カウンタ
 Since 2003/01/01
首都圏支部
作成  田口 春一郎
                                         更新 2018/1/17
                                         

第178回 漫友会 下館だるま市と本格御祓い

実施日 1月14日(月)11:00~18:40

集  合 関鉄下館駅 11:00集合

参加者
 (敬称略) 

山下晃生(牛久)、戸谷輝夫(取手)、吉野 博(水戸)、芳士戸 稔(つくば)、
中山照明(神栖)、中嶋 繁(野田)、平川清治(松戸)、小森孝敏(竜ヶ崎)、
新保知博(守谷)、田口春一郎(取手)、五島周太郎(鎌ケ谷市)、上田 進(柏)、
大島耕而(千葉市)、石和利彦(竜ヶ崎)、古澤誠一郎(江東区)、伊藤さん(筑西市)
小石川 功(幹事/筑西)、
                     17名

行  程 JR下館駅→ちっくんステーション→大町だるま市開会式場→ちくせい歌うま王会場(アルテリオ)
→下羽黒神社境内→筑西招福舘男・舘女レース表彰式見学→下羽黒神社神殿(お祓い)
→移動(マイクロバス)→千石ヤ(懇親会)→18:40解散


内 容  1月14日成人の日に筑西市で行われている、「だるま市」を見学、
下羽黒神社にて平成31年の本格的なお祓いをして頂きました。
アルテリオの1Fで行われていた、「筑西歌うま王」のカラオケ大会では
DAM機により「99.95」が出ていました、
カラオケができない(音痴)僕にとっては、理解できませんが?
AIを組み込んだ採点機械の場合は相対評価も入れるのではと想像しました、
平成31年初めの懇親会、3時間ゆっくり美味しい日本酒を頂きました為に、予算オーバーでした、
天気は最高に良い一日を幹事の小石川さん企画で十分に楽しみました
 
                                         〈文章:田口春一郎
筑西市千石ヤでの集合写真

日本一のおみこし重さ2t

漫友会これからますますの発展を祈願してお祓い
* このページは低速通信利用者に配慮して、画像解像度を押さえて作成しています。
  右の「スナップ写真コーナー」では、ここでご紹介出来なかった画像も含めて、
  少し解像度を上げた写真(拡大可)を掲げて、当日の雰囲気をお伝えしています。
スナップ写真コーナー
クリック (アルバムに写真多数)
 報 告


だるま(達磨)とは

    鎌倉時代にインドから中国へ仏道を日本に伝わった仏教禅宗で達磨大師という僧侶で、壁に向かって九年の座禅を行ったことによって手足が腐ってしまったという伝説がある。達磨大師の坐禅姿を模した置物。現在では縁起物として広く親しまれています、各地の郷土玩具屋「張り子屋」さんが「起き上がり小法師」を球体に近く腕もなく足もない形状に顔を描いたもが「だるま」と混同されるようになったようです、火や血の色である赤は古来より魔除けの効果があると信じられていたから、日本では「だるま」は多くは赤色の張子(はりこ)で製作され、目の部分は書き入れずに空白のままに残す。そして何らかの祈願を行い、祈願が叶うと目を書き入れるという習慣があるが、仙台張子の「松川だるま」は、独眼だった仙台藩初代藩主伊達政宗に配慮して初めから両目とも描かれた状態で販売されています



筑西市だるま市

 

  毎年1月成人の日に下館駅北口を左に行き大きな通りの坂を上ったところで、地域商店街の活性化と商売繁盛、開運を願い、上州高崎だるま・武州だるま(越谷)を販売していました又、市民団体による多くの催しが行われていました

  羽黒神社

    初代下館城主の水谷勝氏(みずのやかつうじ)公が領内安堵のために建立したものといわれており、本殿と所蔵する絵馬、木造愛宕明神立像、木造狛犬がそれぞれ茨城県指定文化財、旧拝殿と銀製定紋入手鏡が筑西市指定文化財。もともとは水谷氏が日頃尊崇していた出羽国(山形県)出羽三山の羽黒さんの神様羽黒大神を祀っていましたが、現在の御祭神はこちら大国主命(だいこく様、大己貴命)だそうです。神社にて本格お祓いを受けました

   真岡鐵道株式会社(もおかてつどう)

    蒸気機関車牽引列車(SL列車)として「SLもおか」の運転を行っており、2両の蒸気機関車 (SL) を保有している。C11 325は、自社線内での運行に供されるほか、各地に貸し出され、JR線内でイベント臨時列車として運転されることがあるそうです、C12 66は自社線内を運行しているが、平成11年にNHK連続テレビ小説『すずらん』の撮影に使用されたそうです、SL2台所有するので、定時運転ができていますが、今後1車両体制になるそうです?
                            〈文章:田口春一郎〉
行事企画:小石川 功   写真提供:小石川・戸谷・上田・山下・田口
            
