HOME お知らせ 活動報告 会員専用 支部の歴史 支部だより 健康推進 レポート 同好会活動 雑学コーナー
  第62回例会(2018年07月24日)
  第61回例会(2018年04月03日)
  第60回例会(2017年10月10日)
  第59回例会(2017年04月04日)

   2015年度 ~ 2017年度(第51回~60回)
 2011年度 ~ 2014年度(第35回~50回)
 2002年度 ~ 2010年度(第1回~34回) 
 
 
  当クラブの前身は、高槻支部/茨木支部(当時)有志により運営されて
 いた『北摂社会見学クラブ』である。

  会員数の増加に伴い、上記クラブから分離独立した茨木支部(当時)独自の
 社会見学クラブとして発足した。(2002年10月)
 
  京阪神を中心に、個人としては行き難い施設の見学やグルメの旅など、
 一味違った旅行を行っています。

  現在の会員数は87人(茨木摂津:76人、他支部:11人)。

                                    2011年5月
 


  

【 2018年度の年間計画・実績 】  

   実施日  見 学 先  所在地
 第61回    4月03日(火)    歴史に学ぶ(城シリーズ第13回)
桜の「大垣城」と「奥の細道結びの地」を訪ねて
  滋賀県大垣市
 第62回    7月24日(火)  「井村屋」お菓子メーカー「松浦武四郎記念館」  三重県津市・松阪市
  第63回  10月日(火)  椿本チエイン他  京都府京田辺市

【クラブ役員・幹事名簿】

 役 職  氏   名    住    所  Tel
 代表幹事    土屋 祥二  567-0806   茨木市庄  移転しました。
クリックして下さい

(ログイン登録されて
いない方は登録して下さい。)
 幹 事    小森 俊夫  567-0872   茨木市真砂
 幹事 兼 会計    香川 英世  567-0831   茨木市鮎川


    TOPに戻る
 







                 第62回例会報告

 2018年7月24日(火)茨木摂津支部社会見学クラブ第62回例会が開催されました。
猛暑の中の開催でしたが、熱中症に配慮しながら実施しました。
 今回は、この猛暑と地震対応で急遽キャンセルされる方もあり条件的には悪い中で
参加者も22名でした。


     
[見学先]  井村屋(本社)と松浦武四郎記念館の見学

     
 朝早くからお待ち頂く皆さんご苦労様です    バスは、日本キャリー観光バスです。
本日の担当村上ドライバー
           長峰サービススタッフ
     
 バスに乗り込む皆さん    出発前のくつろぎ時間
     
 土山のサービスエリアでのトイレ休憩  

          (1)井村屋(株)本社工場  三重県津市 
猛暑の為、工場横にバスを横付けして工場見学を
                      先に実施するという配慮をしていただきました。
 

今回の見学は、あづきバーの生産ラインの見学です’工場内部の撮影は禁止でした。)
     
 井村屋(株)玄関  案内担当に挨拶  猛暑の為、工場横にバスを
横付けしていただきました。

     
 工場内部の撮影は禁止でした。  あづきバーの生産ラインを見学する皆さん(1)  あづきバーの生産ラインを見学する皆さん(2)

集合写真(井村屋)

 工場見学を終了し集会室で会社概要の説明を受け、
                   最後に井村屋商品の試食があり皆さん喜んで頂きました。
     
 集会室で会社概要の説明を受けました  説明を聞く皆さん  暑い中のアイス商品の試食は
大変ありがたい
サービスでした
     
 玄関口の展示スペース(1)    玄関口の展示スペース(2)
     
 商品の販売所にてお土産を買う皆さん(1)
少しお安くなっています
   商品の販売所にてお土産を買う皆さん(2)

             (2) 昼食場所 (はし家)
津市では大きな鰻専門店です
     
 はし家”駐車場はお客様でいっぱいでした”  はし家に入る皆さん  
     
 はし家でくつろぐ皆さん(1)   はし家でくつろぐ皆さん(2)  
 
 本日の鰻丼です
ボリュウムがあり津市一番の鰻屋さん納得の味でした
     
 食事する皆さん(1)  食事する皆さん(2)  食事する皆さん(3)

