≪パナソニック松愛会 茨木摂津支部 18年の歩み≫ 
年  度 経年 会員数
(前年度末)
支部の動き   支部長(代表) 
1999年度 0 5月発足時
187人
・本部北摂地区を茨木地区と高槻地区に分離し独立する 片岡 義雄     
2000年度 1 223人
2001年度 2 263人 ・本部の全国の地区名を支部名変更に伴い「茨木支部」となる
・西南地区から摂津 地区を分離し地区 委員1名増員  
2002年度 3 367人 ・女性担当を1名増員し総務担当とする
・支部ホームページを開設
・社会見学会10月独立
2003年度 4 441人 ・ホームページ委員を新設し地区委員となる
・ゴルフ同好会5月独立
2004年度 5 446人 ・友愛訪問開始
・ボランティア活動市街地清掃へ初参加(年2回)
 以降年2回参加継続実施中
長尾 寿郎     
2005年度 6 468人
2006年度 7 509人 ・支部名を「茨木摂津支部」に改称
2007年度 8 524人 ・エコライフ決算書取組開始(電気・ガス対象に10年度まで実施)
・安威川清掃活動スタート以降毎年実施中
2008年度 9 559人 ・会員増加に伴い6地区から7地区へ地区委員1名増
・社会貢献活動支援担当1名増
・友愛訪問対象年齢70歳⇒75歳
2009年度 10 586人 ・年次総会中止(新型インフルエンザ)
・支部の歌誕生
・10周年記念行事  (天満天神繁昌亭)
・友愛訪問手土産持参
深田 剛輝    
2010年度 11 604人 ・65歳節目懇談会開始
2011年度 12 628人 ・エコライフ活動(電気・ガス、及びガソリン対象に継続実施中)
・東日本大震災見舞カンパ実施
・社会貢献帽子購入
2012年度 13 689人 ・65、70歳合同節目懇談会
・東海道五十三次(バーチャル)健康ウォーキング推進
・市街地クリーン作戦市長感謝状受賞
・同好会PR&ポスター作成
・40周年まるごと爽健取組み
2013年度 14 715人 ・地区割りを7→8地区
・エコリレージャパンと協働し春の安威川清掃実施
・エコグランプリいばらきでエコ市民賞を受賞
・中山道(バーチャル)健康ウォーキング推進
・高槻合同同好会ポスター展示
・支部総会、新春懇親会に会員の作品展示
・サッカースタジアム募金実施
中山 眞  
2014年度 15 717人 ・15周年記念文化祭
・阿波・土佐お遍路(バーチャル)健康ウォーキング推進
・「支部だより」創刊(8月)
2015年度 16 730人  ・摂津地区懇談会と女性懇談会を試行
・新会員を入会月に地区委員が訪問
・「便利連絡シート」を全会員に配布
・「支部だより」のカラー化(4月)
・伊予・讃岐お遍路(バーチャル)健康ウォーキング推進
・「からおけ同好会」が発足(4月)
・エコライフ活動を終了
 濱川 悦三  
2016年度 17 729人  ・健康づくり活動や社会貢献活動などの機会を活用し懇親会を実施
・摂津地区(鳥飼)懇談会と女性懇談会を開催
・支部ホームページの個人認証制度を本部と支部を統一化
・西国道・山陽道(京都から下関)(バーチャル)健康ウォーキング推進
 2017年度 18  720人  ・薩摩・日向街道(バーチャル)健康ウォーキング推進  西 三千雄