社会貢献活動
手賀沼統一クリーンデイ(清掃活動)

 
首都圏支部
作成 上田 進

                                           2017.12.03更新
 今年の2017年度(第15回)手賀沼 統一クリーンデイ(主催:美しい手賀沼を愛する市民の連合会)には、
天候にも恵まれ、首都圏支部14名にパナホーム2名加えた16名(前年13名)が参加しました。
我孫子市役所が事務局となり、ボーイスカウトやふれあい手賀沼の会などの各市民団体など多くの市民が
参加し手賀沼周辺の清掃活動を毎年実施しています。
 今年は、侵略的外来水生植物「ナガエツルノゲイトウ」に加えて「オオバナミズキンバイ」という強力な繁殖
力(1日に3cm伸びる)のある新たな植物の駆除が加わりましたが、昨年同様、貸しボート場付近の沼地
に根深くギッシリと生えている「ナガエツルノゲイトウ」「オオバナミズキンバイ」を、ひたすらに黙々と駆除し
ていると、あっという間に終了時間となり、心地よい汗をかきました。
 作業の後は近くのレストランで反省会兼懇親会を実施し、懇親を深めました。
この活動は毎年12月第1日曜日に開催されており、首都圏支部では来年以降も参加します。
積極的なご参加をよろしくお願いします。

                              記事:中川 写真:上田、中川、戸谷
2017年12月の実施報告 

場 所  手賀沼公園周辺(我孫子市)
日 時  平成29年12月3日(日) 9:00〜12:00
集 合  JR我孫子駅南口 8:15

スケジュール:  845分 受付開始
          9時     開会式
          915分 清掃開始
         1030  閉会式 
         11        解散
         12時〜   反省会(希望者)
 
参 加 者  五島周太郎(鎌ケ谷)、森本敬次(柏)、山下晃生(牛久)
(敬称略)  
       中川康徳(白井)、佐々木茂喜(船橋)、大島耕而(千葉)
       
       野津博俊(柏)、正岡三陽(松戸)、上田 進(柏) 
       
       中島 繁(野田)、田口春一郎(取手)、野口隆也(柏)
       
       戸谷輝夫(取手)、納富英次(千葉)
       [首都圏支部 14名]
       
       パナホーム 山本修、美穂(海老名)
       [合計 16名]

  

侵略的外来水生植物
ナガエツルノゲイトウ(上)
オオバナミズキンバイ(下)

オオバナミズキンバイ・ナガエツルノゲイトウとは?

オオバナミズキンバイとナガエツルノゲイトウは、どちらも琵琶湖や内湖、河川などの水ぎわに生育する水陸両生の多年生の植物で、外来生物法の特定外来生物に指定されています。繁殖力が非常に旺盛で、春から秋にかけて成長して面積を拡大していきます。また、分散能力も高く、漂着した葉や茎の断片からでも根を生やし、その場所で成長していきます。

※琵琶湖では、水生植物というと水面下に大規模に繁茂し、時に湖岸に大量に漂着して悪臭を放つ、沈水植物(いわゆる「藻」)も対策が採られていますが、オオバナミズキンバイなどの侵略的外来水生植物はそれらとは生態や影響、対策が大きく異なっています。(滋賀県HPより抜粋)

放置すると短期間で大群落に


美しい手賀沼を愛する市民の連合会リンク
美手連 

過去の活動記録
 2015年  2016年
   



駆除作業後の参加者(美手連 八鍬会長ほか関係者、中央学院の先生、学生さんも一緒にパチリ)

事務局受付付近
(多くの団体が参加していました!)

ボート乗り場付近の大群落除去作業

                                   
*このページは低速通信利用者に配慮して画像解像度を押さえて作成しています。
 右の「スナップ写真コーナー」では、ここでご紹介出来なかった画像も含めて、
 少し解像度を上げた写真(拡大可)を掲げて、当日の雰囲気をお伝えしています。
 
スナップ写真コーナー
アルバムに写真多数