今、マンホールがおもしろい

今、マンホールがおもしろい

旧三越ビル前のマンホール蓋

 最近テレビで紹介されていましたが、「マンホール女子」なるものがじわじわと増えているらしい。身近なマンホールの写真を撮ったり、各地の上下水道局で入手できる、マンホールカードを収集するのだそうです。
「マンホールカード」とは:
 2016年から下水道広報プラットホーム(GKP)は、全国の地方公共団体の主体的な広報展開を拡大するため、世界に誇れる日本のマンホール蓋を国民に楽しく伝える目的で、マンホールカードを登録制で発行(GKPのHPより引用)していますが、このカードの収集もブームの一因であるようです。
 今回第11弾として、枚方市のマンホールカードが発行され、12月14日より配布が開始されました。今回参画の33自治体を含め、すでに全国では502団体が参加し、605種類のカードが発行されております。

 早速枚方市の上下水道局を訪問し、一人一枚というカードを頂いてきました。しかしカードにあるようなカラフルなマンホールは、各都市とも設置されている場所は1~2か所と少なく、探すのは大変です。枚方市では京阪枚方市駅前の、旧三越ビルの前に設置してあり、人通りの隙間を狙って、撮影してきました。

 興味が湧き、近隣の寝屋川市と交野市にも訪問し、運よくカードを入手することができました。寝屋川市は、上下水道局の玄関にサンプルが展示してありますが、市役所前の植栽の中にも発見できました。また交野市では、JR河内磐船駅近くのロータリで発見できました。

 調べてみると、珍しいマンホール蓋もあります。一例ですが、静岡市には「ちびまる子ちゃん」の原作者の「さくらももこ」さんが寄贈された、とても美しいマンホール蓋(写真はWEB上の無料写真と、バックのデザインを合成したものです)がありました。
【 写真はクリックで拡大できます。】

その他の情報も ここから ご覧いただけます。
HP作成:坂本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP