みんなで作る「俳句」と「川柳」【8月度】

睡蓮木(2020年7月8日撮影)

睡蓮木(2020年7月8日撮影)

 枚方北支部の皆様からのオリジナルな俳句・川柳を募集しております。 下記メールアドレスで受け付けております。また、お住いの支部役員にお渡しいただいても結構です。
hirakata-n@shoai.ne.jp
 毎月25日までに寄せられた作品を、翌月に各部お一人2作品まで発表します。 なお、川柳作品は会報「松愛」に掲載することもあります。

 
 2020年9月度のテーマは、俳句、川柳ともに『秋の彩、色』もちろん自由なテーマも歓迎します。
 過去の投稿作品を見るには、ここをクリックしてください。

【 俳句の部 】
 朝咲いた花が、昼にはしぼむという露草。
その儚さは、万葉の時代から恋歌としても詠われているそうです。

今月の俳句


【 川柳の部 】
 蝉が鳴きだすと雨上がりだと気づきます。
今年の豪雨には、気長の蝉も羽化をためらいがちです。

今月の川柳

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP