クラブ紹介
クラブ活動状況(最新のイベント等)
イベント バックナンバー




○ クラブ活動状況(最近イベント)



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆第78回 世界遺産 平等院・中国風 萬福寺 いにしえの旅

2017(平成29)年928()

参加者40

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 

今回の旅は 平成の大修理を終えた、世界遺産 宇治平等院を訪ね

外装が塗りなおされた、鳳凰堂の内外を見学、ご本尊阿弥陀如来像始め、

数々の国宝の仏像や構造物、収蔵品を拝観。

また、隠元禅師 開創になる、中国風禅寺 黄檗宗萬福寺に参拝する。

 

天気予報は雨のち曇り。今回もまた、雨にたたられるのかと心配したが、昨晩からの雨は朝方には止んで、何とか持ち堪えそうな空模様。このまま回復に向かうことを願いながら、
いつもの場所に集合。定刻5分前には全員が揃い出発する。

添乗員さんから今回の訪問先の概要と、スケジュールについて説明を受ける。目的地までの所要時間が約1時間なので、休憩なしで直行することになった。乗車時間が短いこともあって、今回初の試みとして、世話役からDVD動画を使用した、訪問先の見どころについての説明があった。ナレーションは、音声合成を使用したとの事。時代はどんどん進化しているが、今日は、古き時代にタイムスリップすることになる。

大山崎インターチェンジから京滋バイパス宇治西を経て、9時前に最初の訪問先、「宇治平等院」に到着した。

 

【宇治 平等院】

平等院鳳凰堂は、一度に50名の入場制限があり、添乗員さんが早い時間の入場券を確保するため、バス駐車場から入場券を買いに走られたが、取れた時間は、950分からとなった。

入館まで時間があるので、鳳凰堂の周りを一周する。正面から見る鳳凰堂は、2年前に丹土(につち)色に塗り改められ、渋い色合いの姿が池に映る。屋根の鳳凰(2代目)は創建当初と同じように金色に塗り替えられ、朝の空にひかり輝いて見える。

 
平等院入り口に集合 (☆)  北側から見た鳳凰堂 (☆) 
 
  
浄土院にお参りして (☆) ) 鳳凰堂 入館待ちのひと時 (☆) )
 

時間が来て鳳凰堂に入堂し、国宝のご本尊、阿弥陀如来像にお参りをする。

 女性係員の方から平等院と鳳凰堂について詳しい説明をいただく。

平安時代の貴族が、この世に極楽浄土の姿を現出したという、阿弥陀堂(鳳凰堂)は創建当時、阿弥陀如来像は金色に仕上げられ、2重の天蓋には色鮮やかな模様が描かれていて、要所に螺鈿が施された、きらびやかなものだったという。

周囲の壁の長押の上に懸けられた、雲中供養菩薩像も色鮮やかに彩色されていたそうだ。 また、3方の壁と扉には、極楽浄土からのお迎えが、この世で成した徳業の大きさに応じて、9段階の仕立てに分けて来られるという、九品来迎図が描かれていたそうである。

 今は損傷が激しくその様を覗うことは出来ないが、きっと豪華絢爛、華やかなものであったであろうと想像される。 これらの、ほとんどが国宝に指定されている。
 20分の拝観時間が終わり、外に出て再度鳳凰堂の正面を廻り、鳳翔館に向かう。
 
鳳凰堂正面を背景に 記念撮影 (◇)

鳳翔館は、平等院に伝わる宝物を保管、展示公開する博物館で、梵鐘、雲中供養菩薩像(26躯)、鳳凰(初代)1対など貴重な国宝類を、間近に見ることができた。

 なお、鳳凰堂壁画の一部を複製、描きなおされたものが展示されている、とされていたが、今回は非公開となっており、見ることは出来なかった。
 
 
鳳凰堂の正面 影が池に映る (☆) 茶室阿弥陀如来像のお顔 (☆)
  (堂内は撮影禁止、外からならOK?)

