昼までに作業が終了し、昼食はレイクプラザのバルコニーで矢代池を見ながら昼食を頂きその後は温泉で汗を流しました。今回は黒豆のお土産付き、今年の黒豆は出来がよく今晩の晩酌のおつまみにサイコウーと満足そうに終了しました。

 次回は祝日ですが 1123() 森林伐採を行いますので、皆様の参加をお待ちしています。この日は今年水田で取れた新米を頂くなど感謝祭が行われる予定です。

                      (レポータ 岡田雅夫)


棚田前で全員記念撮影

 ( 

鋸片手に奮闘1

 )

 (

 鋸片手

に奮闘2 

 )

( 

   鋸片手

に奮闘2 

 )

 (

もうひと踏ん張り 

)

兵庫東の皆様

 

 2012年 第回 ユニトピアささやま「里山再生」活動 実施

2012.922


                           里山再生・実施報告( PDF版

         

 2012年 第4回 ユニトピアささやま「里山再生」活動 実施

2012728

平成2428.日(土)に2012年度第4回目の「里山再生」活動が、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。連日の猛暑にもかかわらず、兵庫東支部からは尼崎市の村上光男さんご夫妻、宝塚市の熊谷勉さん、川西市の坂本基幸さん,西祥二さん、岩ア前支部長ご夫妻を始め、岡部支部長・関谷副支部長の元・現地区委員を含め14名が参加、他グループを合わせ総勢30数名で作業しました。

今回は昆虫の森の下草刈りと竹炭の火入れ作業です。

昆虫の森の草刈りは毎年行なっていますが、足元が悪い中で斜面の草を鎌で刈る作業です。一方平面の雑草は機械の草刈り機ですすき等の雑草を刈っていきました。そんな中で5月に植えた稲の状況を見ると田んぼの周辺に雑草が生い茂り、これを岩アさんが見ると「このままでは虫の食った黒い米になる、取らないとまずいな」ということで急遽この雑草もとり、皆さんの頑張りで昼までに作業が終了しました。暑い中本当にお疲れさまでした。

昼食は木陰に入り始まりました。先月収穫した梅で梅酒や梅ジュースのお裾わけがあり皆さん大変満足されました。また坂本さんからは35年ものの梅酒が披露され、これを頂いた岩ア夫人からは最高においしいと絶賛、暑さを忘れる昼食となりました。その後は温泉で汗を流し、里山再生の一日を終了しました。

 次回は929()森林伐採を行いますので、皆様の参加をお待ちしています
                          (レポータ 岡田雅夫)

すべて写真はクリックで拡大します。
拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする


昆虫の森・下草刈り


田んぼの雑草

田んぼの雑草刈り

田んぼがすっきり

木陰で昼食

兵庫東の皆さん


 2012年 第3回 ユニトピアささやま「里山再生」活動 実施

2012623

平成24623.日(土)に2012年度第3回目の「里山再生」活動が、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。兵庫東支部からは宝塚市の熊谷勉さん・新会員の益岡敏夫さん、川西市の坂本基幸さんを始め、岡部支部長・関谷副支部長、また元・現地区委員を含め11名が参加、他グループを合わせ総勢30数名で作業しました。

 まず気になったのは先月植えた稲がどのくらい大きくなったのか!写真のように順調に生育していました。また今回は竹炭の取り出しと、これから焼く竹炭の準備、それから棚田の周辺の下草刈りと梅の木の根の掘り起しを行いました。

 炭の取り出しは皆初めての経験で3つの窯のうち兵庫東メンバーは一つを開けました。炭焼きは窯を密閉にして作るため入り口は土で固めているので取り出しまで少し時間はかかりましたが、皆 興奮した面持ちで歓声を挙げ竹炭を取り出しました。お土産に国産で最高級品クラスの竹炭をお土産に頂き満足そうでした。

