楽歩会 2019年7月度例会の実施報告 長野県「霧ヶ峰高原」

日程 2019年 7月 24日(水)~25日(木)        参加者 8名
行先 長野県「霧ヶ峰高原」    担 当 村岡さん、吉村さん
《コメント≫》
7月の「霧ヶ峰高原」を代表する”日々あらたに”との花ことばがあるニッコウキスゲなどの
高山植物が旬を迎え咲き競うハイシ-ズンの霧ヶ峰高原登山ル-トをトレッキングしました。
トレッキングのはじまりは、霧のべ-ルに包まれた「白い世界」夏の日差しと共に「青と緑の世界」
に変貌!視界が広がる中、木道脇で可憐に咲く花々を愛でながら八島ヶ原湿原スタ-ト!

平坦な遊歩道(木道)を歩みやがて湿原に別れを告げ、車山肩への基点となる「沢渡」を目指すことに。
ル-トを辿る我々の背中を押すが如く!森に響くカッコウの”さえずり”清らかな小川の”せせらぎ音”に
癒され、足取りも心なしか軽やかに!沢渡~車山肩への急登路はル-ト最大の難所、何度も休息タイム
取りつつ登り切りました!車山肩の眼前に広がる「黄色のじゅうたん」を敷き詰めた”ニッコウキスゲ”
群落のロケ-ションに驚愕!6年前期待外れの光景とは真逆の環境に見事再生されたことに痛く感激!
例年にも増して多くのハイカ-、観光客がニッコウキスゲ目当てに訪れているとのこと。

車山肩~蝶々深山、緑が映える気分爽快!なル-ト、足並みを乱すことなくガレ場の蝶々深山到達!
蝶々深山~物見山(物見岩)急峻な下りをクリア!ぬかるむ道を避けつつ視線の先に映る「物見岩」
目がけ足早に歩を進めました!到着した物見山ではシンボルの「物見岩」バックに写真を撮る風景
が見られました。(当然私達のグル-プも・・・)山極より吹き寄せる涼風時には肌寒さを感じる
真さしく”天然ク-ラ-”下界の猛暑とは無縁の世界にひと時浸ることとなりました!

八島ヶ原湿原への道すがら郊外学習の小学生、中学生の団体に遭遇、軽装備(運動靴)に唖然!
八島ヶ原湿原まで下り降り、ここでもニッコウキスゲの群落に触れることになり霧ヶ峰高原での
再生事業が関係者の地道な努力より成果を上げていると拝察しました。
木道を踏み絞めながら今一度高原全体のパノラマを眼に焼き付け、全員無事総歩行距離11km踏破!
八島ヶ原湿原ゲ-トにゴ-ルしました。
自然に触れ清々しい高原トレッキング体感できた一日となりました‼

           動画<車山肩ニッコウキスゲ>
        

 

 

 

 

0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP