クラブ紹介
クラブ活動状況(最新のイベント等)
イベント バックナンバー




○ クラブ活動状況(最近イベント)


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆  ☆ ☆ ☆

☆第79回 奇観青土ダム・国宝善水寺 晩秋滋賀の旅

2017(平成29)年1130()

参加者36

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今回は 滋賀県でもあまり訪れることのない、言わば隠れた名所を訪ねる。

世界にも例のないという洪水吐を持つ青土(おおづち)ダムを見学し、

古い歴史の由緒ある善水寺、兵主大社に参拝する。

国宝の本堂、国指定名勝の庭園を拝観

 
 数日前の天気予報は、今回もまた、雨とされていて心配したが、最新予報では曇りに変わった。何とか1日降らないようにと、願いと期待を込める。
 定刻10分前には全員が揃い、運転手さんから安全運転の宣言と、シートベルト着用厳守の要請を受け出発する。先ず、代表から会員さんの訃報の報告があり故人を偲ぶ。次に、文芸クラブ創設以来、長年会の運営に尽力された世話役1名が、健康上の理由で退任されることが報告された。
 今回の訪問先、見どころについて、担当委員から解説をする。滋賀県は国宝、重要文化財の保有数において、東京、京都、奈良に次いで、第4位であると紹介があった。古来、東西、北陸の交通の要にあって、文化が発展したのであろう。今日の訪問先も歴史的に貴重な由緒ある所で、どんな新発見に出会えるか期待が膨らむ。今回も委員制作のオリジナルDVDで、女声ナレーションにより解説をする。訪問先の見どころについて、画像付きの説明は大変分かりやすい。
 道路状況の読めない171号も今日はスムーズに流れ、大山崎インターチェンジから京滋バイパスを経由、最初の訪問先、「青土ダム」に向かう。長い宇治トンネルを抜けると、車窓に赤や黄色に染まった滋賀県の山々が広がる。天気は快方に向かっているようで、所々眼下に霧に包まれた町が見え、晩秋の景色も楽しめる良い旅になりそうな予感がする。
 途中、甲南PAでトイレ休憩を取り、9時半に青土ダムに到着した。

青土ダム

 青土ダムは、琵琶湖に流れ込む川で最大とされる、野洲川の上流に建設された洪水調節・上水道・工業用水を目的とした多目的ダムである。堰堤はコンクリートを使わず、岩石と土を積み上げたロックフィル方式で堰堤の上面は、県道9号の道路になっている。

 
ロックフィル式ダム堰堤から全景を望む             半円錐形の洪水吐
 溢れた水を流す、常用洪水吐は世界にも例のない半円錐形(すり鉢型)の変わった形をしており、水が溢れておれば、珍しい光景が見られたのだが、残念ながら今回、水量が少なくその様子を見ることが出来なかった。
  右下の写真は、世話役の一人が、約一か月前ツーリングの途中で撮影したものです。 
      (ネットからのパクリ画像でありません)
堰堤上の歩道を散策 (☆)  すり鉢状の吐水口に流れ落ちる水 (▽) 
 
【JA花野果市 水口店】
 ダムから30分ほどで、JA花野果市(はなやかいち)水口店に到着。地元の捕り立て新鮮野菜や食材が、たくさん売り出されるが、午後は売り切れ商品が出るということで、早い時間に立ち寄ることにした。
 朝から地元や、周辺の人たちが徒歩、自転車、車で来店し大変賑わっている。
主婦である会員さん方も、思い思いの品を手にされていた。
  
いろいろな農産物を販売 (☆) どれを買おうか品定め (☆)
 
【やまりゅう】
 今日の昼食は、和の趣きあふれる料亭 「やまりゅう」で、湖南三山名物料理 「五十三次石部宿会席」をいただく。 地元産、四季の素材を活かした料理が評判のお店である。
 席に着くと 「北摂文芸クラブ御一行様」と書かれた お品書きが添えてあった。
名物は山芋鍋で、中身を少し食べた後、山芋を一口大に分けて鍋に入れて、マシュマロのような食感と、
だしのうまみを味わってくださいと説明された。
 
みんなの健康を祈念して乾杯 (◇)
やまりゅうさん 入口 (☆) 五十三次石部宿会席
 
【臨時総会】
 昼食を堪能の後、臨時総会を開催。北摂文芸クラブの閉会理由について、世話役から再度継続が困難な現況を説明し、アンケートの集計内容を報告。大勢として閉会の方向であることを表明した。 
これに対し、一部、継続希望の意見も出され、意見交換を行った。
食事後の臨時総会-1 (☆) 食事後の臨時総会-2 (☆)
 
