カウンタ
 Since 2003/01/01
パナソニック松愛会
首都圏支部
作成 戸谷 輝夫
                                                              更新 2017/06/29
                                                              

「自然のひろば」に、ツバメの成長記録と無事の巣立ち紹介の投稿があります!
  こんな都会の片隅にも野鳥は思いのほか元気に生きています。
  関心をもてば彼らの生き様が見えてきます、聞こえてきます。
  さあご一緒に野鳥との出会いを楽しみにお出掛けになりませんか。
  初心者歓迎!ご一緒に野鳥観察を楽しみましょう
自然のひろば入り口
野鳥観察の仲間たち!
気軽に情報交換しましょう


クリック
大磯海岸アオバト観察会の実施報告  

 場 所  大磯海岸&城山公園観察会

 日 時 平成29年6月18(日)

 コース 
大磯駅~照が崎海岸(アオバト観察)~統監道バス停~(バス)~
       城山公園前~吉田茂邸(見学)~旧三井別邸地区(茶室城山庵)
       ~(バス)~大磯駅~(JR)~戸塚駅(懇親会/庄や)

 参 加 者 泉 保、東海林 治、石毛稔恭小松裕一、高橋佐紀子、清野公子
 (敬称略) 長谷川加代子、中田米子、小田島明美、小川嘉子、 小池紀子、
       鵜飼順子、倉光幸司、堀田敏江、岡田俊男、太田昭子、石原幸子、
        戸谷輝夫、尾原 武
(担当)、田口春一郎(担当)
                                       [計 20名]


 
 緑鳩(アオバト)
普段は山地に生息していますが
塩分補給のため海岸にやってきます
報告
 5年ぶりに訪れることになります。この時期にはアオバトが海水を飲みに山から下りてきます。波をかぶりながら必死の飛翔は見ものです。さらに今回は大磯城山公園内に、今年4月1日より一般公開となった「旧吉田茂邸」を見学するプランも採り入れることにしました。

・照ケ崎海岸のアオバト
 この時期にはアオバトがミネラル補給のため、海水を飲みに丹沢の山から照ケ崎の岩礁まで下りてきます。ここ大磯の照ケ崎海岸は「アオバトの飛来地」として県の天然記念物に指定されています。
 当日は30~100羽の群れが次々と飛来して、波を避けながら岩の窪みに溜まった海水を飲んでいる姿を満喫することが出来ました。また打ち寄せる波を巧みに避けながらの決死行には、皆歓声を上げながらの観察でした。


・城山公園、旧吉田茂邸
 湘南の奥座敷として、大磯は軽井沢をしのぐ別荘地として人気があり、伊藤博文・大隈重信・山県有朋・寺内正毅・西園寺公望・原敬・加藤高明・吉田茂など、歴代の総理大臣が邸宅を構えていたため、今でもその名残が街中に見られます。
 今回は
大磯城山公園内に、今年4月1日より復元し一般公開となった「旧吉田茂邸」を見学してきました。ここは戦後の混乱期に日本の道筋を、強いリーダーシップで示し続けた吉田茂が、その生涯を終えるまで暮らしていた邸宅でした。

観察種(日本鳥類目録順)
 カルガモ、アオバト、オオミズナギドリ、ウミネコ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、
 イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、
エナガ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ガビチョウ、カワラバト
                                                    (計 19種)


案内人 (尾原 武・田口春一郎)、記事 (戸谷)、写真提供 (東海林 治・太田昭子・田口春一郎・戸谷輝夫) 



大磯の照が崎海岸にて
お目当てのアオバトをじっくり観察しながら、呑むものもしっかり呑んで満足げな皆さん

照が崎海岸に下りて、アオバトの来るのを
ゆったりと待つ観察体制

アオバトの乱舞

これが見たくて、はるばるやって来たのです

*このページは低速通信利用者に配慮して画像解像度を押さえて作成しています。
 右の「スナップ写真コーナー」では、ここでご紹介出来なかった画像も含めて、
 少し解像度を上げた写真(拡大可)を掲げて、当日の雰囲気をお伝えしています。
 
スナップ写真コーナー
(クリックで写真多数)


次回行事の案内





  

                次回行事の案内 

7~8月の定例行事(休み)
 「暑気休み」 (炎天下の観察会は健康上避けることに致しました)

  場 所  多摩川河口                   担当 戸谷・尾原
  日 時  平成29年9月18日(月祝)9:30~15:00(雨天中止)
  集 合  京急大師線( 京急川崎駅乗換え)小島新田駅前 9:30
  交 通  品川8:57(京急特快三崎口行き)9:08京急川崎(乗換)9:15~小島新田9:24
  案 内  9年ぶりに訪れる観察地です。シギ・チドリの渡りの中継地として、
       貴重な砂洲やヨシ原が見どころです。対岸は羽田空港で大きな渡り鳥?も

  参加費  100円
  持 参  観察用具、弁当、飲み物、敷物


 2017年(平成29年) 年間スケジュール(案)
* 下記の各観察場所クリックすると詳細紹介へリンクします!(準備中)  
観察地紹介
前年記録の閲覧
 月日 観察場所 (期待の野鳥) 集合
時間
集合場所
案内人 参加
者数
本年
記録
前回
記録
1月15日 (日)  (カワセミ・コゲラ)
 
大町公園・長田谷津
10:00 北総線 「大町駅」駅前 戸谷
小松
17 新規
 2月19日 (日)  (イカル・シメ)
 野川公園武蔵野公園
9:30 中央線 「東小金井駅」改札 小池
中嶋
20
3月20日 (月祝)  (ベニマシコ・ルリビタキ)
 北本自然公園
10:00 高崎線 「北本駅」改札 野口
戸谷
25
4月16日 (日)  (メジロ・八重桜
 新宿御苑
9:30 中央線各停 「千駄ヶ谷駅」駅前 田口
倉光
17
6月4日
~6月5日
(日月)  臨時1泊2日バスツアー
 戸隠高原
別途案内 (定員20名、別途案内) 野口
戸谷
20 新規
6月18日 (日)  (アオバト・オオミズナギドリ)
 大磯海岸・城山公園
9:30 東海道線 「大磯駅」駅前 尾原
田口
20 -
7月          暑気休み                 
8月        暑気休み               
9月18日 (月祝)  (シロチドリ・ハマシギ)
 
多摩川河口
9:30 (京急川崎駅 乗換え)
京急大師線 「小島新田」駅前
戸谷
尾原
- -
10月22日 (日)  (セイタカシギ・キアシシギ)
 葛西臨海公園
9:30 京葉線 「葛西臨海公園」駅前広場 山崎
倉光
- -
11月19日 (日)  (ルリビタキ・ジョウビタキ)
 野火止用水平林寺
10:00 東武東上線 「朝霞台駅」南口 戸谷
中嶋
- - 新規
12月10日 (日)  (ルリビタキ・カワセミ)
 手賀の丘公園
9:30 常磐線 「柏駅」西口改札 野口
田口
- -
                   

 ① 印は日本野鳥の会行事への合流、無印はすべて単独行動となります。
 ② 参加費(通信費・経費見合い)100円
 ③ 持参頂きたいもの:双眼鏡・図鑑・雨具・飲物・(昼食)
 ④ 冬季の観察会は防寒対策を:コート・帽子・手袋 等
 ⑤ 初心者歓迎、現役・OBのご家族・ご友人もお誘い下さい。

      6年前から案内人は複数担当とし、世話役だけでなく、皆んなで支え合うクラブへと
      次の一歩を踏み出すことにさせて貰いました。今後ともご協力をお願いします。

       (ほかにも都度協力者大歓迎です、世話役にご相談下さい)

世話役 戸谷輝夫 0297-74-5928
野口隆也 04-7163-7898
東島重昭 042-477-0341
中嶋  繁 04-7125-7012

顧 問 細井忠雄 042-321-0740


 お役立ちのひろば
  以下のマークをクリック       中高年にも分りやすいサイトをご紹介しましょう!
     野鳥を楽しむポータルサイト「BIRD FAN」
 バードウォッチング入門、野鳥の見分け方、野鳥クイズ、
 ライブカメラ(八戸蕪島のウミネコ、豊岡のコウノトリ 等)
     野鳥の歌「花鳥茶屋」
 日本にはどんな野鳥がいるの?(左端の目次は小さいですが充実です)
 その野鳥の声は?(画像と音声)
バードウォッチング検定
(クリック)
  バードウォッチング検定の問題と解答
 2002年~2004年に実施された検定です。問題を解きながら野鳥の
 知識を増やすことが出来ます。
野鳥のパズル
(クリック)
  野鳥のジグソーパズル
 
パソコン上で遊べる小型のジグソーパズルをご家族でお楽しみ下さい。
 (オジロワシ・オシドリ・キジ・エナガ・アカショウビン等のパズルあり)

 仲間たちのひろば
  以下の名称をクリック
 横浜支部自然観察会  現在、活動を中断しています
 日本野鳥の会  日本野鳥の会の活動概要を紹介しています
 日本野鳥の会東京都  東京都の探鳥地が紹介されています
 日本野鳥の会千葉県  千葉県の探鳥地が紹介されています
 我孫子市鳥の博物館  日本で唯一の野鳥専門の博物館です

 
 東京野鳥観察会へ入会のご案内
  入会を希望される方は、次の「入会規則」をお読みの上、「入会手続き」へお進み下さい。
             現登録会員 72名 (内 E-Mail 登録者 63名) 

[ 入会規則 ]
1.入会金  : 不要 (年会費 不要)
2.対象者  : パナソニックグループの現役社員・OB、そしてその家族・友人
3.参加費  : 都度100円 (当会連絡費・資料代見合いとして)
4.入会手続: 以下から「入会手続き」をお願いします
          (E-Mail・FAX等で今後の行事連絡を致しますので必ず記入願います)
5.退会手続き:退会の場合は、下記世話役までご連絡をお願いします
          (世話役:戸谷輝夫 TEL/FAX 0297-74-5928)

[ 安全管理 ]
1.自己責任による自由参加としておりますので、健康管理・交通安全等は自己管理をお願いします。
2.万一のために健康保険証を携帯下さい。
3.野山で歩きやすい服装(長袖・長ズボン)、ハイキングシューズ等でお出掛けください。
4.スタート時間までにストレッチ体操を済ませて、歩く準備を済ませておいて下さい。

[ 個人情報の取り扱い ]
1.登録頂いた個人情報は、世話役から各会員への情報伝達に使用するのみとし、公開は致しません。
  (一斉同報はBCC)
2.参加者氏名については、会員間の交流促進を願い、また支部ひいては全国の仲間に元気な近況を
  伝えるための一助になればと、ホームページ上に掲載致します。
3.行事開催時に撮影された写真の中から、適宜ホームページに掲載致します。    ご了解下さい。

オンライン入会手続き希望の方 入会申請用紙の印刷
(職場のお仲間やお友達をお誘い下さい)
(PDF 7KB)