同好会活動アーカイブ

パナソニック松愛会京都支部

● 写真同好会 活動報告 ●

☆写真同好会 2018年度6月 撮影会を開催しました。

 6月18日(月)京都市立竹林公園で会員13名が参加して6月の撮影会を開催しました。

  当日午前8時前に大阪北部を震源とした地震が発生し公共交通機関がストップし、また会員の一部の自宅が地震の被害を受けた為、参加可能な会員だけの参加となりました。
 参加できた会員から提供された写真を掲載し、6月度の撮影会の報告とさせていただきます。

  尚、当日途中で帰宅した会員や参加できなかった会員の為に後日個別に京都市立竹林公園で撮影した写真を次回例会に撮影会作品として出品していただくこととなりました。

 

 

 

竹林公園に集合!

 

 

 

 

京都市立竹林公園 1

京都市立竹林公園 2

 

 

 

 

 

 

 

京都市立竹林公園 風景 3

京都市立竹林公園 風景 4

京都市立竹林公園 風景 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都市立竹林公園 風景 6

京都市立竹林公園 風景 7

 

 

 

 


☆写真同好会 第73回(2018年6月)例会を開催しました。

 6月14日(木)長岡京市バンビオ4階学習室において会員27名が出席し6月例会を開催しました。

 まず冒頭、北村会長から「梅雨に入り雨が降る日が増えてきましたが、雨上がりや雨の写真もなかなか良いものです。会員同士声かけあってよい写真を撮りに出かけてください。」と挨拶がありました。
 また、会員の住山さんから紹介のあった「日本風景写真協会作品展」に行った感想として、感動する写真が沢山あり、構図・色使い・撮影場所等参考になることが多かった。皆さんもぜひ数多くの良い写真を見る機会を持ってほしい。」と報告がありました。

 さて続いて互選会、5月の撮影会は京都府立植物園で行われた為、テ‐ブルの上はバラを始め色とりどりの花の写真でいっぱいです。鮮やかな色の花びらのクロ−ズアップが満載です。どれも素敵な力作ばかり。
 自由作品も光を上手にとらえた作品ぞろい。選ぶ会員も喧々諤々、いつも真剣です。
 選ばれた作品の紹介と撮影者の報告です。最後尾の皆さんも双眼鏡で熱心に作品を研究します。有意義なひと時です。
 その後は村井さん、樋口さんを中心に6月18日の撮影会の詳細検討です。
 (行き先は京都市洛西竹林公園と竹の径でしたが、当日朝の地震で中止になりました。)

 最後に八木顧問の提案で、次回7月12日の例会で手振れを防ぐカメラの構え方を実地講習をしていただくことになり、カメラ持参で参加することになりました。
 また、写真コンテストの紹介がありました。6月1日〜8月31日の期間で「全国水源の里フォトコンテスト」です。

Let's  Challenge!!

 

 

<例会>

 

 

 

 

いつもの様に開始です

互選会はいつも真剣!

松本さんの作品紹介です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなかやるな!

え〜6月の撮影会について

 

 

 

 

 

 

 

 

<撮影会の部>

 

 

一席

「ほほえみ」

松本史朗

 

 

 

 

二席

三席

「一輪のポピ−」

「こもれび」

住山 博

衣川良明

 

 

 

 

 

<自由作品の部>

 

 

一席

「渓流の光芒」

住山 博

 

 

 

二席

「萌芽の頃」

住山 博

 

 

 

 

三席

三席

「陽光に輝く苗」

「水  鏡」

多湖幹男

浦上岳志

 

 

 

 

 

「私のお気に入り写真」

 

 

 

「残雪の穂高」

SUN SET

長野県 松本市

ラグ−ナビ−チ(カリフォルニア州)

樋口 怜子

村井義治

 

 


☆写真同好会 2018年度5月 撮影会を開催しました。

 5月18日(木)京都府立植物園で会員19名のほか入部体験希望者1名を加え、合計20名が参加して5月撮影会を開催しました。
 当日、午前9時半北山門に集合したメンバ−は、甘い香りが漂うバラ園に場所を移して集合写真を撮影後、いよいよ撮影開始です。

 京都府立植物園ではちょうど18日からバラ展が開催されています。 比叡山をバックに雄大な景色の中約2502,000株のバラが一斉に開花し、上品で甘い香りに満たされていました。
 撮影場所・機材の情報交換や、撮影テクニックのアドバイスを受ける等の後、思いおもいの場所へ散開して撮影を開始しました。

 園内にはバラをはじめ清流の妖精「バイカモ」・「ヤマボウシ」・「花しょうぶ」・「牡丹」・「シャクヤク」等多種多様の花がい咲いていました。
 平日にも関わらず、幼稚園児・保育園児のグル−プや老若男女が散策したり、写生・写真撮影に没頭する人達でにぎわっていました。 中には海外からの遠来の入場者も見受けられました。
 12時に一旦バラ園に集合の後解散しました。 帰路についた人や昼食後引き続き午後から撮影を続けた人もいました。
 美しい花・珍しい花に囲まれ、優雅な香りに包まれた撮影会になりました。 皆さんお疲れさまでした。

 

 

 

バラ園の中で

 

 

 

 

 

園内は花盛り

情報交換で盛り上がる

さあ、撮影開始

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっかり腰を据えて

チョット、ひとやすみ

はい、ズ−ム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バラの香りの中で

遠来の入場者も

集中!