 棚田の下草は1か月すると20cm程度伸びまたアザミの花も咲き夏に近づいていると肌で実感するようです。昼からは気温も上がり夏のようでしたが気持ちのいい汗をかきました。今回新会員で一番若手の益岡さんと松井さん、土居さんは梅の根を2本掘り起し現役に負けない大成果を上げられました。

 好天の下、青々とした矢代池を見ながらの昼食や作業後の温泉でのひと時を満喫し、里山再生の一日を終了しました。

 次回は7月28日()田んぼや周辺の整備、休憩小屋の建設を行いますので、皆様の参加をお待ちしています
                           (レポータ 岡田雅夫)

すべて写真はクリックで拡大します。
拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする


 2012年 第2回 ユニトピアささやま「里山再生」活動 実施!

2012.5.26

 

 平成24526.日(土)に2012年度第2回の「里山再生」活動が、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。兵庫東支部からは宝塚市の熊谷勉さん・尼崎市の村上光男さん・川西市の西祥二さんを始め、岡部支部長・岩ア前支部長・関谷副支部長、また元・現地区委員を含め11名が参加、他グループを合わせ総勢約40名で作業しました。

2回目は前回作った棚田にコシヒカリの稲を植える田植えを行いました。生まれて初めて行う田植えに戸惑いを感じつつも、皆さん裸足になり横一列で足を取られながら田植えに興じていました。

また棚田育成に大切な下草刈りや、若者たちは前回伐採した梅の根の掘り起し、また別の班は休憩小屋の基礎作業に汗をかきました。

清々しい快晴の下、青々とした矢代池を見ながらの昼食や作業後の温泉でのひと時を満喫し、「秋の収穫祭」を夢見ながら里山再生の一日を終了しました。

 次回は6月23日()田んぼや周辺の整備、休憩小屋の建設を行いますので、皆様の参加をお待ちしています
                         
(レポータ 岡田雅夫)


すべて写真はクリックで拡大します。
拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。

苗の植え方説明

田植えの開始

2列目へ

7列目へ

第2棚田で

 (

下草刈り風景

 )

休憩エリア風景

記念撮影(全員)

記念撮影(兵庫東支部)



 2012年 第1回 ユニトピアささやま「里山再生活動 実施!

2012.4.28

 平成24428.日(土)に2012年度第1回の「里山再生」活動が、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。昨年までは、社会貢献として森林保全主体で取り組んできましたが、森林の整備も一段落したため、ユニトピアささやま全体の整備ということを考え、本年度より「里山再生」として、森林整備も含め棚田づくりを実施して行くことになりました。

パナソニックエコリレージャパンとして、「ユニトピアささやま里山再生実行委員会」が設置され、本多実行委員長のもと、副委員長:松本さん、事務局:山口さん・袴田さん、調査研究担当:本多さん、棚田再生担当:津田さん・岸本さん、休憩エリア担当:宮本さん、実作業コア組織:松愛会兵庫東支部岡部支部長・PAVC労組システム支部高尾さんと役割が決められ、活動を進めていくことになりました。

当日は快晴で真夏日に近い暑い気候となりましたが、松愛会兵庫東支部からは、いつも積極的に参加して頂いている川西市の坂本基幸さん・中村位三郎さん・尼崎市の村上光男さんご夫妻、岡部支部長・関谷副支部長他、地区委員を合わせ、11名が参加、PAVCの若い方たち、一般参加の方、スタッフを含め総勢約40名で元気に作業に取り組みました。

まず初めにユニトピアささやま内で、棚田づくり・休憩エリア整備を手掛けることになり、棚田班と休憩エリア班の2班に分かれ、それぞれのリーダーのもと扱い慣れない鍬・ショベル・スコップ・ツルハシ等の道具を使い土と格闘しました。重機を使わず人海戦術の作業でしたが、棚田の一部の形と休憩所の基礎を作ることができ、第1回目としてはまずまずの成果でした。今後毎月第4土曜日の日程で作業を続けていくことになっています。

