令和最初の新春懇親会

2020年枚方北支部・新春懇親会
2020年1月11日(土)

庄子支部長の挨拶

 春のように温かく晴れ渡った1月11日(土)、令和最初の「枚方北支部・新春懇親会」が会員・ご家族72名と、ご来賓として松愛会本部より遠藤副会長、枚方市議会の番匠議員に出席頂き、盛大に開催されました。
 皆さん開始時間に余裕をもってご参集いただき、11時45分定刻通り村上支部役員の司会で懇親会がスタートしました。まず最初に庄子支部長から挨拶がありました。

【支部長の挨拶】
 直近の支部の会員動静の報告と、支部活動に対するご支援・協力のお礼が述べられました。続いて昨年の「友愛カード」に関するお話などがあり、今後とも「会員とともにあゆむ」をスローガンに活動する決意が示されました。

【来賓のご挨拶】
 懇親会の前に、松愛会本部の遠藤副会長様から枚方北支部の活動への励ましの言葉と、番匠議員からは、市議会活動への決意等のご挨拶を頂きました。
【懇親会】
 いよいよ懇親会の開始です。今年の乾杯の音頭は、米寿を迎えて益々お元気な、2班の林様にお願いしました。懇親会は、一気に盛り上がり、あちこちで笑い声が響きました。支部役員も会員の席を回ってコミュニケーションを図り、懇親会を盛り上げくれました。
 
サプライズもありました。12班の田中さんと娘さんが二人で登壇され、自作の川柳を披露されるなど、会場はさらに盛り上がりました。歓談の合間を利用し、恒例の「愛の募金」も実施されました。
イベント 1: 鏡開き】
 懇親会開始後ほどなく、鏡開きが行われました。今年は遠藤副会長、3班の小島様、10班の堺様と支部長により、「よいしょ!」の掛け声とともに小槌が振り下ろされ、見事に樽が開きました。早速、「ちょっと一杯!!」皆さんが樽酒を楽しんでおられました。
【イベント 2: 鯛捌き実演】
 「がんこ寿司」名物、鯛の捌きの実演が行われました。支配人が手順を説明され、見事な大鯛を料理職人の方があっという間に捌き、船盛に仕上げてくれました。華麗な包丁さばきに感心しつつ、振舞われた刺身は新鮮で歯ごたえも良く、また、その場には寿司職人さんがおられ、すし飯も桶に準備されており、即座に鯛の握りが出来上がり、新鮮なお寿司を美味しくいただきました。
【イベント 3: ビンゴ大会】
 今年のメインは、支部役員の工夫を凝らした「豪華景品が当たる・ビンゴ大会」で盛り上がりました。「リーチ」までは進むのですが、なかなか「ビンゴ」まで届かず、皆さんの顔も真剣そのもので、読み上げられる数字に一喜一憂し、童心にかえって楽しみました。

 あっという間に時間が経過し、予定通り午後2時前に島内副支部長の中締めでお開きとなりました。 帰りには紅白饅頭をお土産に頂き、楽しい新春懇親会を閉会しました。
【写真はクリックすると拡大できます。】

写真撮影:石川、福本、宮元、坂本
 HP作成:坂本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP