★ クラブ活動状況(最新のイベント) ★

  

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

      第1回 『日本三景の天橋立と切戸文殊を訪ねる旅』

2018年(平成30年) 9月27日(木)

参加者43名

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 天気は、雨が心配されていたが、出発前には前日からの雨も止んだので、良い旅行になりそうだ。
 今回から、旅行会社が変わったので、添乗員さん、運転手さんの紹介があった。
 恒例の、運転手さんからの安全運転宣言と、シートベルト着用の要請があり、定刻少し前に出発した。
 

 今回は「北摂たびクラブ」の第1回例会です。バスの中で、宮園代表から挨拶と、新役員の紹介、
初参加の方の紹介がありました。 また、43名ものご参加を頂いたことへのお礼を述べられた。
 今回の訪問先、見どころ、お土産、お食事等について、中本役員から資料を配布し、説明した。

 芦田ビル前を出発し、高槻インターチェンジから新名神に入り、京都縦貫道を経て、一路天橋立に
向かいました。  大きな渋滞もなく、予定通り帰り着くことができた。

【◆『ハクレイ酒造』 】

 
   創業1832年 江戸時代から続く伝統の酒蔵を見学。試飲もできます。甘党には、蔵Sweetsの店舗で
酒蔵ならではのスイーツも販売されている。

 この付近、宮津は森鴎外の小説「山椒大夫」の館のあった場所で、安寿と厨子王が騙されて連れて
こられた地としても有名。
 
ハクレイ酒造の内部展示 日本酒の試飲風景
  【◆『知恩寺 切戸(きれと)文殊 参拝』 】   
     寺は天橋立の南側に位置しており、808年創建で現在は臨済宗妙心寺派の寺院。鎌倉時代の
雪舟の国宝『天橋立図』にも描かれている歴史ある古刹。立派な山門をくぐり左手の重要文化財の
多宝塔(1500年造営)を眺め正面の文殊堂へ。 日本三大文殊の一つの「切戸文殊」(重要文化財)に
お参りします。
お姿は獅子の上に乗った文殊菩薩と2体の脇侍からなる三尊形式。秘仏とされ年五日の開帳のみ。
(日本三大文殊は、他に 奈良「安倍文殊」、山形「亀岡文殊」がある。
 
知恩寺の山門 切戸文殊堂 
 
  線香の煙を浴びてお参り おみくじ売り場
 
【◆『ホテル北野屋で昼食』】 
       第1回例会なので、役員の紹介、新会員の紹介と挨拶がありました。
      昼食は海の幸を中心とした、豪華な会席料理を楽しみました。
      質、量ともに十分であり、会員からも満足した、との感想が聞かれた。


 全員で乾杯!
新会員の挨拶 
役員の紹介と挨拶 豪華な会席料理
『丹後国一宮元伊勢籠(この)神社 参拝』 
 天橋立の北側に移動します。籠神社は天照大神の孫の彦火明命(ひこほあかりのみこと)を祀ります。
この方は、天孫降臨の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の兄にあたるとされる神様。 また伊勢神宮外宮に
祀られている豊受大神が元々この地に鎮座していたと言われるなど由緒ある神社。 本殿は伊勢神宮と
同じ「唯一神明作り」で欄干の擬宝珠(ぎぼし)は青、黄、赤、白、黒に彩色された 「五色の座玉」と
言われるもので伊勢神宮御正殿と籠神社以外には使用を許されていないという格式の高い神社である
ことを表している。

 一帯は、古代から祭祀が行われた特別な聖地と言われている。また日本最古の系図と言われる
「海部氏(あまべうじ)系図」(国宝)が残されており その系図によると海部氏は彦火明命(ひこほあかり) の子孫ということになっている。神門前の左右に立つ凝灰岩製の石造狛犬は、安土桃山時代の作で
国の重要文化財に指定されています。
 
元伊勢籠(この)神社前で 記念撮影 
門をくぐって参拝へ  亀に乗った神様
 

【◆『傘松公園からの天橋立』】

    陸奥の松島、安芸の宮島とともに、日本三景の特別名勝の地。 
日本海を流れる対馬海流が外海の宮津湾へ運んできた砂と、内海である阿蘇海に流れ出る野田川の
土砂とが、何千年もの時間をかけて堆積し、幅は約170m・全長約3.6kmの砂嘴さしでできた砂浜。
大小約8000本もの松が茂っている珍しい地形。 天に架かる橋のように見えることから『天橋立』の
名が付きました。
傘松公園(北側)から龍が天に昇るように見える景観を堪能します。雪舟が描いた国宝
『天橋立図』という水墨画でも有名(京都国立博物館収蔵)
 

天橋立をバックに記念撮影 

ケーブルカーで傘松公園へ 天橋立股のぞき
傘松公園展望台 カワラケ投げに声援
 

【◆『橋立やまいち』でお買い物】

丹後の鮮魚屋。丹後の各漁場より宮津湾・京都府漁連に水揚げされた鮮魚が競り落とされ、店内所狭しと並び、 賑やかに彩ってくれます。午後からの訪問ですが、丹後のちりめん小物、お土産お菓子・旬の一夜干しなどがお買い得。
「橋立やまいち」の待合所で一服 「橋立やまいち」の内部
    「北摂たびクラブ」の第1回例会は、43名の参加があり、賑やかで楽しい旅行になりました。
   道中大きなトラブルもなく、無事旅行を終えることができましたのは、皆様のご協力の賜物と、
   役員一同 感謝致しております。 今後とも宜しくお願い申し上げます。
     
 <写真>下田紘一、中本雅幸、河出修  <文>中本雅幸、河出修


北摂たびクラブ トップ に戻る

クラブ紹介

★「北摂たびクラブ」は2018年6月の「パナソニック松愛会高槻支部役員会」で、
  新同好会として発足することが承認されました。

★関西一円の名所・旧跡、伝統工芸品の見学や、ご当地グルメを賞味する、楽しい日帰り旅行を
  通じて見聞を広め、会員相互の親睦を図ります。

★道中、訪問先の見どころ、お土産等について、資料を配布し説明します。
 


★「北摂たびクラブ」は5月、9月、11月の最終木曜日、年3回例会を開催する予定です。

★年会費 :1,000円。

★例会参加費 : 例会ごとに実費を見込んで設定します。

月例会の昼食後総会を開き、会計報告や運営について話し合います。
連絡先
代表 宮園 英俊  電話  090-7753-0597
世話役 岸岡 美根子 (会計担当)      090-9256-4722 
    中本 雅幸   
    山本 幸子  
    河出 修 (事務局、HP担当)       090-3362-8779

北摂たびクラブ トップ  に戻る



イ ベントバックナンバー
イベントNo. 実施日 イベント名 参加者 備考
01 2018.9.27(木)  日本三景の天橋立と切戸文殊を訪ねる旅 43