暑い中の作業で汗びっしょりとなりましたが、昼食は緑の中でおいしく頂き、午後の作業終了後、ユニトピアささやま温泉で汗を流し、疲れを癒し、快い疲れを感じながら、全員清々しい気分で帰路に着きました。 
                       (レポータ根岸勇吉)

 次回は、526日(土)、ユニトピアささやまの棚田づくりと休憩エリア整備の予定です。
 
多くの会員の方、およびご夫婦での参加もお待ちしております。


すべて写真はクリックで拡大します。
拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。

作業前の連絡
土と格闘
この土を棚田に移動

休憩エリアの基礎部分測定

   ( 並んで

スコップ作業 )  

奥:休憩エリア、手前:棚田作り

休憩エリア基礎工事

2年ぶり水のある矢代池

昼食

一輪車で土運び

棚田めがけてエイ!

ツルハシで穴掘り

休憩エリアの基礎固め

記念撮影「全員)

記念撮影(兵庫東支部)





 2011年 第7回 「ユニトピアささやま」森林保全活動
恐竜の里クリーンリバー・クリーンロード
2012.3.24


恐竜の里・実施報告( PDF版




 2011年 第6回 「ユニトピアささやま」森林保全活動
阪神・淡路大震災慰霊献灯燭台竹筒作り
2011.12.17

 平成231217日(土)に2011年第6回の「ユニトピアささやま」ERJ(エコリレージャパン)活動が実施され、今回は、2012117日に実施される「阪神・淡路大震災慰霊献灯」に使用される燭台用の竹筒作りを行いました。
 山間の道では小雪のぱらつく寒い日でしたが、松愛会(兵庫東支部・兵庫西支部・寝屋川支部・大阪市内支部・交野支部・枚方支部)、PPL労組、および一般の方合わせ総勢50名の方が参加され、兵庫東支部からは岡部支部長を始め、岩ア前支部長、繁田元支部長、鈴木元支部長、前地区委員の濱田日出男さん、溝邉誠さん、松井英昭さん、また毎回積極的に参加して頂いている川西市の坂本基幸さん、尼崎市の村上光男さん、および現地区委員全員の18名が参加しました。
 岸本ささやま植栽リーダー・エコリレースタッフ宮本さんの指導のもと、竹林の間伐、竹筒作りが行われ、直径10cm以上の太い竹を相手に規格寸法・形状に、全員寒さを忘れ真剣に取り組みました。休憩時には、差し入れの焼き芋を焚火にあたりながら頬張り、歓談も交えながら作業を続け、約300本の竹筒を完成させました。
 昼食後、作業終了後の楽しみ、ユニトピアささやま温泉の入浴で疲れを癒し、全員少しの充実感を感じながら無事帰路につきました。 
                      (レポーター 根岸勇吉)

 来年からのERJ活動は内容が少し変わり、「里山保全活動」をテーマに実施して行く予定です。日程等詳細連絡は後日となりますが、皆さんお誘い合わせの上ご参加頂くようにお願い致します。

すべて写真はクリックで拡大します。
拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。

作業前の諸注意

(→

鋸で竹の

伐採作業  

←)

(→ 

 竹筒づく

り作業 

←)

(    竹筒の

品質確認     )

当支部の皆様
袴田事務局長より挨拶と注意事項 焚火で焼き芋 太い竹も芋の力で
チームワークの力で
午前中に300本余の
2012.1.17(火)慰霊燭台用
竹筒を作成することができました。
2011.12.17(土)