               (3) 松浦武四郎記念館 の見学
 松浦武四郎は、1818年 三重県松阪市に生まれる。探検家。
幕末に蝦夷地(現 北海道)を6回にわたって歩き「蝦夷日誌」と呼ばれる調査記録を
まとめた。アイヌ民族とも交流を深め、北海道の基礎を築いた。
北海道の名付け親としても有名。
 松阪市では、この偉大なる松浦武四郎の功績を偲び松浦家で代々大切に
保存され寄贈を受けた資料を展示する記念館を平成6年に開館している。

     
 松浦武四郎記念館  記念館に入る皆さん  記念館の皆さん
     
 玄関のフロアーに松浦武四郎が作成した
「東西蝦夷山川地理取調図」
が拡大されて展示され説明を受ける皆さん
 展示ブースに入る皆さん  松浦武四郎 生家 (記念館の近く)
今回猛暑の為、見学は中止

集合写真
     
 アイヌの民族衣装を着て「たけちゃん」人形と一緒にハイ ポーズ

 (4)帰路  トイレ休憩    (土山サービスエリア)
     
 帰りも同じサービスエリアでの休憩です    お土産を購入する皆さん

 (5)帰着 
   
 猛暑の中の見学でしたが、無事予定時間より早く到着しました。
皆さん ご苦労様でした。

                  (6)今回の社会見学 決定事項
今回参加者が22名と少なく猛暑の影響と健康管理対策として7月開催が妥当かどうかのご意見を聞き
 2019年度計画以降から開催月を7月から2月に変更を検討する事になりました。
第63回の10月の予定は変更ありません。

         (7) 次回予定 

        第63回 予定   10月9日(火)
 
          【行先】  椿本チェーン(京田辺工場)・自衛隊(大久保駐屯地)
 
                多くのご参加 お願いします。


TOPに戻る






 第61回例会
  
  2018年4月3日(火)茨木摂津支部社会見学クラブ第61回例会が開催されました。
天気は、4月に入り夏日の快晴でお花見が大丈夫か心配の社会見学日和でした。
今回の61回から新幹事の行事になりました。
新幹事 土屋祥二(幹事長) 小森俊夫(幹事) 香川英世(会計)
皆さんのご協力を頂き永くこの会が続きますようご支援をお願いします。
今回は32名の参加でした。


[見学先]  お城 シリーズ
        「大垣城」と「奥の細道むすびの地 記念館」
の見学

朝早くからお待ち頂く皆さん
ご苦労様です
 
  バスは、日本キャリー観光バスです。
本日の担当
  村上ドライバー
  長峰サービススタッフです。
 
   
 長峰さんのお出迎えでバスに乗り込む皆さん  出発前のくつろぎ時間  
     
多賀のサービスエリアでのトイレ休憩兼時間調整   見事な桜が咲いており皆さん 大喜び!! 
 (1)昼食時間    関ヶ原  花伊吹 到着(本日は、見学の都合で早めの昼食です)
本日は「鉄板焼きフルコース」の豪華な昼食です
花伊吹「天満」に入る皆さん
 
 
 テーブル毎に専属のシェフが鉄板で焼き肉を焼いてくれます
シェフの手さばきに見とれる皆さん   大満足の昼食でした
 
 
     
 昼食団欒  
 
 花伊吹正面  昼食後の花伊吹でのお買い物タイム
(2)大垣城 到着
   
 桜満開の大垣城 到着です  2名のボランティアガイドさんにお世話になりました
 集合写真  (左の写真をクリックすると拡大表示になります) 
   
 ガイドさんの説明を聞く皆さん ガイドさんの案内でお城に入ります 
  ”大垣城”

 大垣城は、天文4年(1535年)宮川安定が築城したと伝えられ
ている。1544年織田信秀により落城した。その後斉藤氏から
又また織田氏と支配権が移った後、この地域の支配権を握った
豊臣秀吉により1583年池田恒興が城主となった。
 所領は15万石とされる。翌1584年小牧・長久手の戦いで戦死
した恒興に代わり輝政が跡を継いだ。その後の変遷を得て1590年
小田原征伐で功を挙げた伊藤盛景が入城した。
 1600年の「関ヶ原の戦い」ではその子、伊藤盛宗が石田三成に
加担したため西軍の拠点となった。西軍が敗北すると大垣城は
東軍に包囲され落城する。
 江戸時代に入り徳川家康は譜代大名の石川康通を城主にし、その後
1635年戸田氏鉄が城主となり以降、明治に至るまで大垣藩戸田氏
の居城となった。
 天守でのガイドさん説明を聞く
 