 

 

 


☆写真同好会 第72回(2018年5月)例会を開催しました。

 5月10日(木)長岡京市バンビオ6階配膳室において会員26名が出席し5月例会を開催しました。

 まず冒頭、北村会長から挨拶があり、八木前会長への永年のお礼と引き続き大所高所から指導いただけること。4月「京の桜」をテーマとした撮影会作品は開花時期のズレ等の中苦労されたと思いますが、多くの作品が出展されたこと。427日には有志でモデル撮影会に参加し、プロカメラマンの気持になった様な今迄にない新鮮な経験ができたこと等が報告されました。

 続いて八木顧問(前会長)から挨拶があり、「写真同好会発足から5年経ち会員数も増加し、写真展も4回を数えて年々評価が高まりうれしいことです。今後は顧問の立場で参加します。皆さんも頑張ってください。これからが楽しみです。」と激励いただきました。

 さて続いて互選会、撮影会作品・自由作品共に桜の素敵な写真が数多く出展され、いつにもまして華やかなテーブルになり優秀作品を選ぶのに苦労しました。
 入賞作品、講評の後は会員各自の作品紹介と講評です。八木顧問、鎌田副会長が交互に講評し構図から光の捉え方や色使い等きめ細かいアドバイスを受けました。

 続いて、5月の撮影会について担当の松下さん・中村さんから説明がありました。
5月18日(金)京都府立植物園で「春の花」をテ−マに実施します。

 その後6月の撮影会を担当の村井さん・樋口さんを中心に京都市洛西竹林公園で行うことに決定しました。

 最後に,森さんから5月21日の京都支部年次総会文化展に15点の作品が出展されることが報告されました。

 

 

<例会>

 

 

 

 

例会の始まりです

互選会は力作満載

撮影時の説明中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八木顧問 力が入ります

鎌田副会長!きめ細かい講評

 

 

 

 

 

 

 

 

<撮影会の部>

 

 

一席

「春の象徴」

村井義治

 

 

 

一席

「夜桜の幻想」

多湖幹男

 

 

 

一席

「水辺に咲く」

浦上岳志

 

 

 

<自由作品の部>

 

 

一席

「朝の比叡」

今井健次

 

 

 

 

二席

三席

「群生の活力」

「風」

多湖幹男

山口冨美男

 

 

 

 

 

「私のお気に入り写真」

 

 

 

SNOW WALL

「春桜の棟瓦」

室堂雪の大谷

大石神社(山科区)

松下 啓

中村一輝

 

 


★写真同好会 第71回(20184月)例会を開催しました。

 412日(木)長岡京市バンビオ4階学習室に於いて、会員24名が参加して例会及び総会を開催しました。
 まず冒頭、鎌田副会長が「春になり気候も良くなり、草花や昆虫が一斉に活動開始し始めました。写真撮影もどんどん出かけて素晴らしい写真が撮れますよう活動をお願いします。」と挨拶されました。

 さあ、いつもの様に互選会の開始です。
撮影会の部は八幡市 背割堤の桜がテーマです。200本を越えるソメイヨシノが土手の背に整然と立ち並び、満開の花トンネルを多くの見物客が行き交っていました。その様な中で撮影した入賞作品は、夜明け前に到着し日の出を待って、朝陽に桜のシルエットを重ね見事に撮影された作品です。そして、土手を自転車で快走するのを桜と共に撮った写真も好評でした。

 
一方、自由作品も桜を撮影した作品が多かったのですが、北陸自動車道のサービスエリアから池越しに桜と枯れたハスを写し、落ち着いた雰囲気を醸し出した作品が選ばれました。更に、室生湖の早朝風景を緑と黒で幻想的に仕上げた作品も入賞です。

 その後、会員各自が自作品を紹介して、鎌田副会長から一人一人助言を受けました。
次回撮影会は5月に入り、京都植物園で開催予定です。

 4月からの新年度に合わせて同好会も総会を開きました。そこで、永年ご苦労をいただきました八木会長が退任され、新たに北村新会長体制で、全員一致協力して同好会活動を盛り上げ、取り組んで行く事が承認されました。
 活動内容は、前年と同様な取り組みの他、今年度から年間テーマを「橋のある風景」としたり、新たに京都らしい、桜、祭り、紅葉等を季節に応じて月間撮影テーマで取り組みます。

 最後に、先月の第4回写真展の総括を森リーダーから発表され、昨年以上の観客数(723名)で盛り上がったものの、会場の手狭さや開催日数の見直し等、次回開催への課題も提起されました。

 今月の「私のお気に入り写真」は、森 輝美さん、大山 裕さんです。

 

 

<例会>

 

 

 

選ぶの難しいわ

鎌田副会長の講評

 

 

 

 

 

 

総会の始まりです

互選会の最優秀者表彰

 

小和泉春男さん

 

 

 

 

 

 

 

北村新会長です

熱心に聞き入ってます

意見も出ました

 

 

 

 

 

 

 

<撮影会の部>

 

 

一席

「朝日に輝く」

多湖 幹男

 

 

 

 

二席

二席

「朝陽に光る」

「桜小径を快走」

八木 薫

永田 一良

 

 

 

 

 

<自由作品の部>

 

 

一席

「花舞台」

八木 薫

 

 

 

 

二席

二席

「春の夢」

「復活の息吹」

住山 博

浦上 岳志

 

 

 

 

 

「私のお気に入り写真」

 

 

 

「陽が落ちて」

「急がなくっちゃ」

琵琶湖 高島市

京都 法輪寺

森 輝美

大山 裕

 

 

戻る