 2011年 第5回 「ユニトピアささやま」森林保全活動
竹林整備
2011.10.15


荒天のため中止になりました。




 2011年 第4回 「ユニトピアささやま」森林保全活動
ヒノキ林の伐採整備

2011.9.24

 平成23924日(土)、2011年度第4回の森林保全活動が、パナソニックエコリレージャパン主催で実施されました。当日は、暑さも和らぎ秋を感じさせる爽やかな気候でしたが、連休の真ん中の日ということもありやや参加者が少なく、総勢30名程度での作業となりました。しかしながら、松愛会兵庫東支部の参加者は、過半数超えの18名を数え、地区委員他、前支部長の岩ア重男さん、前地区委員の松井英昭さんを始め、継続して熱心に参加して頂いている宝塚市の熊谷勉さん、川西市の坂本基幸さん、西祥二さん、中村位三郎さん、尼崎市の村上光男さん、久下和幸さん、三田市の伊富公郎さん、篠山市の羽田充宏さんの方々の参加を得、順調に作業が進められました。
  今回は、ヒノキ林の間伐作業で力仕事でしたが、チェーンソー、ノコギリでヒノキを伐採、枝払い、4m定尺に切断、林外へ搬出、皮むきとチームワーク良く作業は進められ、皮の剥かれたきれいなヒノキ材がたくさん出来上がりました。また、今回は台風の後でもあり、林の中は荒れ、倒木も転がっていたため、それらの整備作業も合わせて行いました。
  12時に汗をかいた後のおいしい昼食を頂き、休憩後、午後の作業を開始、後片付け完了後、ユニトピアささやまの温泉で汗を流し、清々しい気分で全員無事に帰路につきました。
                                       (レポーター 根岸勇吉)

次回、第5回森林保全活動は、1015(土)支部独自企画「ささやま竹林整備」の予定です
 当日は、
お土産として参加者全員に「篠山名産黒豆」を用意しております。多くの方のご参加をお待ちしております。

                        すべて写真はクリックで拡大します。
                   拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。





 2011年 第3回 「ユニトピアささやま」森林保全活動
昆虫の森の下草刈り

2011.7.23

平成23723日(土)、2011年第3回の「ユニトピアささやま」森林保全活動が、
パナソニック エコリレージャパン主催で実施されました。今回は、昆虫の森の下草刈りが行われ、兵庫東支部からは岡部支部長・岩ア前支部長・関谷副支部長を始め、宝塚市の熊谷勉さん・川西市の西祥二さん・岡部支部長の友人の久下和幸さん・岡本みつ子さん他地区委員を含め16名が参加、兵庫西支部長の下上晃正様も参加され、他グループを合わせ総勢36名で作業しました。

暑い日差しの中、鎌を手に腰をかがめ、また足場の悪い斜面にへばりつきながら雑草と格闘、休憩・水分補給をしながら作業を進め、全員の頑張りで作業は昼までに終了させることができました。刈り取った下草を積み上げた大きな雑草の山ときれいになった昆虫の森を後に、無事に終えた満足感を味わいながら昼食に向かい、汗を流した後のおいしい食事を団らんしながら頂きました。

昼食・休憩後、いつものようにユニトピアささやまの温泉で汗を流し、清々しい気分で全員帰路につきました。

 
次回は、第4回森林保全活動は、9月24日(土)「ささやま檜林整備」の予定です。
 多数の方の参加をお待ちしています。  
      (レポーター 根岸勇吉)

                        すべて写真はクリックで拡大します。
                   拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。


挨拶:兵庫東西支部長

草刈り機も活躍

鎌で雑草と格闘

刈り取った下草集め

       ( 鎌  を

手  に  雑   草

と  真  剣  に 

格 闘 )         

斜面で格闘

女性が大活躍

満足感:兵庫東の皆様

美味しい食事


         


2011年 第2回 「ユニトピアささやま」森林保全活動
ヒノキ林の伐採整備

2011.5.28

                            荒天のため中止になりました。





兵庫東支部主催 
2011年 第1回 「ユニトピアささやま」森林保全活動

ヒノキ林の伐採整備



2011.4.16
2011年416()支部独自企画として「ユニトピアささやま」において、2011年度第1回の森林保全活動が実施されました。
 陽春の好天の中、岩崎支部長を始め、地区委員、一般会員の方合わせ13名が参加し、ヒノキ林の伐採・枝払い・4m寸法への切断・運搬・皮むき等の作業を行いました。
皆さん慣れない力作業を汗だくになりながらも、頑張り作業は順調に進める事が出来ました。

我々1人ひとりの森林整備活動がCO2削減に役立つとともに、整備された木材は「ユニトピアささやま」施設内で再利用されるそうです。
 作業終了後、満開の桜の木の下で、観桜しながら昼食を取ることにしましたが心癒され、作業の疲れも忘れ最高の気分味わう事が出来ました。
最後は「ささやま温泉」に浸かり、清々しい気持ちで帰路につきました。

  次回は、2011年5月28日(土)「ユニトピアささやま」でのヒノキ林整備です。
 多数の方の参加をお待ちしています。
           

                        すべて写真はクリックで拡大します。
                   拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。





2010年 第7回社会貢献森林保全活動
「恐竜の里 環境美化活動」

2011.3.26
 2011326日(土)丹波市の「恐竜化石発掘現場」の篠山河岸において、2010年第7回の森林保全・環境美化活動が実施されました。
 20068月、1億年前の恐竜(ティタノサウルス形類)の化石が発見され、丹波市役所ならびに上久下村恐竜の里づくり協議会の方々で大切に保存され、定期的に発掘・研究が進められていますが、その発掘現場の篠山川の保全美化活動にパナソニックエコリレージャパンとして昨年に続きお手伝いすることになり、松愛会兵庫東支部もこれに参加することになりました。
 季節は春の3月ながら、時折雪の舞う不安定な寒い天候の中、地元上久下村の方々、エコリレージャパンの関係者、パナソニック関係者、労組関係者、松愛会の枚方支部、交野支部、兵庫西支部の方々他、兵庫東支部を含め総勢約70名超の参加があり、兵庫東支部からは、岩ア支部長・岡部副支部長を始め、各地区委員他一般会員の方を合わせ19名が参加し、篠山河岸の竹林間伐・美化活動に力を合わせ汗を流しました。伐採した竹は、太い部分を切り取った後、竹チッパーで粉砕し、小さな粉チップの小山となり、ボリュームのあった竹も嘘のように消えてなくなりました。昼食休憩の時には地元の方の炊き出しを受け、のどかな田園風景の中でのおいしい昼食をとることもできました。
 作業終了後、地元の方の喜びの笑顔に見送られながら、きれいになった篠山河岸を後に、マイクロバスでユニトピアささやまへ戻り、温泉に浸かり疲れを癒した後、清々しい気持ちで帰路につきました。  (レポーター 根岸勇吉)

 次回は、2011年4月16日(土)「ユニトピアささやま」でのヒノキ林整備です。
 多数の方の参加をお待ちしています。
           (レポーター 根岸勇吉

                        すべて写真はクリックで拡大します。
                   拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。


鋸で伐採作業

伐採作業

炊き出し風景

山芋汁の昼食

河岸より引上げ作業

太い部分の切断

チッパーでの粉砕作業

充実感 兵庫東の皆様




2010年 第6回  「ユニトピアささやま」森林保全活動
阪神淡路大震災慰霊献灯燭台竹筒作り

2010.12.18
  平成221218日(土)に2010年第6回の「ユニトピアささやま」森林保全活動および阪神淡路大震災慰霊献灯燭台竹筒作りが行われました。
 少し雨のぱらつく寒い天気の中、 松愛会(兵庫東支部・兵庫西支部・枚方支部・寝屋川支部・交野支部)、PPL労組、パナソニックパーツサプライ労組、パナソニックテレコム労組等各団体および個人の総勢70名が集まり、兵庫東支部からは岩ア支部長を始め、地区委員、一般会員の方を合わせ18名が参加しました。 
  岸本ささやま植栽リーダーの指導の下、竹林の間伐・整備を行い、伐採した竹で2011年1月17日に実施される「阪神・淡路大震災慰霊献灯」に使用される燭台用の竹筒を作成しました。規格寸法・形状に全員寒さも忘れ真剣に作業を行い、例年より多い参加者を得たこともあり、合計378本の竹筒を完成させることが出来ました。また規格外の細い間伐材は竹炭材料として加工しました。作業終了後の楽しみ、入浴のひと時をを過ごした後、全員気持良く帰路につきました。

