「巣立ち間近 ~ はばたけ大空へ ~」

2021年6月8日(火)
投稿者:11班 谷口 文孝 様  

 コロナ感染症予防3回目の緊急事態宣言の中、テニスコートは閉鎖されヒマになりました。そこで今年3月に購入したカメラ(NIKON P950)を持って、野鳥観察に行っています。

 このカメラは、コンパクトで重いレンズを付ける必要がありません。ただ、全てが電動でバッテリーがスグなくなります。鳥は動くので撮影は苦労していますが、楽しんでいます。
この季節の巣立ち間近な野鳥の子どもたちを、紹介します。

 山田池公園で見つけたツバメの兄弟たち。何を語らっているのでしょう。巣離れはしましたが、エサ取りはまだ母さん頼り。うぶ毛もまだ残っており可愛いですね。

 淀川大橋の橋梁の下では、チョウゲンボウが営巣しています。子どもは親がエサを持って帰ってくるのを待ちわびています。まあるい目が愛くるしいです。

 シャンとした、おすましの姿はもう巣立ち間近でしょうか。
 はばたけ大空へ!!

写真はクリックで拡大できます。

以上 (HP作成:元辻)

+9

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

みんなの俳句・川柳 情報あれこれ
  1. 2.菱マンガン鉱(観賞石)
PAGE TOP