 大垣城の大きさを聞く皆さん
   
 裏門の説明を聞く皆さん 入口近くの大垣城 雄姿
 熱心なガイドさんの説明を含めて大垣城を堪能しました
(3) 奥の細道むすびの地記念館
              大垣城からガイドさんの案内で徒歩移動しました
   
移動中の風景(1)
大垣市郷土館
大垣市の歴史史書・美術品等が閲覧できます
壁など昔ながらの建造物です

 移動中の風景(2)
外堀を利用した公園桜がきれいでした
移動中の風景(3)
芭蕉の俳句を石碑にして公開しています
移動中の風景(4)
春のお祭りで学生さんの演奏をしていました
移動中の皆さん
 大垣城から歩いて15分
「奥の細道むすびの地記念館」到着
今を遡ること329年。徳川幕府が繁栄を極めた元禄時代
に俳人「松尾芭蕉」は江戸深川を旅立ち約5ヶ月をかけて
全行程2400kmを旅しここ大垣で『奥の細道紀行』を終えました。
「奥の細道」は芭蕉が書いた紀行文と俳句を組み合わせた文学作品です。
芭蕉は元禄2年(1689年)3月27日に弟子の曽良とともに
江戸を出発し東北・北陸地方を巡り8月21日に大垣でその旅を終えました。
時に芭蕉は46歳で生涯で最大の旅でした。
「奥の細道むすびの地記念館」ではこの紀行文の解説をはじめ、
芭蕉の人となりや旅に生きた人生を紹介しています。
  館内に入り最初に3Dメガネを使った芭蕉の辿った「奥の細道」
紀行の紹介と芭蕉の歩んだ生き様を紹介していました


熱心に画像を見る皆さん
     
芭蕉が江戸から辿った道程が
紹介されています
 館内を見学する皆さん
「奥の細道」の尋ねた土地ごとに綴った俳句
や紀行文の紹介がされています
 
     
 館内のおみやげ販売処 ガイドさんのお勧め(記念館の前にあります)
「むすびの泉」 名水らしいです
 お水を飲む皆さん
(4) 帰路  トイレ休憩  (多賀サービスエリア)  
 
 最後のトイレ休憩地  お土産の買い忘れのないように  
(5) 到着 帰路  
  本日の「城シリーズ」大垣城もほぼ予定時間に到着です。
長峰さんにお見送りを受けご帰着です
会員の皆様 ご苦労様でした
 (6)次回 予定  7月24日(火)

          行先   三重県津市 「井村屋」  お菓子メーカー
               三重県松阪市「松浦武四郎記念館」
               北海道の名付親としたわれた人(江戸時代から明治にかけての探検家)
               蝦夷地を探検し詳細な記録を数多く残すアイヌの人々が安心して暮らせるよう尽力をする

                多くのご参加 お願いします。

TOPに戻る






第60回例会     

   2017年10月10日(火)茨木摂津支部社会見学クラブ第60回例会が開催されました。
天気は、10月に入り夏に逆戻りの快晴で絶好の社会見学日和でした。
今回の60回をもって現幹事の行事は終了する事になりました。
スタートしてから15年 現幹事4名の皆様には感謝いたします。
 参加者 計 36人 でした。
見学先 淡路島を楽しみましょう。
       薫寿堂(線香)たこせんべい里及び千年一酒造(株)
の見学
       バスは、日本キャリー観光バスです

 本日の担当
  村上ドライバー (左)
  長峰サービススタッフ(中)
  香川さん(右)
  よろしくお願いします
          バスに乗り込む皆さん
          出発前の団欒タイム
     茨木駅前から8:00出発して
淡路サービスエリアでのトイレ休憩
     
  淡路サービスエリアからの明石大橋   ロープケーブルを見て感心する皆さん
   明石大橋を釣り上げるロープ概要
   ①ロープケーブルの長さ 4073m
   ②ロープケーブルの直径 1.12m
      色わけされた線(ストランド)290本
      1ストランドの構成 素線数 127本
   ③ロープケーブルは、36,830本の素線で構成
   ④ロープケーブルの総重量 50,460t

    (1) (株)薫寿堂(線香の工場)に到着  
        
     薫寿堂 到着   バスから会社に入る皆さん
   
 集合写真
(工場見学前にハイ ポーズ)

(左の写真をクリックすると
拡大表示になります)
 
     
 工場見学する皆さん(1)  工場見学(2)  工場見学(3)
   
 ビデオでの説明を熱心に聞く皆さん  線香の展示即売品を確認する皆さん
  淡路島は、全国シェア70%を占めるお線香の生産地で特に一宮町は、お線香造りの伝統と
古代からの香木伝説、近年のハープ栽培など香りにまつわる数々の地域特性を生かして
「香りの町づくり」が進められています。

    (2) たこせんべいの里に到着  
       たこせんべいの里に到着
たこ煎餅の即売が実施されておりました)
     
 店内での買い物(1)  店内での買い物(2)  店内での買い物(3)
     たこせんべいの里の横に「赤い屋根」の
野菜や乾物の安売り店舗にも
皆さん買い物してました
   
 「赤い屋根 」の店内(1)  店内(2)

    (3)昼食  道の駅「うずしおレストラン」に到着 
     
   レストラン到着です  食事処から鳴戸大橋が見えます
     本日の昼食は「淡路鯛のひつま鍋御膳」です

量と質も大満足の御膳でした
     
 昼食風景(1)  昼食風景(2)  昼食風景(3)
 昼食休憩(時間があり皆さん 思い思いの時間を楽しんでいました)
     
 鳴戸大橋の下まで降りての写真  ハンバーガーショップ 全国ハンバーガーグランプリでここのハンバーガー
が全国1位と2位を占めお客さんが並んで購入
     
昼食休憩 のんびりとした時間です(1)  昼食休憩 のんびりとした時間です(2)  

    (4) 千年一酒造(株)に到着
     
 千年一酒造到着  会社に入る皆さん  
     
 工場見学する皆さん(1)  工場見学の皆さん(2)  工場見学の皆さん(3)
     
 試飲を楽しむ皆さん(1)  試飲を楽しむ皆さん(2)  
   
 集合写真

(左の写真をクリックすると
拡大表示になります)
 

    (5) 帰りのトイレ休憩・お土産購入 淡路ハイウェイオワシス
     
   玄関  店内
  今回の旅行でスタートから15年 現幹事の60回の節目を記念して社会見学クラブより
参加者におみやげがわたされました。
幹事皆様の配慮に感謝です。

    (6) 帰着
     
 たくさんのお土産をもって無事帰着です(1)  たくさんのお土産をもって無事帰着です(2)  幹事の皆様 おりがとうございました

    (7) お知らせ
 今回で現幹事の社会見学クラブは終了いたします。
池尻幹事長をはじめ井上・香川・中西各幹事様には15年間の活動に感謝いたします。
 今後の方向付けが西支部長より発表されました。社会見学クラブは新体制で継続します。
幹事は、土屋・小森・香川の3名で運営します。香川様には、従来の幹事ノウハウをご指導
頂く為にあえて支部から協力を要請して幹事を引き受けて頂きました。
 新体制から行事を年4回から年3回にして実施をします。新しい行事計画は決まり次第連絡します。
今後とも従来に引き続き多くのご参加お願いいたします。

    (8) 次回 例会案内
   2018年度4月
 「城シリーズ」での開催を考えています。
 詳細計画は決まり次第連絡します。

   TOPに戻る






 第59回例会
  2017年4月4日(火)茨木摂津支部社会見学クラブ第59回例会が開催されました。
天気は、暖かな快晴でお城と桜見物には絶好の日で、皆さん満足の見学会でした。
 参加者 計 39人 でした。
見学先歴史に学ぶ(城シリーズ第12回) 桜の「犬山城」  
       「愛知県陶磁資料館」
 の見学
   バスは、日本キャリー観光バスです
バスは50分前に到着です

本日の担当
  村上ドライバー
  大嶋サービススタッフ

  よろしくお願いします
    バスに乗り込む皆さん
    出出発前の団欒タイム
   (1)多賀サービスエリア 
     茨木駅前から8:00出発して
多賀サービスエリアでのトイレ休憩

