2017年 松村一雄 「絵 画 展」 ご案内 尼崎市 松村一雄
サロンデボザールページ ⇒

バックナンバー(年)
                   
 2008 2009 2010 2011  2012  2013   2014  2015 2016   2017
 77回 水彩連盟展のご案内  
   東京六本木の国立新美術館にて開催される
 水彩連盟展に出品しています。
 
  東京展が終了すると大阪市立美術館にて
 巡回展が開催されます。

   是非、高覧をお願いします。 

   会場:国立新美術館(東京・六本木)

   日程:
44日(水)~416日(月)
         10:00~18:00 (最終日14:00)
         4月10日(火)は休館日



 巡回展 
   会場:
 大阪市立美術館・地下展覧会室
   日程: 
日(火)~13日(日)
               出展作品  「太古朝光」  F80号
   
            




 74
『関西水彩画展』松村さん10年連続出展
2018年3月13(火)~3月18日(日)
会場:大阪市立美術館

     ◇昨年に続き出演は金峯山寺の3体の権現さんです・・・吉野山の雲海に咲く吉野桜の
    幽玄のなかに・・・雲中菩薩ならぬ桜菩薩を伴って登場させました。松村画伯の独特の
    構想はいつもながら愉快で楽しい・・・それは豪快なアクリルタッチで描かれていました。


   ◇今年の仲間は・・・松村さんと赤尾さん高橋さん村上さん関谷の5人でした。松村さんの
    分かり易い解説を聞きながら、300点近い100号作品を堪能させてもらいました。


   ◇この有名な「関水展」は定年後に絵を嗜まれている方が多いそうです。赤尾さんの愛彩
    クラブの仲間及び松愛会奈良支部若草会の方々の作品がありました。


   ◇鑑賞が終わってから天王寺公園広場の芝生テラスでコーヒタイムを持ちました。芝生広場は
    ドンドンと整備が進み芝生の養生も出来上がり、雰囲気の良い広場に変身しています
    ・・・ 是非アベノハルカスと併せてご覧になってください。


                                   平成30年3月15日(木)
                                      レポータ 関谷勇


関水展の受付

『吉野幽玄』展示風景

『吉野幽玄』松村作品

松村作品前で5人組

会場展示風景

知事賞作品を解説する松村さん

絵画仲間と談笑する
松村さん
 
第74回 2018 関西水彩画展のご案内 

 関西水彩画会は昭和7年に設立して、戦争による中断が
あって、昭和25年より大阪市立美術館にて公募展を開催し、
水彩画公募展では74回を数える全国で3団体の一つです。

 水彩画作家集団の展覧会です。

 是非、ご高覧賜りますようご案内申し上げます。


  <私の出品作品>  吉野幽玄 F100号
 
  ◆会 期:2018年3月13日(火)~18日(日)
           9時30分~16時30分
 
  ◆会 場:大阪市立美術館(天王寺公園内)  
          (地下展覧会室)