【善水寺】
 歴史は古く奈良時代の創建と伝えられる。平安時代の初め最澄が、寺の百伝池の霊水を、恒武天皇に献上したところ病気が平癒したことから、善水寺の寺号を賜ったと言われる。
 本堂は650年前の再建で、檜皮葺の美しい屋根の形を持ち、昭和29年国宝に指定されている。
善水寺 国宝本堂前で記念撮影 (◇)
 本堂内で、住職から寺の由来と祀られている仏像などについて説明を受ける。ご本尊は座高 1mの薬師如来坐像で、秘仏として厨子の中に納められている。一昨年、14年ぶりに御開帳されたが、今後、いつ開帳されるか決められていないという(不定期開帳)
 明治の終わり頃(100年前)、この仏像を修復した際、体内に納められていた籾が見つかり、この籾が、1000年余の時を経て発芽し米が収穫できたとのこと。命の糧、一粒の米も、食べ物全てに、感謝の念を持って大切にいただくよう、また、このことを子孫に伝えなければならないと教えを受けた。その後、寺所蔵、重文指定の十躯を超える仏像を拝観し、寺の名前の由来となった百伝池、善水元水を見学した。
 紅葉は、見ごろを過ぎていたが、所々まだ黄・紅色の葉を保つ木が残っており、庭の景色を鮮やかに引き立てている。
善水寺 境内を見学 (☆) 名残の紅葉が色鮮やか (☆)
庭を眺めながら散策 寺号由来の善水元水 (☆)
 

【兵主大社】

兵主大社は、平成30年(来年)に建立1,300年を迎えるという歴史ある神社で、
八千矛神(
やちほこのかみ)をお祀りする滋賀県下でも有数の古社である。

朱塗りの鳥居前で記念撮影の後、足利尊氏の寄進と伝えられる楼門をくぐり、玉砂利の参道を進むと、その奥に拝殿と本殿がある。
 
兵主大社鳥居の前で女性陣 記念撮影 (◇)
兵主大社鳥居の前で男性陣 記念撮影 (◇)

 先ず、拝殿前の待合所で神職の方から神社の説明をいただく。
「兵主」と名付けられた神社は全国に50社近くあり、多くは中国から鉄文化が伝来した地に建てられて
いるとのこと。
「つわものぬし」と読むことから武将の信仰が篤く足利尊氏、源頼朝、徳川家などから崇敬されてきた。

社殿南には、池を中心とした庭園がありますが、これは人が見るためでなく、神仏のために造られたとの
こと。国の名勝に指定される美しい名園で、一面苔に覆われており、近江の苔寺と称されているそうです。

 拝殿でお参りをした後、名園を散策する。緑の苔と終わりに近い名残の紅葉とのコントラストが美しい。
神職さんの説明を熱心に拝聴 (☆) 名庭園を拝観 (☆)
庭園の紅葉が池に映える 参道を帰路に向かう
 終わりには、先ほどの待合所で、石油ヒータに手をかざしながら、お茶、コーヒーの接待をいただき、
温かいおもてなしに感謝。冷えてきた体を温めることが出来た。
 

【鮎屋の郷】

 最後は、近江の産品は何でも揃い、滋賀県最大とされる土産物店でショッピング。
 広大な駐車場を構え、広い店内には名物の佃煮類や巻物、お菓子類が並び何を買おうか迷う。いろいろ試食をして、味を確かめた上で品定めをしていた。
鮎屋の郷 これより先 撮影禁止 (☆)
 
 帰りは、琵琶湖大橋を渡り、湖西道路を通行したが、こちらも懸念した渋滞は無く、京都東インターから名神高速道路を経由、交通は順調に流れ、快適なドライブでした。
 今回は、滋賀県であまり訪れることのない穴場的なところでありながら、歴史的価値の高いところ、珍しい景観のところを見聞することが出来て、有意義な旅となった
 紅葉のシーズンは終わりながら、所によってまだ見ごろの木もあって、今年最後の紅葉狩りを楽しむこともできた。青空であったならと悔やまれるが、雨が降らなかったことは幸いであったと喜びたい。
 最後に、世話役から次回例会の行先概略説明、添乗員さん、ドライバーさんへのお礼を述べ、添乗員さんの挨拶を受け、6時前に高槻市役所前に無事帰着、周りはすっかり夕闇に包まれていた
 
 
 

<写真>竹内一朗(◇) 見城好豊(☆) 中本雅幸(▽) 下田紘一(無印)  <文>下田紘一


文芸クラ ブ トップ に戻る

○ クラブ活動状況


クラブ紹介

◇平成95月に発足した、歴史的建造物(国宝・重要文化財)や伝統工芸の見学・ 体験
  と景観探訪で歴史、文化への見聞を広める日帰りの旅です。

◇毎回のちょっと贅沢なご当地グルメが楽しみで、会員相互の親睦を深めます。
◇道中、訪問先の由来などについて、資料を配布し語る徒然話も好評です。

◇例会:年間4回で、2月、5月、9月、11月の最終木曜日に行います。
◇会費:1,000/年。
◇例会参加費:例会ごとに実費を見込んで設定します。
2月例会の昼食後総会を開き、会計報告や運営について話し合います。