尚、地球環境革新の意識の高まりつつある気風の中、PGV(パナソニックグリーンボランティア倶楽部)は「パナソニックエコリレージャパン」に、2010101日付で名称変更し、活動継続をしていくようになっています。松愛会兵庫東支部は今後も「パナソニックエコリレージャパン」に協賛し、森林保全活動に取り組んでまいります。

 次回は、平成23326日(土)丹波「恐竜の里」での竹林整備となっています。
 多数の方の参加をお待ちしています。
             (記:根岸勇吉)

                        すべて写真はクリックで拡大します。
                   拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。


作業前の諸注意

伐採した竹

規格値に計測

力を合せ竹筒作り1

力を合せ竹筒作り2

力を合せ竹筒作り3

お子様も一生懸命

美味しい昼食

竹炭用に加工1

竹炭用に加工2

満足顔・松愛会の皆様

満足顔・兵庫東の皆様



兵庫東支部 独自企画
2010年 第5回  「ユニトピアささやま」森林保全活動

2010.10.16
 兵庫東支部は社会貢献活動の一環として「ささやま竹林森林保全」に取り組んでおります。本年もPGV(パナソニック・グリーンボランティア倶楽部)主催の年間5回の活動に加え、
「兵庫東支部独自企画」として年2回(春秋)の活動を計画しております。

 本年度第2回目の活動として、ユニトピアささやま「ヒノキ林の下草刈り」が、
10
16日(土)、地区委員を含め会員21名が参加して実施されました。

 暑かった長い夏もようやく過ぎ、爽やかな秋風を感じられる季節となったとは言え、
作業すれば、まだまだ暑く木陰で休憩・水分補給をしながら、カマを手にヒノキ林の下草・ヒノキに巻き付いた蔦などの刈り取り作業が順調に進められました。
参加者の皆さんの頑張りで作業は予定より早く午前中で完了、刈り取った下草を積み上げた大きな雑草の山を3個並べ、作業は無事に終了しました。

 昼食後、ユニトピアささやまの温泉で汗を流して全員スッキリ、サッパリした後、10月7日解禁の今が旬の「篠山の黒枝豆」を土産に清々しい気分で帰路につきました

 次回、第6回森林保全活動は12/18(土)「竹林整備と竹筒燭台作り」を行います。竹筒燭台は、震災後毎年行われる「阪神淡路大震災1・17のつどい」の慰霊燭台として「117のつどい実行委員会」に提供いたします。
会員の方多数のご参加をお待ちしております。 一緒に作業しましょう!
                            (記:黒住寛・根岸勇吉)

                        すべて写真はクリックで拡大します。
                   拡大写真から戻るのには左上の【戻る】アイコンをクリックする。


集合

作業の説明と諸注意

岩崎支部長のお話

十分に準備運動

下草刈り

ハイポーズ

頑張ってます

楽しいです

一休み

作業再開

雑草運び

作業風景1

作業風景2

作業風景3

作業風景4

黒枝豆と帰路に





2010年 第4回  「ユニトピアささやま」森林保全活動
2010.9.25


 平成22925日(土)2010年第4回のPGV「ユニトピアささやま」森林保全活動が行われました。今回はヒノキ林の間伐と森林整備を行いました。
PGVスタッフの指導のもと、総勢23名、兵庫東支部からは岩ア支部長・繁田前支部長始め、初参加の三田市山岸恒雄さん・伊丹市の関谷勇さん・三田市の伊富公朗さん・川西市の坂本基幸さん他、地区委員7名が参加し、ヒノキの伐採・枝払い・4m定尺寸法への切断・運搬・皮むき作業に取り組みました。また別グループは森林整備として、山林内に放置してある古木の整理を行いました。長い暑い夏がやっと終わり、少し涼風を感じられる季節となり多少作業もやり易い気候になったとは言え、まだまだ力仕事には暑く、慣れない斜面での作業でもあり、みんな汗をかきながらの作業となりましたが、真剣に取り組み、全員無事に怪我もなく終え、きれいになった山林を背に山を降りました。
 作業終了後、ユニトピアささやまの温泉で汗を流し、全員爽やかな気分で帰路につきました。