次回の行事案内   
     第179回 漫友会 大洗町散策とあんこう鍋

 日時  : 2019年2月10日(日)

 集合  : 大洗町役場 12:50

 行程  :

大洗町役場→千手観音堂→中山染物→犬養稲荷尊天→西福寺
→月の井酒造(大吟醸試飲)大洗町役場→徒歩『あんこう鍋 和久』

 幹事  :
田口春一郎 090-3231-8855

2018 年間スケジュール(案)
前年記録の閲覧
仲間たちの活躍
回数  実 施 日 集合
時間
集合場所 行 き 先 担当案 参加
者数
記録
閲覧
166 1月22日(月) 10:00 JR牛久 松愛会 茨城地区 新春懇談会 山下 中止
167 2月9/10日(土) 13:45 那須塩原 P健保 那須保養所 小石川 11
168   3月6日(火) 10:30 JR水戸 観梅とあんこう鍋を味わう 吉野 14
169  4月14日(土) 11:20 JR錦糸町 南口 吉田正記念オーケストラ東京公演 芳士戸 15
170  5月12日(土) 10:30 東武浅草駅 浅草・向島散策・隅田川七福神巡り 新保 13
171 6月10日(日)  9:50 JR日立駅 松愛会 茨城地区総会 田口 14
172 7月6日(金) 10:30 JR有楽町駅 国立劇場 歌舞伎鑑賞 戸谷 20
173 8月6日(金) 10:30 モノレール浜松町 JAL工場見学 他 小森 10
174  9月 6日(木) 9:45 愛宕駅 アイスクリーム と 醤 油 の 工 場 見 学 上田 14
175 10月10日(水) 12:45 JR浜松町南口 交流会(寄り友会と合同)視察船
で 東京湾巡り
山下 20
176 11月1日(木) 10:00 JR有楽町駅 銀座八丁神社めぐり 中嶋 10
177 12月6日(木) 10:00 JR両国駅西口 忠臣蔵を行く 大島 15

2019 年間スケジュール(案)
前年記録の閲覧
仲間たちの活躍
回数  実 施 日 集合
時間
集合場所 行 き 先 担当案 参加
者数
記録
閲覧
178 1月14日(月) 11:00 JR下館駅 茨城地区 新春懇談会兼筑西市だるま市 小石川 17
179 2月10日(日) 12:50 大洗町役場 大洗町散策とあんこう鍋 田口
180   3月8日(金) 10:00 JR土呂 鉄道博物館と盆栽博物館 森本
181  4月9日(火) 未定 未定 豊洲市場 平川
182  5月10日(金) 未定 未定 未定 小森
183 6月6日(木) 未定 未定 松愛会 茨城地区総 吉野
184 7月10日(水) 未定 未定 未定 新保
185 8月10日(土) 未定 未定 未定 中山
186  9月 6日(金) 未定 未定 未定 山下
187 10月中旬 未定 未定 茨城地区交流会 二宮神社 居合道範士 芳士戸
188 11月8日(金) 未定 未定 大回り 戸谷
189 12月6日(金) 未定 未定 未定 中嶋

親睦団体
 寄り友会(湘南)  合同行事  筑波山(2004/11)  筍狩り(2005/4)  袋田の滝(2006/8)  

 東京ミッドタウン(2009/12)  作詞家講演会(2010/8)  美浦トレセン(2011/5)

 地下神殿(2012/11)  東京ベイエリア防災体験(2014/1) 相撲甚句会館(2016/11)

 視察船で東京港巡り(2018/10)
会員情報
・登録会員  山下晃生(牛久)、小石川 功(筑西)、田辺 薫(水戸)、戸谷輝夫(取手)、
 橋本 一(竜ヶ崎)、藤田和弘(古河)、吉野 博(水戸)、芳士戸 稔(つくば)、
 中山照明(神栖)、和田修身(水戸)、中嶋 繁(野田)、平川清治(松戸)、
 小森孝敏(竜ヶ崎)、新保知博(守谷)、田口春一郎(取手)、
 鉄本 宏(つくば)、秋山英寿(神栖市)、五島周太郎(鎌ケ谷市)、
 上田 進(柏)、大島耕而(千葉市)、森本敬次(柏)、石和利彦(竜ヶ崎)
 古澤誠一郎(江東区)
                                        計 23名
・入会基準  松愛会茨城地区会員ならびに常磐線沿線の会員有志 (他地区会員も歓迎)
   但し輪番制担当に登録 (正式入会前のお試し参加も歓迎)
   電子メール または FAX で行事連絡が取り合える方
  ホームページ上で写真・氏名の掲載をご了解いただける方
・会   費  年会費なし、参加費実費(都度清算)
・連 絡 先  事務局 山下晃生 TEL/FAX 029-871-4848
              yamateru@hi-ho.ne.jp