カウンタ
 Since 2003/01/01
首都圏支部
作成  田口 春一郎
                                         更新 2017/8/08
                                         
第161回 漫友会 黒子散策&朗読劇鑑賞
実施日      8月6日(日) 10:02~18:30

参加者   中嶋 繁(野田市)山下晃生(牛久市)田口春一郎(取手)上田進(柏市)
(敬称略)  戸谷輝夫(取手市)大島耕而(千葉市)新保知博(守谷)
            池羽さん(ちくせい観光ボランティア)小石川 功(幹事:筑西)
                                                                   計 9名

行 程   関東鉄道常総線 黒子駅(くろご)~東睿山千妙寺~あけのアグリショップ
            (昼食)~
明野公民館大ホール~「朗読劇 あの夏の日の記憶」~
            母子島遊水池(はこじま)~
春水亭(懇親会)~黒子駅解散

内 容      暑い夏の企画とし幹事の筑西市小石川さんのいつもの木目細かな
            ご配慮により車での移動で行動範囲も大いに広くなり・屋内での朗読劇観賞
            と、とっても有意義な一日でした。 
              特に当会9年ぶりに訪れた東睿山千妙寺の寺院としての歴史的価値や
            寺院としての役割を聞き、お寺さんは先祖の供養だけで無い事を再認識
            しました、お昼は本場常陸秋そばを頂き、ひろしま原爆の日にふさわしい
           「朗読劇 あの夏の日の記録」の鑑賞は、初めての体験で戸惑いも
            ありましたが、動きのある劇に対してはインターテイメント性に欠けるが、
            戦争の悲惨さが伝わって来ました、小貝川水害対策・国交省の母子島遊水池
            からの素晴らしい紫峰筑波山を眺め、近くの「春水亭」で、量の多い料理と
            お酒で懇親が盛り上がりました。今回幹事の小石川さんが立ち寄るところに
            地域住民の輪が在り、皆さん挨拶されていました、
            観光ボランティアをされて居るせいか!やはり人望でしょう!!


                                                        〈文章:田口春一郎〉

客殿前でご一行の参拝記念写真 執事がシャッターを押してくれた


観光ボランティアの池羽さんより
山千妙寺の成りたちを聞く


      打上げ懇親会場「春水亭」
      筑西市の食堂はどこもボリューム満点

* このページは低速通信利用者に配慮して、画像解像度を押さえて作成しています。
  右の「スナップ写真コーナー」では、ここでご紹介出来なかった画像も含めて、少し解像度を
  上げた写真(拡大可)を掲げて、当日の雰囲気をお伝えしています。
スナップ写真コーナー
クリック (アルバムに写真多数)
報 告:

◎東睿山千妙寺
     天台宗総本山比叡山延暦寺に対し東の比叡山を意味する東睿山千妙寺
   (1351年黒子に再興された)で今でも三味流伝法灌頂道場(密教の法と位を
   授ける重要な儀式)が行われているお寺の釈迦堂・客殿・展示室(歴史的史料)
   を拝見しました


朗読劇 あの夏の日の記録
            NPO法人ヒューマンライツネットはらんきょうの会主催で20年を迎える
   意義のある朗読劇を鑑賞させていただきありがとうございました。
   朗読劇「あの夏の日の記憶」はヒロシマ・ナガサキの被爆体験手記を読む
   劇で終始目をつぶって聞いていました、喜怒哀楽を言葉だけで表現し
   聞いている人に感情輸入をして来る素晴らしい劇の体験鑑賞でした。
   現在、後継者を育て、30代中心の第二世代、小学生中心の第三世代へと
   芽を植えようとしているそうです、
  「継続する宿命」を遂行していただきたいと感じました


母小島遊水地
      小貝川と大谷川の合流地域の5集落(108戸)を移転させて5か年計画
   208億円を掛けて造った遊水地500万トンの水を貯めて下流の被害を防ぐ池、
 直近の天気予報で50年に一度・100年に一度の大雨と報道されているが、
 1986年(S61年8月)の台風10号により150年に1度と形容された小貝川の大洪水を
 機に作られた遊水地で、今日まで30年強使ったことがないラッキーな
  遊水地です,桜・ダイヤモンド筑波山の写真スポットになっているそうです


                      〈文章:田口春一郎〉

行事企画(小石川 功)、写真提供(山下・戸谷・田口) 
次回の行事案内   
 第162回 漫友会 「大相撲 秋場所観戦」
日時:9月14日(木)
集合:JR両国駅 11時
行程:国技館~相撲博物館~大相撲秋場所観戦~
      甚句会館 (懇親会)


                                                              幹事:吉野 博
 
2017 年間スケジュール(案)
前年記録の閲覧
仲間たちの活躍
回数  実 施 日 集合
時間
集合場所 行 き 先 担当案 参加
者数
記録
閲覧
154  1月10日(火) 11:00 JR水戸駅  松愛会 茨城地区 新春懇談会 山下 15
155  2月10日(金) 10:00 本所吾妻橋駅  第二弾ミュージアム巡り 田口 9
156   3月18日(土) 10:15 JR成田線木下駅  水郷”かわめぐり”とのんびり散策の旅 大島 12
157  4月15日(土) 未定 東京メトロ住吉駅  吉田正記念オーケストラ 芳士戸 13
158  5月10日(水) 10:00 東武線川間駅  県西をバス旅行 関宿⇒境町 中嶋 9
159  6月10日(土)  9:50 常磐線 水戸駅  松愛会 茨城地区総会 小森 15
160  7月 6日(木) 9:00 上野公園口  第三弾 JR最低料金で一周 戸谷 9
161  8月 6日(日) 10:00 関鉄常総線黒子  朗読劇「あの夏の日の記憶」鑑賞 小石川 9
162  9月 14(木) 11:00 JR両国駅  秋場所 大相撲国技館観戦 吉野
163 10月 6日(金) 9:45 山田うどん  茨城地区 交流会報徳壹圓塾枝豆狩り 上田
164 11月11日(土) 10:15 真岡鉄道下館駅  蒸気機関車と土ひねりの1日 新保
165 12月 6日(水) 未定 未定  未定 平川
親睦団体
 寄り友会(湘南)  合同行事  筑波山(2004/11)  筍狩り(2005/4)  袋田の滝(2006/8)  

 東京ミッドタウン(2009/12)  作詞家講演会(2010/8)  美浦トレセン(2011/5)

 地下神殿(2012/11)  東京ベイエリア防災体験(2014/1) 相撲甚句会館(2016/11)
会員情報
・登録会員  山下晃生(牛久)、小石川 功(筑西)、田辺 薫(水戸)、戸谷輝夫(取手)、
 橋本 一(竜ヶ崎)、藤田和弘(古河)、吉野 博(水戸)、芳士戸 稔(つくば)、
 中山照明(神栖)、和田修身(水戸)、中嶋 繁(野田)、平川清治(松戸)、
 野口隆也(柏)、小森孝敏(竜ヶ崎)、新保知博(守谷)、田口春一郎(取手)、
 鉄本 宏(つくば)、秋山英寿(神栖市)、五島周太郎(鎌ケ谷市)、
 上田 進(柏)、大島耕而(千葉市)
                                        計 21名
・入会基準  松愛会茨城地区会員ならびに常磐線沿線の会員有志 (他地区会員も歓迎)
   但し輪番制担当に登録 (正式入会前のお試し参加も歓迎)
   電子メール または FAX で行事連絡が取り合える方
  ホームページ上で写真・氏名の掲載をご了解いただける方
・会   費  年会費なし、参加費実費(都度清算)
・連 絡 先  事務局 山下晃生 TEL/FAX 029-871-4848
              yamateru@hi-ho.ne.jp