茨木童子


高橋の欄干の茨木童子
 茨木童子の民話は、語る人によって内容に若干の
違いはあるが、大筋は次のように伝えられている。

 昔、水尾村のある農家に男の子(茨木童子)が生ま
れた。母の胎内に16ヶ月もいたので、生まれた時には
歯がはえ揃っていたとか。すぐに歩き始めたという。
 難産だったので母はすぐに亡くなり、父が童子を背に
もらい乳をするため村中を廻った。童子の飲みっぷりは
すさまじく、たちまちお乳が上がってしまうので、誰も
相手にしなくなった。
 父はある日、童子を籠に入れて九頭神(くずかみ)の
森(現在の茨木高校付近)に捨てた。それを床屋の
主人が拾いあげ、大切に育てた。床屋の手伝いをして
いた童子がある日、客の顔を剃っていた時に、誤って
客を傷つけてしまった。童子は吹き出した客の血を
とって舐めた。

茨木童子貌見橋碑
 血の味を知った童子は、その味が忘れられない。
その後、わざと客に傷つけて舐めるようになってし
まった。うす気味悪がった客は、店に来なくなり、
床屋はさびれる一方となった。床屋の主人に厳しく
小言を言われた童子は、ある日近くの小川の橋の
上から川に映った自分の顔を見ると、それは鬼の
形相をした自分の姿であった。
童子は驚き店には戻らず、茨木の町をあとに丹波の
山奥に行ってしまった。
そして、大江山の酒呑(しゅてん)童子のもとに行き、
茨木童子と名乗って副将格になったという。
  
 その小川の橋は以来、茨木童子貌見橋(すがたみ
ばし)と名づけられ、後の世まで語りつがれている。
床屋と小川のあったといわれる所に、その橋の碑が
立っている。
  

 
 茨木童子は茨木市のマスコットとして親しまれており、茨木市が関係する多くの資料等に登場
している。その姿は、茨木市役所前の高橋(水の無い川/元茨木川にかかる橋)の欄干の四隅に
茨木童子像として見ることができる。

【参考資料】 
 ・茨木の史跡(茨木市教育委員会)
 ・「茨木童子」シンボルキャラクター(右図)の
  著作権所有者: 社団法人 茨木青年会議所

 ホームページ・トップに戻る  雑学コーナー・トップページ  茨木城  椿の本陣