【京料理 宇治川】

 およそ2時間で平等院の見学を終えると、それぞれ表参道に繰り出し、商店街の散策とショッピングを楽しむ。老舗の有名お茶店が並ぶ中、お茶を買い求めた人も多い。この後、参道の宇治橋近くの食事処へ向かう。
 
表参道商店街を散策 京料理 宇治川の前 昼食後 (☆)
 
 今日の食事処は、創業昭和10年の老舗京料理 宇治川で京料理をいただく。まず、お互いの健康を祝し乾杯! 続いて今回、1名の新入会員さんが参加されたので、代表から紹介。ご本人から文芸クラブ入会の理由など、自己紹介をいただき、全員の拍手で歓迎された。
 宇治ならではの珍しい茶葉の天ぷらや胡麻豆腐、茶そばをいただく。
この茶そばはなかなか美味であった。
 
みんなの健康を祝して乾杯 (◇)
宇治川 京料理
 

駐車場までの歩行を減らすため、宇治橋の上にバスを廻してもらい、
手際よく(?)乗車し次の訪問先、「萬福寺」へ向かう。

 

【萬福寺】

建物をはじめ、儀式作法まで中国様式を取り入れていることで知られる萬福寺は、黄檗宗の大本山です。

 いかにも中国風の総門をくぐると、三門から天王殿、本堂へと菱形の敷石の参道が続く。どの建物も屋根の形に特徴があり、日本の寺院とは違う空気を感じる。これらの建物の多くが国の重要文化財に指定されている。
 
国風の総門をくぐる (☆) 三門の屋根も中国風
 
 
三門前で男性陣の記念撮影 (◇)
 
三門前で女性陣 記念撮影 (◇)
 

 他の参拝者は少なく、本堂前に集合して、修行僧であろうか、若いお坊さんから寺の由来、黄檗宗と建物、仏像などについてご案内を受ける。堅い内容を軽妙な語り口で、面白可笑しく話され、時々笑い声が起きる。

中国から招かれた隠元禅師は建物・伽藍の形だけでなく、儀式作法まで中国式を取り入れ、それは現在も継承されており、お経は中国式発音で唱えられているそうだ。禅師は、隠元豆、煎茶、普茶料理などももたらしたといわれる。木魚の原型といわれる開版(かいぱん)の説明が面白く、皆爆笑する。

  
お坊さんの説明を熱心に拝聴 (☆)  本堂の中 ご本尊と18羅漢 (☆)
 

本堂の中、天井は蛇腹構造になっており、龍の体の中を現している。ご本尊は、釈迦牟尼佛でその周りを取り巻く、18羅漢(日本の寺では16羅漢が一般的)のお顔が日本の仏像とは全く違っており、皆、怖い顔立ちに造られている。 これも中国式だという。

木魚の原型 開版 (☆) 長い回廊も中国式
 

僧は、最後に寺の収益につながる、普茶料理と売店についてもしっかり宣伝された。セールスマンの修行もされているようだ。

それぞれ寺の中を見学し、帰りは裏口からショートカットで、バス駐車場に向かう。

 

【寿長生の郷】

最後の訪問先は、和菓子で有名な、寿長生の郷・叶匠寿庵。 宇治東インターを入ると直ぐ長い宇治トンネルに入り、ここを抜けると先は滋賀県。カーブの道路を下りて、瀬田川沿いを走ること20分ほどで、緑に包まれた山あいの寿長生の郷に到着する。

先ず、案内所で一息。お茶と、試食の「あも」をいただく。何となくこれを買ってもらいたいとの意図が伝わってくる。クルミ入りの期間限定品だそうだ。

 
お茶と和菓子で一服 (☆) お土産の買い物 (☆)
 

ここは以前に訪問したことがあるので、周辺の散策もほどほどに、お土産に(お店の思惑通り)お奨めの「あも」などを買い求めバスに戻る。

 

今回もまた、近場の訪問でしたが、平等院鳳凰堂は、創建当時のように綺麗に塗り改められた姿を見ることができ、また、多くの国宝を拝観しました。萬福寺では、お坊さんのご案内で、普段知ることの無い、寺のこと、黄檗宗について見分を広めることができ、有意義な旅行になったと感じます。

最後に、世話役から次回例会の行先概略説明、添乗員さん、ドライバーさんへのお礼を述べ、添乗員さんの挨拶を受け、5時に高槻市役所前に無事帰着しました。

 
 
 
 

<写真>竹内一朗(◇) 見城好豊(☆) 下田紘一(無印)   <文>下田紘一


文芸クラ ブ トップ に戻る

○ クラブ活動状況


クラブ紹介

◇平成95月に発足した、歴史的建造物(国宝・重要文化財)や伝統工芸の見学・ 体験
  と景観探訪で歴史、文化への見聞を広める日帰りの旅です。

◇毎回のちょっと贅沢なご当地グルメが楽しみで、会員相互の親睦を深めます。
◇道中、訪問先の由来などについて、資料を配布し語る徒然話も好評です。

◇例会:年間4回で、2月、5月、9月、11月の最終木曜日に行います。
◇会費:1,000/年。
◇例会参加費:例会ごとに実費を見込んで設定します。
2月例会の昼食後総会を開き、会計報告や運営について話し合います。

