2018年度 滋賀支部の方針

(1)活動方針

  ◆ 松愛会3カ年活動計画初年度基本的な考え方、"親しみ、楽しみ、喜び"あえる松愛会活動に沿って
     【健康でいきいきとした】滋賀支部活動を推進いたします。

     1) 会員が参加しやすく、地域に密着したきめ細かい行事・同好会・愛好会活動に取り組みます。
     2) 健康づくりへの取り組みを強化し、より魅力ある松愛会活動をめざします。
     3) 親しみ、楽しみ、喜んでいただける広報活動をめざします。
  
(2)活動計画
 
  1) 行事・同好会活動
 
     @ 支部行事の取り組み

       ≪全体行事≫ 
        ・年次支部総会(5月)、納涼会(7・8月)、日帰り旅行(11月)、新春懇親会(1月)を実施します。
     
      ≪各種懇談会・懇親会・セミナー≫  
        ・新入会説明懇談会、65歳節目交流懇親会(65歳到達会員対象)、女性会員懇親会を継続し、
        75歳節目に向けたセミナーを検討します。        
 
       ≪友愛訪問活動≫
        ・引き続き、80歳以上の会員を対象として友愛訪問活動を行います。
 
       ≪地域密着活動≫ 
        ・年次支部総会報告会を2会場(彦根市・高島市)で開催いたします。
        ・納涼会、65歳節目交流懇親会を2会場(草津市、近江八幡市)で開催いたします。
        ・地域懇親会として好評の各地“笑愛サロン”が、より親しみやすく身近に感じられる場と
         なるよう地域ごとに開催場所・実施時間等も工夫して取り組みます。
   
        ≪健康づくり活動≫
        ・支部年次総会の講演として「健康セミナー」を同時開催し、ボウリング大会の2会場同時開催、
        会議・行事等への健康体操導入などで健康づくりを図ります。
        
 
     A 同好会活動の取り組み
       ・同好会、愛好会は心身の「健康づくり」の基軸を成す活動と位置づけて応援します。

       ・各同好会世話役、幹事との懇談会を継続して実施し、同好会活動が円滑に取り組めるよう
        意見交換・交流の場といたします。
       ・新規会員の勧誘に向けて「滋賀だより同好会PR版」を今年も発行します。

 
   2) 社会貢献活動の取り組み
 
       ・ 「プルタブを集めて車椅子を贈ろう」活動の2巡目を開始し、滋賀県全市町への「車椅子」贈呈を
        めざします。今年度は県(21台目)と大津市(22台目)に贈呈します。
       ・パナソニックGの自然環境保全活動に賛同し、びわ湖畔「ヨシ刈り」活動に参加します。
 
   3) 広報活動の取り組み
 
     @ 支部広報誌「滋賀だより」
       ・「滋賀だより」はすべての会員に情報を伝えることのできるツールとして、より見やすく
         親しみの持てる内容を目指し、広報委員会を中心として継続的な改善を進めてまいります。
 
     A 滋賀支部 ホームページ
       ・「お知らせ」「イベント情報」などのタイムリーな更新や、行事・同好会・愛好会活動の
        実施報告の迅速な掲載に努めます。

        会員専用ページの充実と個人認証登録を推進し、安心
        して使用いただけるHP環境をめざします。
 
     B Eメール活用の推進
       ・ Eメール活用を継続して推進し、会員との連絡等がよりスムーズにできるよう検討します。 
 
   4) バイ・パナソニック運動の取り組み
 
     「滋賀だより・ホームページ」又「各種行事・同好会・愛好会」など、あらゆる機会を通 じて
     「バイ・パナソニック運動」を呼び掛けてまいります。