連絡先
代表 竹内 一朗  電話  072-693-0484
世話役 永野 晴朗      
    下田 紘一(HP担当)  
    中本 雅幸  
    力武 和子  
    芳賀 侑子  

文芸クラブ トップ  に戻る



イ ベントバックナンバー
イベントNo. 実施日 イベント名 参加者 備考
79 2017.11.30(木) 奇観青土ダム・国宝善水寺晩秋滋賀の旅 36
78 2017.9.28(木) 世界遺産 平等院・中国風 萬福寺 いにしえの旅 40
77 2017.5.25(木) 国立近代美術館・東福寺 薫風の旅 47
76 2017.2.23(木)   堺 歴史・文化逍遥の旅 48
 
75 2016.11.24(木)   晩秋 綾部・福知山、歴史学びの旅 41
 
74 2016.9.29(木)   若狭小浜・山頂公園 景観楽しむ旅 48
 
73 2016.5.26(木)   比叡山延暦寺・大津 美景楽しむ旅 39
 
72 2016.2.25(木)   舞鶴・若狭方面 レトロの旅 45
 
71 2015.11.26(木)   一休寺・平城宮跡 晩秋の旅 45
 
70 2015.9.24(木)   奈良明日香心の旅 48
 
69 2015.5.28(木)   姫路方面初夏の旅 47
 
 68  2015.2.26(木)   南紀白浜早春の旅  50   
67 2014.11.27(木)   ガラスアートの街 黒壁スクエア散策と 長浜の歴史に触れる旅 46
 
66 2014.09.25(木)   信長えにしの熱田神宮に参拝 家康ゆかりの名古屋城を訪ねる旅  49   
65 2014.05.29(木)   焼き物の里信楽の窯元見学・街並み散策と湖南の名所を巡る旅   50  
64 2014.02.27(木)   大河ドラマ黒田官兵衛ゆかりの姫路にその足跡と歴史を訪ねる旅  48  
63 2013.11.28(木)   式年遷宮のすべてを学ぶ伊勢の旅   46  
62 2013.09.26(木)    「越前の里めぐり」に「武生方面」の旅  47  
61 2013.05.30(木)   豪華絢爛「信長の館」と五個荘in近江の旅   50  
60 2013.02.28(木)   早春の淡路島「奇跡の星&文化史料館」の旅   51  
59 2012.11.29(木)   赤穂城跡と国宝「旧閑谷学校」in備前の旅  50  
58 2012.09.27(木)  紀州漆器と琴ノ浦温山荘園の旅 51
57 2012.05.31(木)   豊岡コウノトリの郷と城下町出石の旅 42  
56 2012.02.23(木)  「平清盛」ゆかりの地神戸&南京町の旅 54
55 2011.11.24(木)    吉備津神社と倉敷美観地区散策の旅 43
54  2011.09.29(木)   丹後ちりめんと伊根湾めぐりの旅 48
53  2011.05.26(木)   奥琵琶湖周遊と渡岸寺・長浜の旅  43
52 2011.02.24(木)   かにグルメ日本海冬の旅in 香住 42
51 2010.11.25(木)  丹波篠山 晩秋の旅 25
50 2010.09.30(木)  淡路島 初秋の旅 40
49 2010.05.27(木)  恵那峡・日本大正村初夏の旅 36
48 2010.02.25(木)  カニグルメ冬の旅 33
47 2009.11.27(金)  大和晩秋の旅・墨工房・薬師寺・伝統工芸長屋 27
46 2009.09.25(金) 紀伊初秋の旅 和歌山城・根来寺・総本家駿河屋 30
45 2008.11.05(水)  鈴鹿山麓菰野に紅葉・温泉・史跡を楽しむ 29
44 2008.09.04(木)  伊勢河崎の町散策と内宮参拝 26
43 2008.04.10(木)  生野銀山・あさご芸術の森美術館 26
42 2008.02.28(木)  綾部山梅林と船泊り室津逍遙の旅 32
41 2007.11.01(木)  トヨタテクノミュージアム産業技術記念館訪問 24
40 2007.07.27(金)  三木 有馬 三田 周遊の夏 24
39 2007.04.06(金)  郡上八幡 37
38 2006.11.22(水)  古刹の手織りの里 33
37 2006.09.08(金)  常滑 43
36 2006.06.14(水)  三方五湖・気比の松原 34
35 2006.03.24(金)  早春の城崎・豊岡 29
34 2005.11.24(木)  晩秋の飛騨高山 33
33 2005.08.05(金)  関宿&松坂 35
32 2005.05.26(木)  初夏の白川鄕 37