パナソニック松愛会 守口門真支部

「支部だより」より


『支部だよりに掲載されました記事の中から抜粋しました。』
私 の 回 顧 録 №1
 
支部報主宰  花谷 留蔵
    
私と活字
 
私は、支部報発刊のお手伝いをさせていただいていますが、 私と活字との出会いは某高校に入学した頃に溯ります。当時は若者の 間で大流行していた同人雑誌に、私も仲間数人と発刊に取り組んでいました。
あるとき、そんな仲間から他校の生徒会新聞を見せられることに始まります。
私の学校では、教職員が発行する学校新聞が配布されていたので疑問に思い「どうして生徒会新聞でなく、 学校新聞なのですか?」との質問に、 教員から「新聞をやる生徒がいないからだ」との返答があったので 「だったら私がやります」と同級生数人を募って新聞部を立ち上げて以来、 ペンネ-ムを使って記事の執筆、写真撮影などの生徒会新聞発刊活動として大切な他校との交流、 取材、経費稼ぎの広告取りが中心となり授業も休みがち。
(おかげで成績は及第点ギリギリ)高校新聞連盟にも加入するなど、毎日走りまわっていました。
おかげで卒業するころには、高新連新聞コンク-ルに出展できるまで成長させたのが思い出の一つです。
私 の 回 顧 録 №2
 
支部報主宰  花谷 留蔵
    
特機営業所へ突然の派遣
 
担当していたテレビのスイッチから出火、2件の火災事故が発生。 急遽製作した対策品を携えて、顧客宅へスイッチの取替えに回るのに約2ヶ月かかりました。
対策終了を上司に報告するやいなや、突然次週から東京特機営業所へ技術駐在員として出向するるよう命じられました。
そのころの東京特機営業所は、官公庁関係と日本ビクターなどの関連会社以外は営業実績がほとんどなかったので、電話帳でセットメーカーの所在地を調べるのが毎朝一番の仕事でした。
地図に赤鉛筆で印をつけ、カタログを携え、技術担当者との対応を求めて訪問を続けました。
当時、松下電器といえば、今では想像できないほど敵対心丸出しされました。
まして、「技術担当者に会いたい」などと言えば、 技術を探りにきたのでは…と疑心暗鬼の目でみられ、守衛室で門前払い同様の扱いでした。
そんな毎日疲労困憊の私の背中を押してくれたのは、赴任間もないエレベーターの中で、 偶然出会った創業者の一言と仲間の存在でした。
TVの火災事故のことを覚えておられたのか「君があの花谷君か。しっかり頑張ってや」 と励ましの温かいお言葉でした。
そして毎日、 報告できるような成果がないまま帰る私を待っていてくれて「飲みに行こう」 と誘ってくれる仲間がいたことだったとおもいます。
私 の 回 顧 録 №3
 
支部報主宰  花谷 留蔵
    
トヨタ自動車と初取引
 
日頃は営業活動のほか、ときには松下電器代表として、 工業技術委員会の「JIS規格検討分科会」にも幾度か出席していました。
おかげで、 同業他社の方々とも名刺交換や情報交換ができるようになってきましたが、 なかなか成果にまでつながりません。
ふてくされて綱島の松下通信工業で時間をつぶしていた時、K品質部長から 「今度T通信社がトヨタ純正部品を大量に受注したらしい。
担当役員を紹介してあげるから 、行ってみるか?」とありがたい言葉が・・・・。
早速営業担当者を伴って、地図を片手に電車やバスを乗り継いでT通信社へ。
担当役員から「これやってみますか?」と、いただいた図面は、我が社が経験したことのない難しいものでした。
なんとか受注にこぎ着けましたが、 これがトヨタ自動車との取引のきっかけとなりました。
その頃から、 ソニ-、三菱、パイオニア、日本コロンビア、春日無線山水、横河など大手メ-カ-から次々と引き合いを得ることができるようになりましたが、 引き合いが増えるのに比例してクレームも多くなり、その処理に走り回る日が続くようになりました。
手書きの解析結果と処置書を持って行くと「いつも同じような内容ですね。たくさん印刷しておいたらどうですか。」 との皮肉が、重い足にのしかかるのでした。