 次回は、支部独自企画で1016日(土)(丹波黒豆付き)、竹林整備の予定です。
  多くの方の参加をお待ちしております。
 次回ご案内へ        
                             (レポーター 根岸勇吉)


檜の伐採

4m定尺の運搬1
4m定尺の運搬2
檜の皮むき

兵庫東の満足顔
                                       

   


                          

2010年 第3回  「ユニトピアささやま」森林保全活動
*** 昆虫の森 下草刈り ***
2010.7.24

 7/24(土)午前10時現地集合で電車、自家用車等で参加者27名がアスレチック事務所の前に
元気な“おじさん達”が集合! 今回は松愛会兵庫西支部の委員7名も初めて参加いただきました。

 PGV事務局:袴田さん・宮本さんの下草刈りの注意事項と、時節柄特に「熱中症」予防の水分補給のため、2Lのお茶ペットボトトル10本を大きなクーラーボックスにいれて準備いただきました。  いざ下草刈り、気温はすでに32度、作業開始10分過ぎには皆さん持参のタオルで汗を拭き拭き作業は順調に推移、木陰で水分補給と休憩時 山間からの涼やかな風で冷えたお茶の喉越しは
また格別でした。

作業も順調にすすみ、当初3時終了の予定が午前中に終わり、ユニトピアの温泉で汗を流して全員スッキリ、サッパリして昼食後14時に解散。
 今回も、1人のケガもなく「熱中症」にかかった参加者もなく無事終了いたしました。

 次回、第4回 森林整備活動は9/25(土)です、ヒノキ林の伐採整備を予定しております。多くの参加者をお待ち致しております           
                     (兵庫東支部 社会貢献担当 :黒住 寛

いざ準備 鎌で下草刈り 揃って下草刈り
木陰で一服 初参加の兵庫西支部の委員 整備した昆虫の森で勢揃い

                                       
                                        

2010年第2回 PGV活動 「ユニトピアささやま」森林保全活動 2010.5.22

平成22522日(土)に2010年第2回のPGV「ユニトピアささやま」森林保全活動が行われ、今回はヒノキ林の間伐と森林整備を行いました。大阪で今年初めての真夏日を記録した暑い日でしたが、PGVスタッフの指導のもと、毎回参加されている松愛会枚方支部の女性グループの方を始め、各団体の有志の方および松愛会各支部からの参加者を合わせ、総勢27名、兵庫東支部からは、岩ア支部長ご夫妻・繁田前支部長・伊丹市の関谷勇さん・尼崎市の久下和幸さん他、地区委員5名、計10名が参加し、ヒノキの伐採、枝払い、4m定尺寸法への切断、運搬、皮むき等の作業に取り組みました。慣れない作業で足場も悪く、また力仕事でもありましたが、みんな汗だくになりながらも真剣に取り組み、無事に怪我もなく、僅かでも森林保全に貢献できたことを喜びながら作業を終えました。

作業終了後、ユニトピアささやまの温泉で疲れを癒し、全員気持良く帰路につきました。

次回は、7月24日(土)昆虫の森下草狩りを予定しております。今まで経験はないが森林保全に興味があるという方、社会貢献に参画してみたいと思われている方等、多くの方の参加をお待ち致しております。            
                     (兵庫東支部 レポーター 根岸勇吉)


          