  多賀サービスエリア内の桜は
つぼみのまま
犬山城の桜が心配だな
 
(1)国宝 「犬山城」 到着
  予定時間10:40に犬山城到着 
 
  観光ガイド(大澤様)の説明を聞く皆さん  観光ガイド(前田様)の説明を聞く皆さん
  心配していた桜も
お城のパーキングでは満開でした
  ガイドさんの案内で見学スタートです。

犬山城の入り口

犬山城は織田信長の叔父である織田信康
が天文6年(1537年)に木之下城を移して
築城したと伝えられています

天守は昭和10年(1935)に国宝に指定
され、昭和27年規則改正にともない
再指定されました
 
  (お城に向かう皆さん
桜は三分咲き お城の桜は大丈夫?
 お城の入場門
ここからは、有料です
 
三分咲きの桜と犬山城を
背景に集合写真
 
(左の写真をクリックすると
拡大表示になります)
 
  お城に見入る皆さん

青空と桜とお城がマッチして
すばらしい眺めでした
   

天守の説明を聞く皆さん

構造の概要
1階(納戸の間)
  中央部は4室に区画され周囲には2間幅の
  武者走(通路)がめぐる


 
2階(武具の間)
  中央に武具の間があり東・西・北に3方に武具
  棚を設けています

3階(破風の間)
  入母屋屋根の中に位置します
  創建当初は2階の屋根裏でしたが、増築に伴って
  3階になりました

4階(高欄の間)
  高欄の間の4方には約半間の廻縁がめぐり、高欄
  の間の南北に出入口があります
  出入口の左右には装飾化した花頭窓が配置されています

   
  天守には、歴代の城主が全て掲示されていました  天守から木曽川を望む
 
  天守から犬山市内を望む  三光稲荷神社 (銭洗稲荷神社)
 見学の最後にお参りして見学終了です
 
(3)昼食  「浜りょう」貸切での食事

  「浜りょう」さんは、2012年の
第41回例会時にも
利用させてもらっています
     本日の海鮮丼

 この他にお吸い物(赤だし)と揚げたての
 天婦羅がついていました

 ボリュウムも満点でおいしく頂きました
     
  昼食団欒(1)  昼食団欒(2)
 
  昼食団欒(3) 昼食団欒(4)
     昼食が終わり 時間待ちする皆さん
 
(4)「愛知県陶磁資料館」

     陶磁器に関する知識や資料を縄文時代
から現在に至る日本の焼き物の歴史が
展示されています。

敷地内に穴窯が発掘されその実物も展示
されています。

日本の陶磁器の銘品をここでしか見れない
ものが系統的・時系列に展示されています

到着して陶磁資料館に入る皆さん
  ロビーで展示物を見る皆さん
    名品展開催
  (陶磁資料館コレクション約
8000点から選りすぐりの40点展示
  作品の一部
     
 
     館内の展示物を見学する皆さん
    大きな敷地に3つの展示場を持ち各々テーマ毎の展示を実施している
  
スケールの大きな資料館でした
     
  本 館  南  館
     
  西  館
 
陶磁資料館での集合写真
 

(左の写真をクリックすると
拡大表示になります)
 
(5)帰りのトイレ休憩・お土産購入   多賀 サービスエリア
 
  多賀サービスエリア到着  沢山のお土産を購入してお帰り準備完了です

(6)帰着  予定時間に
無事到着  ご苦労様でした 

予定時間より30分遅れましたが
無事帰着です

幹事さんのお見送りを受けて
皆さんお帰りです
ご苦労様でした

役員の皆様 ありがとうございました
 
(7)  次回予定  ご参加お願いします

次回のお知らせ
 
次回第60回 例会  行先 検討中
 
開催日時: 2017年 10月 10日(火)
 

皆様のご協力で無事 59回 社会見学が終了できました。ありがとうございました。
皆様のご協力に感謝致します。
29人のご参加の皆様大変ご苦労様でした

今回の世話役・役員・幹事一同深く感謝いたします。
第60回をもって現行幹事による社会見学クラブの行事終了です
多くのご参加をお待ちしています

   TOPに戻る