連絡先
代表 竹内 一朗  電話  072-693-0484
世話役 永野 晴朗
    下田 紘一(HP担当)       072-688-1352
    中本 雅幸  
    力武 和子  
    芳賀 侑子  

文芸クラブ トップ  に戻る



イ ベントバックナンバー
イベントNo. 実施日 イベント名 参加者 備考
78 2017.9.28(木)  世界遺産 平等院・中国風萬福寺 いにしえの旅 40
77 2017.5.25(木)  国立近代美術館・東福寺 薫風の旅 47
76 2017.2.23(木)   堺 歴史・文化逍遥の旅 48
 
75 2016.11.24(木)   晩秋 綾部・福知山、歴史学びの旅 41
 
74 2016.9.29(木)   若狭小浜・山頂公園 景観楽しむ旅 48
 
73 2016.5.26(木)   比叡山延暦寺・大津 美景楽しむ旅 39
 
72 2016.2.25(木)   舞鶴・若狭方面 レトロの旅 45
 
71 2015.11.26(木)   一休寺・平城宮跡 晩秋の旅 45
 
70 2015.9.24(木)   奈良明日香心の旅 48
 
69 2015.5.28(木)   姫路方面初夏の旅 47
 
 68  2015.2.26(木)   南紀白浜早春の旅  50   
67 2014.11.27(木)   ガラスアートの街 黒壁スクエア散策と 長浜の歴史に触れる旅 46
 
66 2014.09.25(木)   信長えにしの熱田神宮に参拝 家康ゆかりの名古屋城を訪ねる旅  49   
65 2014.05.29(木)   焼き物の里信楽の窯元見学・街並み散策と湖南の名所を巡る旅   50  
64 2014.02.27(木)   大河ドラマ黒田官兵衛ゆかりの姫路にその足跡と歴史を訪ねる旅  48  
63 2013.11.28(木)   式年遷宮のすべてを学ぶ伊勢の旅   46  
62 2013.09.26(木)    「越前の里めぐり」に「武生方面」の旅  47  
61 2013.05.30(木)   豪華絢爛「信長の館」と五個荘in近江の旅   50  
60 2013.02.28(木)   早春の淡路島「奇跡の星&文化史料館」の旅   51  
59 2012.11.29(木)   赤穂城跡と国宝「旧閑谷学校」in備前の旅  50  
58 2012.09.27(木)  紀州漆器と琴ノ浦温山荘園の旅 51
57 2012.05.31(木)   豊岡コウノトリの郷と城下町出石の旅 42  
56 2012.02.23(木)  「平清盛」ゆかりの地神戸&南京町の旅 54
55 2011.11.24(木)    吉備津神社と倉敷美観地区散策の旅 43
54  2011.09.29(木)   丹後ちりめんと伊根湾めぐりの旅 48
53  2011.05.26(木)   奥琵琶湖周遊と渡岸寺・長浜の旅  43
52 2011.02.24(木)   かにグルメ日本海冬の旅in 香住 42
51 2010.11.25(木)  丹波篠山 晩秋の旅 25
50 2010.09.30(木)  淡路島 初秋の旅 40
49 2010.05.27(木)  恵那峡・日本大正村初夏の旅 36
48 2010.02.25(木)  カニグルメ冬の旅 33
47 2009.11.27(金)  大和晩秋の旅・墨工房・薬師寺・伝統工芸長屋 27
46 2009.09.25(金) 紀伊初秋の旅 和歌山城・根来寺・総本家駿河屋 30
45 2008.11.05(水)  鈴鹿山麓菰野に紅葉・温泉・史跡を楽しむ 29
44 2008.09.04(木)  伊勢河崎の町散策と内宮参拝 26
43 2008.04.10(木)  生野銀山・あさご芸術の森美術館 26
42 2008.02.28(木)  綾部山梅林と船泊り室津逍遙の旅 32
41 2007.11.01(木)  トヨタテクノミュージアム産業技術記念館訪問 24
40 2007.07.27(金)  三木 有馬 三田 周遊の夏 24
39 2007.04.06(金)  郡上八幡 37
38 2006.11.22(水)  古刹の手織りの里 33
37 2006.09.08(金)  常滑 43
36 2006.06.14(水)  三方五湖・気比の松原 34
35 2006.03.24(金)  早春の城崎・豊岡 29
34 2005.11.24(木)  晩秋の飛騨高山 33
33 2005.08.05(金)  関宿&松坂 35
32 2005.05.26(木)  初夏の白川鄕 37