同好会活動アーカイブ

パナソニック松愛会京都支部

●  京都歩こう会 活動報告  ●

 

第260回 三宅八幡宮〜出町柳

 

 

・実施日:平成30年4月6日() 

 

・天気: 曇りのち雨  気温:  早朝 10℃ 日中 16 (朝は肌寒く、日中は小雨が降る天気)

 

・体感: 曇りから小雨が降る天気で肌寒く、あいにくの空模様。

 

・集合場所: 叡山電鉄 鞍馬線・八幡前駅前 

 

・参加人員: 15名のご参加です

 

・コースーリーダー: 藤本 正之  ・サブリーダー: 多湖 幹男

 

・行 程: 八幡前駅⇒三宅八幡宮⇒京都府警平安騎馬隊⇒宝ヶ池憩いの森(昼食)⇒こどもの楽園

 

      ⇒高野川沿い・桜の並木道を歩く ⇒叡山電鉄・出町柳駅(解散)

 

・距 離: 6.5 q 

 

・難 度: ☆  (皇室とのゆかりの深い三宅八幡宮から宝ヶ池・高野川沿いの桜並木をめぐるコース)

 

・感 想: 例年であれば桜満開の季節であるが、今年は桜の開花が早く「ソメイヨシノ」も葉桜気味!

 

  参加人員も降水確率(午前 20%、午後 70%)の関係も有り、15名と少なかった。

 

 

 【コース案内】

 

 1.三宅八幡宮(みやけはちまんぐう) :

 

  京都上高野三宅町にある、御利益はこどもの守り神としてかんの虫封じ・夜泣き・安産・学業成就他

 

  に効果あり。 沿革:社伝によれば、推古天皇の時代、遣隋使として隋に赴いた小野妹子が、筑紫で

 

  病気になったが、宇佐八幡宮に祈願すると病が治った。隋から帰国後、自らの所領であるこの地に、

 

  宇佐八幡宮を建立したのが始まり。また皇室とのゆかりも深く、明治天皇が幼少のころ重い病を患い

 

  この神社に祈祷を命じ天皇の病が治ったといわれる。近年、かんの虫退治の信仰の広がりを物語る

 

  大量の大絵馬が見つかり、国の重要有形民俗文化財に指定されている。

 

 

 2.平安騎馬隊(へいあんきばたい) :

 

  京都府警察の騎馬隊、1994年(平成6年)平安遷都1200年を記念して府民と警察を結ぶ架け橋

 

  として創設された。主な活動は、パトロール・雑踏警備・パレード他、所属馬は引退競走馬のサラブ

 

  レッドが多く、6頭が入隊している。

 

 

 3.高野川堤(たかのがわづつみ) :

 

  出町柳から上流の右手・高野川沿いには、約330本「ソメイヨシノ」を中心に桜並木が北山橋付近ま

 

  で続く。京都屈指の桜並木としても有名である。

 

 

 4.出町柳(でまちやなぎ) :

 

  出町柳は高野川と賀茂川が交わる場所で、ここから南を「鴨川」と呼ぶ。また 小浜・若狭と出町を結

 

  ぶ鯖街道口。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

叡山電鉄・八幡前駅

駅前で本日のコース説明開始!

三宅八幡宮で参拝と小休憩!

朝の集合風景!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝ヶ池公園を目指してイザ出発!

高野川沿いに出て散策中!

宝ヶ池公園手前の桜の木々の様子

 

 

・・・桜残念!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝ヶ池公園隣接の京都府警

宝ヶ池・憩いの森の屋根の下で

宝ヶ池・憩いの森の桜の前で

平安騎馬隊を見学!

小雨を避け昼食中!

記念撮影パチリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宝ヶ池公園隣接のこどもの楽園で

本日メイン高野川沿い

高野川沿いで小休憩です!

トイレ休憩!(公園管理室届け)

桜の並木道を散策!(葉桜・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

並木道もあと少し、

坂を登れば終着の出町柳!

心残りは有りますが、

目を閉じれば満開の桜が・・!

 

皆様お疲れ様でした!

     

戻る