兵庫東支部主催「ユニトピアささやま」森林保全活動

2010.4.17

    2010年度第1回社会貢献活動「ユニトピアささやま」森林保全活動実施
2010417日(土)に本年度初めての兵庫東支部主催「ユニトピアささやま」森林保全活動に12名の方々にご参加頂き実施いたしました。
好天に恵まれて順調に作業が進み、力仕事となりましたが森林に太陽の光を当てるためにヒノキ林の伐採と森林整備を行いました。ひとり一人の出来る事は小さくても、森林の保全と育林ができCO2の吸収源となり国民共有の財産になることでしょう.
力仕事の後、昼食は桜が少し散り始め花ジュウタンをバックに食事と取り、体の疲れを温泉に入って疲れを癒した後、大きな旬のタケノコを土産に無事に元気に帰路に着きました。

  次回は5月22日(土)ご案内クリックしてみてください。
ご友人ご家族お誘いの上 多数の皆様のご参加をお待ち致しております。


                       兵庫東支部 支部長 岩ア重雄


       

PGV活動 「恐竜の里森林保全活動に参加」 2010.3.27

2010327日(土)丹波市の「恐竜化石発掘現場」の篠山川河岸において、2009年第7回のPGV活動「竹林の間伐および環境美化活動」が実施されました。
皆様ご存知の通り、20068月丹波市篠山川岸に1億年前の恐竜化石が発見されました。


国内最大級の草食恐竜「丹波竜」は、学術的にも貴重な資料として関係者により、
保存・研究が進められておりますが、今回、丹波市役所ならびに上久下恐竜の里づくり協議会の要請で篠山川岸の美化活動にPGVとしてお手伝いすることになり、松愛会兵庫東支部もこれに参加することにしました。
 好天に恵まれ気持ちの良い青空のもと、地域地元の方々、丹波市ライオンズクラブの方々、PGV関係の方々の女性、子供達を合わせ総勢100名超の参加者があり、兵庫東支部からは、岩ア支部長ご夫妻をはじめ15名が参加し、篠山川河岸の竹林間伐・美化活動が行われました。
 昼食休憩の時には地元の方の炊き出しを受け、おいしい昼食をみんなで頂きました。
定例の「ユニトピアささやま」とは作業環境が異なりましたが、全員無事に作業を終えることができ、地元の方に喜んで頂き、きれいになった篠山川河岸を後に、ユニトピアささやまへ戻り、温泉に浸かり疲れを癒した後、元気に帰路に着きました。 


                     (兵庫東支部 レポーター 根岸勇吉)


阪神淡路大震災慰霊 献灯燭台竹筒作りに対し“感謝状” 2010.1.17
 2010年 阪神・淡路大震災後、節目の15周年を迎えました。震災で亡くなられた方々に対し、心より慰霊と鎮魂の意を表したいと思います。「阪神淡路大震災1.17のつどい」が震災後毎年神戸で行われますが、私たちの松愛会兵庫東支部に於いても、PGV活動としてこのつどいに使用される「慰霊献灯用燭台」作りを毎年「ユニトピアささやま」で取り組み、「1.17のつどい実行委員会」に提供しております。昨年12月19日(土)には総勢36名、兵庫東支部会員17名の参加を得、約250本の竹筒を作り提供しました。

 このたび、1月17日(日)に節目の15周年を記念して、「1.17のつどい実行委員会」ならびに「神戸・市民交流会」より、PGV関連5団体「ユニトピアささやま・PSC労組・半導体支部・松愛会京都支部・服部緑地竹レンジャー、PGVパナソニックボランティアクラブ」に「感謝状」が贈呈されました。
 PGV(パナソニックグリーンボランティア)は、袴田PGV事務局長が私たちを代表して「感謝状」を受けました。兵庫東支部としても、人命の尊さ震災の教訓を忘れることなく継承するためにも、ささやかではありますが支援を続けてまいりたいと考えております。今年度もPGV活動に多くの方々のご参加をお願い申し上げます。                        兵庫東支部 会報レポーター 根岸勇吉