パソコンクラブ

  クラブ活動状況  
      よろず相談会・イベント バックナンバー      
        よろず相談会テーマ      会員募集中
     初級講習会講習内容      
      クラブ紹介


よろず相談会

初級講習会

 ◇ク ラブ活動状況
  お知らせ
 
2017年12月16日(土)12:30~14:30
  「年忘れ会 と よろず相談会」 を開催いたします。
場所:つきの井(JR高槻駅南 グリーンプラザタカツキ1号館 5階)

☆2017年11月度 よろず相談会 
日時 / 場所 11月25日(土)  13:00~14:30/今城塚公民館 
テーマ 年賀状の準備、Fall Creators Update の概要
  参加者 / 担当講師   19名 / 河出 修 

    *11月25日(土)、 よろず相談会が開催されました。
(配布資料のリンク)



[年賀状の準備]

 1.「筆まめ」について
    年賀状や暑中見舞い等は、パソコンで作成・印刷するのが当たり前の時代になってきました。
    今回は 「筆まめ」の「Ver.27」 を取り上げて年賀状作成の基本的なことを説明します。

 2.「筆まめ Ver.27 」の起動
   ●「筆まめVer.27」 のショートカットをダブル・クリックする。
   ●「オープニングメニュー」画面が表示される。 → 「宛名面を作る」 をクリックする。

 3.差出人の登録
    ●「宛名面を作る」タブ → 「差出人を作成・編集する」ボタンを押す。
   ●差出人の住所、氏名、電話番号、E-mail 等を登録する。
   ●差出人は5種類登録でき、その中から選択できる。(個人、夫婦連名等)

 4.宛名の登録
    ●「宛名面を作る」タブ → 「新しい住所録を作る」か「保存した住所録を開く」ボタンを押す。
   ●「氏名(N)」 欄に氏名を入力し、「敬称(K)」を選ぶ。(フリガナは自動付与される。)
   ●「〒(Z)」 欄に郵便番号を入力すれば、「住所1(1)」に自動変換される。
     「住所1(1)」の後部、または「住所2(2)」に続きの住所を入力する。
   ●宛名入力画面
   ●宛名印刷イメージ
  
 5.「デザイン面を作る」を開く。
   ●「オープニングメニュー」画面が表示される。 → 「デザイン面を作る」 をクリックする。

 6.背景の設定
    ●「デザイン面を作る」タブ → 「収録サンプルから開く」ボタンを押す
     → 「筆まめカテゴリ」タブを押し → 「03 年賀背景(縦)」を開く 
     → 「背景(縦)」を開くと「背景画」が表示される。 → 「好みの背景」を選択する。
  
 7.文面ファイルへの文字入力
   ●「文字・文章の入力」欄の中の「文章」を選び、入力範囲を設定する。
   ●フォントや文字サイズ等を設定する。
   ●設定した入力範囲に文章を入力する。
   ●入力範囲が「イラスト・写真」と重なる場合は  「重なり順」→「最前面へ」に設定する。
   ●「定型文章」を利用することもできる。
     ■文章が苦手な人も安心。「定型文章」を多数収録。
     ■年賀状に添える一言の文例「定型一言」を100 点収録。

 8.文面データーへのイラスト、写真入力
   ●「画像の貼り付け」欄の中の「イラスト・素材ボックス」を選ぶ。
   ●入力するイラストまたは写真を選択し、 ダブルクリックで取り込む。 (左上に取り込まれる)
   ●イラスト、写真の位置を調整すれば完了です。
   ●「イラスト・写真」文章と重なる場合はと重なる場合は  「重なり順」→「最背面へ」に設定する。
   ●写真加工用新機能
     ■たくさんの写真をセンスよく演出!「フォトコラージュ」
     ■写真がかんたんに切り抜ける!「フォトカッター」
     ■「クローンブラシ」
      ・複数写真の「いいところ」を取って別の写真に貼り付け
      ・余分なものが簡単に消せる
     ■写真をおしゃれに加工できる!「筆まめフィルタ」
     ■写真をキレイに補正・加工!「筆まめレタッチ」
   ●内蔵イラストや写真で満足できない場合は、インターネットのダウンロードサイトを利用可能。
     (ただし、ダウンロードサイトには「有料」の場合があるので注意が必要)
   ●無料のダウンロードサイトの例 (Canon Creative Park)
      http://cp.c-ij.com/jp/categories/CAT-ST01-0174/top.html

 9.文面ファイルの保存
    ●「保存」ボタンを押すと、上書き保存される。
    ●「ファイル」 → 「名前を付けて保存」 → 「保存場所」と「ファイル名」を指定する。

 10.他形式の住所録ファイルの変換
    ●「宛名面を作る」タブ → 「他形式の住所録を開く」ボタンを押す。
    ●「筆王」、「筆ぐるめ」の変換や「他の形式」の変換が可能。
     ・「他の形式」→「Excel」、「Outlook」、「筆自慢」、「宛名職人」、ウインドウズアドレス帳 等が変換できる。

[Windows 10 Fall Creators Update の概要]

  1.「Windows 10 Fall Creators Update 」は 2017 年 10 月 17 日 に公開された。
    ●バージョンNO.は「1709」です。(前回 2017年4月 に公開されたものは、バージョンNO.は「1703」)

  2.「Windows 10 Fall Creators Update 」の主な新機能
    (1)ユーザーインターフェース
       ・Fluent Designの採用(スタートメニュー、電卓アプリなど):背景がうっすらと見え、奥行きを感じさせる。
    (2)ストレージ
       ・OneDriveのファイルのオンデマンド、ストレージセンス(PC本体のストレージの節約)
    (3)スマートフォン等との連携
       ・スマートフォンとの連携機能(スマホとPCで連続してWeb画面が見られる)
       ・MR対応:現実世界と仮想世界を融合させた映像を作り出す技術(複合現実)、別途眼鏡型機器が必要
    (4)グラフィック関連
       ・フォトアプリの「ストーリーリミックス」:動画や写真を組み合わせて動画を自動的に作成する機能。
    (5)コミュニケーション
       ・My People(連絡先をタスクバーに)
    (6)ブラウザー(Edge)の改善
       ・Google Chromeからの移行に対応、お気に入りのURL編集が楽に、PDFの注釈機能の改善 等
    (7)セキュリティ(Windows Defenderの改善)
       ・コントロールされたフォルダーアクセス(ランサムウェア対策:勝手に暗号化できないように設定可能)
       ・Windows DefenderのExploit Protection(EMET:脆弱性緩和ツールの標準搭載)
    (8)その他
       ・バッテリーモード変更の簡易化(パワー優先、バッテリー優先)
       ・電卓アプリの通貨換算機能、新フォント(UDデジタル教科書体)搭載、「設定」の強化 等

  3.「Windows 10 Fall Creators Update 」の主な評判
    ・新機能が多いが、全くの新機能となるものは少なく、従来の機能を強化したものがほとんど。
    ・従来のWindows 10の不満点が解消され、より使いやすく、洗練されたバージョンというイメージ。


 ★プロジェクターを使って、説明と質疑応答を行った。


☆2017年10月度 よろず相談会 
日時 / 場所 10月28日(土)  13:00~14:30/今城塚公民館 
テーマ Word のマメ知識-2
  参加者 / 担当講師   19名 / 河出 修 

    *10月28日(土)、 よろず相談会が開催されました。
(配布資料のリンク)


1.Word で使える「ファンクションキー」。
  
 ファンクションキー     機      能
「F1」キー  ヘルプの表示
「F2」キー   文字列の移動
「F5」キー  ジャンプ:ページや参照先を指定して、すばやく移動
「F6」キー   変換中の漢字を「ひらがな」に戻す
「F7」キー   「全角カタカナ」に変換
「F8」キー   「半角カタカナ」に変換
「F9」キー   ローマ字入力中なら「全角アルファベット」に変換
「F10」キー   ローマ字入力中なら「半角アルファベット」に変換
 「F12」キー  名前を付けて保存

2.テキストボックスの活用
  ●「挿入」→「テキストボックス」→「横書きテキストボックス」をクリックする。
  ●「+」マークが出るので、それを動かして長方形を作り、その中に文字を入力する。
  ●文章を縦書きにすることもできる。また、文字の色や形を変えること 等もできる。

3.「挿入」タブの機能
  ●左図のように、多種類のデーターを挿入できる。
   
4.画像や図形の挿入
   (1)「挿入タブ」→「画像」→「(PC 内の)画像ファイルを選ぶ」
     →「挿入」ボタンを押す
     ●レイアウトオプションの設定
       ・「行内」(デフォルト設定)
       ・「文字列の折り返し」は「四角形」を選ぶと好きな場所に配置できる。

  (2)「挿入タブ」→「オンライン画像」→「Bing イメージ検索欄にキーワード(姫路城)を入力」
      →「検索」→「表示された画像を選ぶ」→「挿入」ボタンを押す
     ●レイアウトオプションの設定
       ・「行内」(デフォルト設定)
       ・「文字列の折り返し」は「四角形」を選ぶと好きな場所に配置できる。

  (3)「挿入タブ」→「図形」→「表示された図形を選ぶ」→「挿入」ボタンを押す→「塗りつぶしなし」
     ●レイアウトオプションの設定
       ・「行内」(デフォルト設定)
       ・「文字列の折り返し」は「四角形」を選ぶと好きな場所に配置できる。

  (4)任意の図形に画像を埋め込む (切り取る) 方法
       「図形を右クリック」→「塗りつぶし」→「図」→「画像ファイルを選ぶ」→「挿入」ボタンを押す。

5.「表」の挿入
  ●「挿入タブ」→「表」→「表の挿入」→「列数」「行数」の設定→「OK」 で「表」が挿入される。
    (4列、4行の表の例)

6.「表紙」、「空白のページ」、「ページ区切り」の挿入
  (1)「表紙」の挿入
     ●「挿入タブ」→「表紙」 で、左図が表示される。
     ●好みのデザインを選び、クリックすると表紙が挿入される。

  (2)「空白のページ」、「ページ区切り」の挿入
     ●「挿入タブ」→「空白のページ」 をクリックすると、「空白のページ」が挿入される。
     ●「挿入タブ」→「ページ区切り」 をクリックすると、「ページ区切り」が挿入される。(改ページされる)

7.「SmartArt」の挿入
  ●「挿入タブ」→「SmartArt」 をクリックすると左図が表示される。
、  ●「図形」を選び、「OK」ボタンを押すと図形が挿入される。

8.「グラフ」の挿入
  ●「挿入タブ」→「グラフ」 をクリックすると、下図が表示され、グラフの種類を選択すると、
    「グラフ」が表示されるとともに。「Word」内の「Excel」データーが作成される。
  ●「Word」内の「Excel」データー
  ●データーの編集、グラフ種類の変更やグラフの編集ができる。

9.「ページ」単位で、データーを削除する方法。
  ●不要なページの最初にカーソルを置き 「F8」キーを押す。
     ↓
    最後の改行マークの前にカーソルを置き、「Delete」キーを押す。(以上で、不要なページ全体が
    削除される。)

  ●「空白ページ」の挿入と組み合わせれば、「Word」文書の編集が効率化できる。

   
 ★プロジェクターを使って、説明と質疑応答を行った。

      

☆2017年9月度 よろず相談会 
日時 / 場所 9月23日(土)  13:00~14:30/今城塚公民館 
テーマ Excel の使い方
  参加者 / 担当講師   27名 / 河出 修 

    *9月23日(土)、 よろず相談会が開催されました。
(配布資料のリンク)


Ⅰ.テーブル機能の活用

 1.売上集計表
    ●計算式の入力 
       ・金額=単価*数量 : =E9*F9
 
 2.売上集計表をコピー/貼り付けし、テーブルに変換
    ●売上集計表の範囲を選択し、「挿入」→「テーブル」→「OK」ボタンを押す。
    ●「テーブルスタイルのオプション」の集計行にチェックを入れる。
    ★売上集計テーブル
       ・オートフィルターボタン
       ・1行ごとに色が変わる
       ・「集計行」

 3.Excelテーブルの特長
   (1).ピボットテーブルで集計できる。
     ●テーブル内のセルをクリックし、「デザイン」タブをクリックする。
     ●「ピボットテーブルで集計」をクリックする。
     ●「ピボットテーブルレポート」を配置する場所を選択する。
     ●使用する「フィールド名」を選択する。
     ●以上で「ピボットテーブル集計表」が作成される。
   (2).書式を簡単に設定してくれる。→「テーブルスタイル」を選択。
     ●1行目を「見出し行」に設定すると長い表でも、見出しが常に表示される。
     ●1行おきに網掛け表示され、表が見やすくなる。
   (3).行を追加したとき、計算式を自動コピーしてくれる。
     ●カーソルを最終行右端にセットし、「Tab」キーを押すと行が追加される。(途中の行挿入も可能)
     ●追加された行は、計算式が自動的にコピーされる。
     ●追加された行は、網掛けの順序が自動的に適用される。
   (4).列の追加方法。
     ●項目名を入力し、「Shift」+「Enter」キーを押すと、列が追加される。
   (5).「オートフィルター」ボタンが自動設定される。
     ●各項目毎の集計や、項目の分類等ができる。   
   (6).「集計行」を簡単に設定できる。
     ●「テーブルスタイルのオプション」の
       「集計行」にチェックを入れると「集計行」が作成される。
     ●集計計算は右の図から選択できる。通常は「合計」を選択。

Ⅱ.文字列操作

 1.会員名簿の整理
  (1)「氏名」を「姓」と「名」に分割し、それを結合する方法。(キーワードの作成)
      ●「氏名」は「姓」と「名」の間のスペースの種類(全角、半角)と数が統一されていないと、
       キーワードとして使えない。「姓」と「名」の間のスペースを削除する手順は次のとおり。
   ★会員名簿:姓、名の分割
     ●「氏名」欄を下表の「姓」欄へ貼りつける。
     ●「姓」欄のデーターを選択する。
     ●「データータブ」を開き、「区切り位置」をクリックする。
     ●「区切り位置指定ウイザード1/3」が表示される。 「次へ」ボタンを押す。
     ●「区切り位置指定ウイザード2/3」が表示される。 「区切り文字」の「スペース」にチェックし、
       「次へ」ボタンを押す。
     ●「区切り位置指定ウイザード3/3」が表示される。 「完了」ボタンを押す。
     ●「既にデーターがあります。置き換えますか?」 と聞いてくるので、「OK」ボタンを押す。
     ●以上で「姓」と「名」に分割される。
    ★会員名簿:姓、名の結合
     ●「姓」と「名」を結合する方法。
       「姓名」欄に次の計算式を入力する。 : =C99&D99

  (2)「生年月日」を8桁の数字に変換する方法。  
     ●「生年月日1」欄に次の計算式を入力する。
         =VALUE(TEXT(D110,"yyyymmdd"))
     ●「生年月日」が8桁の数字に変換される。

  (3)会員名簿の再構成。
     ●「No」「氏名」「生年月日」をコピーし、貼りつける.
     ●「姓名」欄をコピーし、「値」として貼りつける。
     ●「生年月日1」欄をコピーし、「値」として貼りつける。
     ●「住所」をコピーし、貼りつけ。
     ●全体をテーブルに変換する。
     ●「姓名」(キーワード)を「昇順」に分類しておく。  

Ⅲ.「VLOOKUP」関数の使い方

 1.「VLOOKUP」関数を使い、会員名簿テーブルから必要項目を植え付ける。
  (1)キーワードを比較し、会員名簿テーブルから「住所」(2列目)を植え付ける。
     ●「住所」欄に次の計算式を入力する。
        =VLOOKUP(F151,テーブル2[[姓名]:[生年月日1]],2,FALSE)
  (2)キーワードを比較し、会員名簿テーブルから「生年月日1」(3列目)を植え付ける。
     ●「生年月日」欄に次の計算式を入力する。
        =VLOOKUP(F151,テーブル2[[姓名]:[生年月日1]],3,FALSE)

 2.「VLOOKUP」関数の入力方法
   (1)該当セルに  "=VLOOKUP(" と入力する。
   (2)"=VLOOKUP(" に続けて、検索値を入力する。
       ・カーソルでキーワード「姓名」を選択すると アドレスが自動的に入力される。
       ・入力されたアドレスの後に、「コンマ」を入力する。
   (3)会員名簿テーブルの「範囲」を入力する。
       ・カーソルで会員名簿の範囲を選択すると アドレスが自動的に入力される。
       ・入力されたアドレスの後に、「コンマ」を入力する。
   (4)植え付ける「列番号」を入力する。
       ・「列番号」の意味
         1:キーワード「姓名」
         2:「住所」
         3:「生年月日1」
       ・「列番号」の後に「コンマ」を入力する。
   (5)「検索方法」を入力する。
       ・「検索方法」の意味
          「FALSE」:完全一致
       ・「検索方法」の入力後に ”)” を入力する。

   
 ★プロジェクターを使って、説明と質疑応答を行った。

      

☆2017年8月度 よろず相談会 
日時 / 場所 8月26日(土)  13:00~14:30/今城塚公民館 
テーマ PDF 関連フリーソフトの紹介
  参加者 / 担当講師   24名 / 河出 修 

    *8月26日(土)、 よろず相談会が開催されました。
(配布資料のリンク)


[ PDFとは ]
  ★Adobe Systems社によって開発されたファイルフォーマット Portable Document Format のことである。

 1.PDFの読取りソフト1 : Adobe Acrobat Reader DC (Adobe Readerから名称変更された)
 2.PDFの読取りソフト2 : Microsoft 社の Reader が使えるようになった。(Windows 8/10)
 3.PDFの作成・編集ソフト : Adobe Acrobat (有料)
 4.Office 2007/2010/2013/2016、および Libre Office 等は、PDF形式で出力できる。
 5.インターネット画面を PDF形式で出力可能。(IE11、Microsoft Edge、Google Chrome 等)

Ⅰ.「 Adobe Acrobat Reader DC 」 の紹介
    ★Adobe Reader 11.x と (Adobe Acrobat 11.x) のサポートは 2017 年 10 月 15 日に終了する。
      サポート終了までに「Adobe Acrobat Reader DC」にアップデートしておくこと。

 1.インターネットで「Adobe Acrobat Reader DC」のダウンロードサイトを検索 (下記をクリックする)
      https://get.adobe.com/reader/?loc=jp
 2.「Adobe Acrobat Reader DC」用画面に変わり、「今すぐインストール」を押す。
 3.「保存」を押す。
 4.「保存」終了後、「実行」を押し、インストールを開始する。
    ★インストール画面の指示にしたがってください。
 5.「インストール」終了後、デスクトップに「Adobe Acrobat Reader DC」
    のショートカットが作成される。

 [Adobe Acrobat Reader DC の機能]
   ★Adobe Acrobat Reader DC は PDF内のテキストや画像の編集はできませんが、
     PDFファイルの表示だけでなく、下記のような機能を持っています。
  1.ノート注釈の追加。
  2.テキストをハイライト表示。
  3.テキストに下線を引く。テキストに取り消し線を引く。
  4.テキスト注釈を追加。テキストボックスを追加。
  5.フリーハンドの線を引く。
  6.描画ツール(矢印、長方形、楕円、多角形、引き出し線つきテキストボックス等)が使える。
  7.描画を消去できる。
  8.PDF文書内の文字検索。

 [Adobe Acrobat Reader DC の初期画面-1]
    ・右向き三角を押すと本文だけの表示になる。
    ・クリックすると注釈ツールバーが表示される。

 [Adobe Acrobat Reader DC の初期画面-2]
    ・注釈ツールバー
    ・テキスト、図形の入力
    ・テキストのハイライト表示
    ・テキストの下線
    ・引き出し線つきテキストボックス
    ・取り消し線・ノート注釈

Ⅱ.「 pdf_as 」の紹介
   ★結合・分割・抽出・削除などの機能を備えるPDF加工ソフト

 1.インターネットで「窓の杜」を検索  →  http://www.forest.impress.co.jp/
 2.窓の杜ライブラリの中から「オフィス」を選ぶ
 3.「文書作成」の中から「PDF」を選ぶ
 4.ソフト一覧の中から「pdf_as」を選び、「詳細」ボタンを押す。
 5.「pdf_as」の「ダウンロード」ボタンを押し、ソフトのダウンロードを行う。
   ★「保存」を押す。  「pdfas130.zip」が保存される。
   ★「ファイルを開く」を押す
   ★「許可する」をクリックする。
   ★「pdf_as.zip」が作られる。。
   ★「pdf_as.exe」をダブルクリックする。
   ★「すべて展開」を押す
   ★「pdfas130」フォルダーに「pds_as.exe」プログラムが作られる。   
 6.ショートカットの作り方
   (1)「pdfas130」フォルダーの「pdf_as.exe」を右クリックする。
   (2)「送る」 → 「デスクトップ(ショートカット作成)」
 7.起動方法
   (1)ショートカット「pdf_as.exe」をダブルクリックする。
   (2)「pdf_as」の初期画面が表示される。
 8.機能と操作方法
   (1)画像ファイルをPDFに変換 : 画像ファイルを読み込み、PDF形式で出力する。
   (2)WebページをPDFに変換   : 指定したURLのWebページをPDF形式で出力する。
   (3)結 合:複数のPDFファイルを読み込み、一つのPDFファイルに結合して、出力する。
   (4)分 割:読み込んだPDFファイルを、1ページずつのPDFファイルに分割する。
   (5)追 加:編集されるファイルを読み込む → 「追加」を指定する → 
          ページ追加するファイルを指定してください → 「OK」ボタンを押す →
          ファイル名を指定する → 「開く」ボタンを押す → 「追加する開始ページ指定」 → 
          「OK」ボタンを押す → 「追加済み」PDFファイルが出力される。
   (6)抽 出:PDFファイルを読み込む → 「抽出」を指定する → 「抽出する開始ページを指定」 →
          「抽出する終了ページを指定」 → 「OK」ボタンを押す → 「抽出された」PDFファイルを出力。
   (7)削 除:PDFファイルを読み込む → 「削除」を指定する → 「削除する開始ページを指定」 →
          「削除する終了ページを指定」 → 「OK」ボタンを押す → 「削除しました」と表示される →
          「OK」ボタンを押す → 「削除済み」PDFファイルが出力される。
   (8)左回転:PDFファイルを読込む → 「左回転」を指定する → 「すべてのファイルを回転しました」と表示
           →「OK」ボタンを押す → 「左回転済み」PDFファイルが出力される。
   (9)右回転:PDFファイルを読込む → 「右回転」を指定する → 「すべてのファイルを回転しました」と表示
           →「OK」ボタンを押す → 「右回転済み」PDFファイルが出力される。
  (10)その他:「セキュリティ設定」、「PDFプロパティ設定」、「ヘッダー・フッター設定」 
           等ができる

Ⅲ.「 インターネット画面をPDF保存する方法 」の紹介

 1.保存したいインターネット画面を表示し、「ファイル」をクリックする。  
 2.「印刷」→「Microsoft Print to PDF」を選択し、「印刷」ボタンを押す。
 3.「PDFの保存場所」、「ファイル名」を指定し、「保存」ボタンを押す。
 4.PDFファイルが保存される。

 ★Windows 10 では下記のブラウザーソフトでPDF出力が可能。
   ・IE11、Microsoft Edge、Google Chrome、Firefox 等

 ★Windows 10 では「印刷」をサポートしている ソフトはPDF出力が可能。


   
 ★プロジェクターを使って、説明と質疑応答を行った。

      

☆2017年7月度 よろず相談会 
日時 / 場所 7月22日(土)  13:00~14:30/今城塚公民館 
テーマ Windows 10 の Creators Update について
  参加者 / 担当講師   22名 / 河出 修 

    *7月22日(土)、 よろず相談会が開催されました。
(配布資料のリンク)


Ⅰ.Windows 10・Creators Update について

  1.「Windows 10・Creators Update」 は 2017年4月11日から「Windows Update」として 
     提供が開始された。

  2.修正プログラムを取得すると、確認メッセージが出る。
    ●「今すぐ再起動」を押すと 再起動→インストール が始まる。
    ●「後で実行」を押すと インストールを先延ばし できる。

Ⅱ.Windows 10・Creators Update の変更点
  
  1.「設定」画面の項目が増えた。 
  
  2.日本語のON/OFFが一目でわかる。 
    ●「半角/全角」キーを押すと、デスクトップの中央に 「あ」または「A」と表示される。

  3.夜間モード設定。 
    ●新機能としてブルーライト対策が ほどこされるようになった。
    ●「スタートボタン」→「設定」→「システム」→「ディスプレイ」→「夜間モード設定」
      で左図が表示されるので、式温度を調整する。
 
  4.画面の指定領域をキャプチャできる。 
    ●「Windows」+「Shift」+「S」 キーを同時に押すとキャプチャ画面に変わり、
      必要 領域を指定すると、画面がコピーされる。
    ●「ペイント」、「Excel」、「Word」等に、コピーした画像を張り付けることができる。

  5.タイルを重ねるとフォルダー(グループ化)ができる。 

  6.スタートメニューの「アプリの一覧」表示を「オン」か「オフ」に設定できる。 
    ●「スタートボタン」→「設定」→「個人設定」→「スタート」

  7.高DPI設定でのデスクトップアプリの表示を改善。 
    ●高DPI未対応の古いアプリケーションでも綺麗に表示されるようになった。

  8.注意点:コントロールパネルがメニューから消えた。
    ●「スタートボタン」を右クリックすると表示されるメニューから 「コントロールパネル」が消えた。
    ●「コントロールパネル」は、「Windows システムツール」の中にある。
      「スタートボタン」→「Windows システムツール」→「コントロールパネル」
    ●「スタート画面」にピン止めしておきましょう。

  9.「ペイント3D」が使える。
   (1)「ペイント3D」の起動方法
     ●従来の「ペイント」(Windows アクセサリの中にある)の画面右上の「ペイント3Dを開く」をクリックする。
     ●アプリ一覧の「ペイント3D」をクリックする。
   (2)「ペイント3D」の画面
     ●初期画面  ●編集画面
     ●「3D画像」を簡単に作れるようになる。

  10.「Creators Update」を使用した感想。
     ●大きなトラブルはなかったが、操作画面が一部変わったので慣れる必要がある。
     ●新機能が追加されているので、使いこなす努力が必要である。

[Windows Live メールの他ソフトへの移行]

  1.「Windows Essentials 2012」のサポートは 2017 年 1 月 10 日 に終了。
    ●上記には、「Windows Live メール」、「フォトギャラリー」、「ムービーメーカー」等が含まれている。
  
  2.「Windows Live メール」への影響。
    ●サポートが終了すると、セキュリティ更新がされないため、ウイルスにかかり易くなる。
    ●一部のメール サービス プロバイダーでは、「Windows Live メール」が使えなくなる可能性がある。
  
  3.「Windows Live メール」に代わるソフトへの移行。
    ●「Office 201X」に含まれているメールソフト「Outlook 201X」へ移行するするのが、比較的簡単だと思う。
    ●メールソフト「Outlook 201X」はすでにインストールされている。
      ・「Outlook 201X」へ電子メールアカウントを登録する。
    ●「Outlook 201X」への移行手順。
     (1)「Windows Live メール」、「Outlook 201X」を起動する。
     (2)Windows Live メールを直接 Outlook メール ファイルに移動する。
       ・「ファイル」 ボタンをクリックし、「エクスポート」を選択してから、「電子メール メッセージ」を選択する。
       ・形式として 「Microsoft Exchange」 を選択して、「次へ」 をクリックする。
       ・メッセージに従って「OK」ボタンをクリックするとエクスポートが開始される。
     (3)アドレス帳の移行
       ・画面左下の「アドレス帳」ボタンを押す→アドレス帳画面の右上の「エクスポート」ボタンを押し
        「カンマ区切り(CSV)」→ファイル名を入力し「次へ」ボタンを押す→「完了」ボタンを押す。
       ・「Outlook 201X」を開き「連絡先」 フォルダーを選択し、「ファイル」 をクリックし、「開く」 を選択し、
        ファイル名を指定して「インポート」 をクリックし、「次へ」でインポートが開始される。

  ★詳しくは下記URLを参照してください。

      https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/980534


   
 ★プロジェクターを使って、説明と質疑応答を行った。

      

☆2017年度 総会 と よろず相談会 
日時 / 場所 6月24日(土)  13:00~14:30/今城塚公民館 
テーマ 総会 と よろず相談会
  参加者   16名 

    *6月24日(土)、 総会とよろず相談会が開催されました。
(配布資料のリンク)


Ⅰ 「パソコンクラブ総会・議事内容」

 1.2017年度活動指針(河出)。
   ・情報化社会の進展に対応できる松愛会会員を目指す。
   ・「Windows 10」の大型アップデート(Creators Update)は2017年4月以降、実施される予定です。
    大型アップデート後の安定稼働のためのサポートに力を入れていきたい。
   ・「Microsoft」のサポートが終わったソフトの移行サポート。
   ・「ランサムウェア」等のウイルスに感染しないための対策、情報提供。
   ・「Microsoft Office 」の新機能や「OneDrive」等について、共に学んでいきたい。
   ・「よろず相談会」で得られた知識をパソコンライフに生かしていく。
   ・会員の増強に対するお願い。
   ・学ぼう会(9/14)、女性懇談会(9/10)等の日程を説明し、支部行事への参加を呼び掛け。

 2.2016年度活動実績報告(河出)。
   ・「よろず相談会」実施状況報告。(平均参加者21.7人/回)
   ・「出前」の実施状況を説明。(5件)。
   
 3.2017年度活動計画(河出)。
   ・よろず相談会の 2017年7月~2018年5月 のテーマの説明と意見交換。
   ・「Windows Liveメールの移行方法」について、もう一度解説して欲しいとの要望があり、実施する。
   ・「年忘れ会」の参加者を増やすための提案があり、意見交換を行った。
    開催場所、会費、等について世話役で検討する。
 
 4.2016年度会計報告(河出)。
   ・前期繰越 140,534円、 収入 120,000円、支出 87,677円、次期繰越 172,857円。
   ・財政状況が好転したので、2017年6月から参加費を 200円/毎参加時 から 100円/毎参加時 
    に改訂する。
 
 5.2017年度役員体制について(河出)。
  (1)役員会で相談した結果、役員体制は次のとりとする。
  (2)2017年度の役員体制
    ・会計の交代:林さんが退任され、釣さんが新会計に就任。
     ・会長:河出、会計:釣、世話役:坂井、浅原。

  以上について、全員の拍手で承認された。

Ⅱ 「フリーディスカッション」(よろず相談会)

 1.「不明なソフトのインストールや更新」画面が表示された時の対処法
    ・自分の意志でインストールや更新をしようとしたソフトでない場合は、 無視すること。
    (絶対に「OK」ボタンは押さないこと。)

 2.インターネットエクスプローラーの初期画面の設定方法
    (1)「ツール」→「インターネットオプション」→「ホームページ」欄にURLを入力する。
    (2)初期画面に設定したい画面を表示してから、 「ツール」→「インターネットオプション」
       →「現在のページを使用」ボタンを押す。(URLが自動的に入力される)
    最後に下段にある「OK」ボタンを押せば完了。
   
 3.「Outlook 2010」で「送信済みアイテム」が表示されない。
    ・次の設定で、「送信済みアイテム」が表示されるようになる。
      (1)「ファイル」タブ→「オプション」をクリック
     (2)左ウィンドウで「メール」をクリック
     (3)「メッセージの保存」にある「送信済みアイテムフォルダーにメッセージのコピーを保存する」に
        チェックを入れる。

 4.変な画面が出て動かなくなる
   ・現物を見ないと対処法が分からないので、よろず相談会に持参するか、「出前」サービスを利用する。

   
 ★プロジェクターを使って、説明と質疑応答を行った。

      

よろず相談会 イベントバックナンバー
実 施 日 イ ベ ン ト 名
2016年 6月~2017年 5月 2016年度 よろず相談会
2015年 6月~2016年 5月 2015年度 よろず相談会
2014年 6月~2015年 5月 2014年度 よろず相談会
2013年 6月~2014年 5月 2013年度 よろず相談会
2012年 6月~2013年 5月 2012年度 よろず相談会
2011年 6月~2012年 5月 2011年度 よろず相談会
2010年 6月~2011年 5月 2010年度 よろず相談会
2009年 6月~2010年 5月 2009年度 よろず相談会


よろず相談会予定表(毎月 第4土曜日 13:00-14:30 )
費 用:年会費 1,000円 参加費 200円/回
開催日 プレゼンテーション内容 主任講師 備 考
2017年6月24日  2017年度総会 と よろず相談会     
7月22日   Windows 10 の新アップデートについて
 Windows Liveメールの移行方法
河出  
8月26日   PDF 関連フリーソフトの紹介 河出  
9月23日   Excel の使い方Ⅰ 河出  
10月28日   Word の使い方Ⅰ 河出  
11月25日   年賀状の準備 河出  
12月16日   年忘れ会 と よろず相談会  
2018年1月20日   e-Tax を活用した 確定申告書 の 作成方法 河出  
2月24日   ウイルスに感染しないための注意点 河出  
3月24日   Windows 10 便利機能の紹介 河出  
4月28日   Excel の使い方Ⅱ 河出  
5月26日   Word の使い方Ⅱ 河出  
       
       
2016年6月25日   2016年度総会 と よろず相談会    
7月23日    Windows 10 へアップグレード後の注意点 河出
 
8月27日   Excel のスタート画面の活用 Ⅰ 河出   
9月24日   PCのセキュリティ強化対策 河出  
10月22日   Wordのスタート画面の活用 Ⅰ 坂井  
11月26日  年賀状の準備、Windows Live メールのサポート期限 河出  
12月17日  年忘れ会 と よろず相談会    
2017年1月28日  e-Tax を活用した 確定申告書 の 作成方法 河出   
2月25日    Excel の使い方Ⅱ 河出   
3月25日   Wordのマメ知識 河出   
4月22日    無料 Office ソフト LibreOffice の紹介 河出 
 
5月27日   Word と Excel の連携 河出   
       
       
 受講生のご要望に合せて、多少講習内容を変更する場合が有ります。

お申し込み先: 河出 修
       Eメール  okawade@fan.hi-ho.ne.jp
TEL/FAX 072-669-5772

よろず 相談会 出前相談サービス
 
 よろず相談会 坂井講師の自主的な協力でスタートした、困った時の「出前」と称する
 相談サービスは、多くの方々の相談に応じ、皆様から大変感謝されております。

 (お願 い)
 出前相談サービスは、原則として高槻支部・パソコンクラブの会員を優先しております。
 トラブルの状況によっては、プロバイダーIDやパスワードなどが必要になりますので、
 相談サービスを依頼された場合は必ず手元に準備しておいて下さい。



 パソコン初級講習会予定表  
(毎月 第2土曜日・第4土曜日 09:30~11:30 4か月 計8回 延べ16時間)
(会場: 城塚公民館 費用5,000

 第34期・受講生募集中
 
201723日開講 
定員 : 
15
ご家族の方も大歓迎!

受講を希望される方は、河出 TEL/FAX 072-669-5772 までご連絡願います。
第34期の内容
開講日 項    目 講  習  内  容
9月23日 文化祭出展作品検討(1)
提示された文化祭の課題を自分なりに選んで、まず素案の作成にトライしてみましょう。
「私の大好きな場所・風景」の全体的イメージを検討します。
9月30日 文化祭出展作品検討(2) Windows内蔵の画像処理ソフト「フォト」を用いて、簡単なスライドショーの作成を行います。
完成したものは文化祭で、皆さんに見てもらいます。
10月14日 文化祭出展作品検討(3) ペーパークラフトづくりを楽しんでください。簡単なカードやギフトボックスからより複雑なフラワー、動物、乗り物、飾り置物など楽しめます。できた作品は文化祭に展示します。
10月28日 (エクセル)
人口ピラミッドグラフ作成(1)
男女別年齢別人口構成を数値だけでは把握しにくいものです。それをグラフ化すると直感的に、一目瞭然に把握できます。ここでは高槻市の場合を例に作成します。
11月25日 (エクセル)
人口ピラミッドグラフ作成(2)
前回は高槻市の人口ピラミッドをグラフ作成しましたが、今回はインターネット等で自分で一から茨木市の場合を調べて作成、高槻市の場合と比較してみましょう。
12月 9日 (エクセル)
今風タブレットメニュー選択画面作成(1)
最近飲食店等で見受けられるタブレット画面によるメニューからの注文システム。それに類似したシステムをエクセルで作成してみましょう。
「関数」や「ハイパーリンク」、「スピンボタンの導入」、「コメントの挿入」などを駆使すれば可能です。
更に押しボタン風に図形を導入して見た目がエクセルらしからぬデザインに変身させます。
12月23 (エクセル)
今風タブレットメニュー選択画面作成(2)
1月13日 (エクセル)
今風タブレットメニュー選択画面作成(3)
 第33期の内容
開講日 項    目 講  習  内  容
5月27日 (携帯・スマホ・格安SIM)
基礎知識と最近の動向
携帯電話(モバイル)業界では今大きな変化が起きています。ガラケー・ガラホ・スマホ・格安SIMカード、SIMフリースマホ等々。そうした中で否応なく対応を迫られます。
その知識を事前に準備して戸惑わないようにしましょう。
6月10日 (エクセル)
3ヵ月日程表(その1)
エクセルの応用の中で比較的実用性に富むのがカレンダーや日程表など。前回は祝日年間カレンダーを作成してみましたが、ここではその年とその月を入力することで土曜日曜などを自動的に振替表示してくれる3カ月表示の日程表を作成します。
6月24日 (エクセル)
3ヵ月日程表(その2)
7月8日 (エクセル)
家計簿作成(その1)

エクセルの基礎をもっと学びたいとのご要望にお応えし、ここでは簡易な家計簿を取り上げます。
同じ内容を何度も入力する場合の簡易な方法や計算
(合計・平均など)機能や並び替え機能、プルダウン機能、グラフの作成等々エクセルの基本機能を多々使う場面が出てきますので、覚えると便利です。

7月22日 (エクセル)
家計簿作成(その2)
8月12日 (エクセル)
家計簿作成(その3)
8月26 (ワード)
図形や文字を3D化(その1)
ワードでお知らせやポスターなどを作る際に、挿入する
図形や文字をより目立たさせるのに3D化(立体化)させる
ことができます。これを使ってより華やかな資料を作って
見ましょう。
9月9日 (ワード)
図形や文字を3D化(その2)
 第32期の内容
開講日 項    目 講  習  内  容
1月28日 (メール)緊急
Windows Liveメールの
サポート終了
WindowsLiveメールサポート終了(2017/1/10に)に伴い、
そのまま使い続けるのはセキュリティ上好ましくないため、
他のメールソフトに移行する手続きを解説します。
2月11 (携帯・スマホ・格安SIM)
基礎知識と最近の動向
携帯電話(モバイル)業界では今大きな変化が起きています。ガラケー・ガラホ・スマホ・格安SIMカード、SIMフリースマホ等々。そうした中で否応なく対応を迫られます。
その知識を事前に準備して戸惑わないようにしましょう。
2月25日 (エクセル)
3ヵ月日程表(その1)

エクセルの応用の中で比較的実用性に富むのがカレンダーや日程表など。前回は祝日年間カレンダーを作成してみましたが、ここではその年とその月を入力することで土曜日曜などを自動的に振替表示してくれる3カ月表示の日程表を作成します。

3月11日 (エクセル)
3ヵ月日程表(その2)
325 (エクセル)
家計簿作成(その1)
エクセルの基礎をもっと学びたいとのご要望にお応えし、ここでは簡易な家計簿を取り上げます。計算(合計・平均など)機能や並び替え機能、プルダウン機能、グラフの作成等々エクセルの基本機能を多々使う場面が出てきます。
4月8日 (エクセル)
家計簿作成(その2)
4月22 (エクセル)
家計簿作成(その3)
5月13日 (SNS)
テレビ電話など
遠隔地同士でのテレビ電話をスカイプ等でできないかとのご質問について、いわゆるSNSの使い方などをお互い学んでみたいと思います。
 第31期の内容
開講日 項    目 講  習  内  容
9月24日 (ワード)
図形を組み合わせて路線図
例えば相手に情報を伝える場合、文章のみではなkなか
伝わり難いものです。以前にも地図の描き方学んだことが
ありますが、今回は岡野講師の「大丸百貨店までの交通
アクセス」という資料で交通路線の作成を行います。
10月8 (画像処理ソフト:paint.net)
マラソンコース→散歩コース
を作ってみる(その1)
インターネットの地図情報(Google Map)の距離測定機能を活用してしてコースを作ってみます。
地図画面を保存して、それをペイントネットに取り込む
方法。さらにその上からコース情報を描きいれる。
それらの操作方法を学びます。
ここではペイントネットのレイヤ(層)の機能を活用します。
10月22日 (画像処理ソフト:paint.net)
マラソンコース→散歩コース
を作ってみる(その2)
11月12日 (エクセル)
3か月日程表(その1)

エクセルの応用の中で、実用性に富むのがカレンダーや
日程表など。ここではその年と月を入力することで土曜
日曜などを自動的に振替表示してくれる、3か月表示の
日程表を作成します。

1126 (エクセル)
3か月日程表(その2)
12月10日 (エクセル)
年間祝日カレンダー(その1)

1年分の曜日と祝日が一目でわかるカレンダーを作ってみます。
特に特徴的なのは年を入力すると、その年のカレンダーが表示されること。
しかも土曜や日曜祝日の色分けも瞬時に行われるので、一回作っておけばその年の祝日一覧表を準備するだけでOKです。

12月24 (エクセル)
年間祝日カレンダー(その2)
講習会は受講生の理解の度合いに合せて、解り易く進め
 られており、講師の他に3名の「アドバイザー」を配置して
 受講生の質疑にその場で答えられる体制を組んでます。 
受講生のご要望に合せ て、多少講習内容を変更する場合 が有ります。


     
◇クラブ紹介

 
 パソコンを扱っているのだが、パソコン教室に行ったこ とがないので、何か
 問題があると解決する方法がわからない。
 パソコンを始めたいのだが、きっかけがなくて、などの声を松愛会・会員の
 方々からお聞きします。

 そこで、松愛会・会員のなかでパソコンの知識が豊富な方にご協力いただき、
 パソコンクラブを立ち上げましたので、興味のある方のご参加をお待ちして
 います。

連絡先
会 長   河出  修    072-669-5772 okawade@fan.hi-ho.ne.jp
会 計   釣  昌美    072-687-9954 p.tsuririn.mam@iark.zaq.jp     
世話役   坂井 紀久男  072-683-3095 k-sakai@tcn.zaq.ne.jp
        浅原 敬司   072-696-0748 asahara@hera.eonet.ne.jp
    
          ○スパム防止のため アドレスの一部を 全角文字 にしています


パソコンクラブ トップ に戻る

同好 会案内 に戻る