青い花

表題

表題(青い花)写真はクリックで拡大できます。

ヤグルマギク(2022年5月5日)

ヤグルマギク(2022年5月5日)

ラベンダー(2022年6月13日)

ラベンダー(2022年6月13日)

  先月、ホームセンターで、一輪咲いていた青いヤグルマギクを 買ってきました。先月から今月にかけて、湧き出るように出た花芽が次々と花開き、毎朝眺めることが日課となっています。今月はラベンダーがすらりと伸びた茎の先に開花し、庭は青く染まっています。

 チョウは一般的に赤、青、ピンク色の花で吸蜜すると言われています。確かにチョウは、種類によりそれぞれカタクリ、フジバカマ、アザミなどでよく見かけます。花やチョウの愛好家は蜜源植物や食草を植えてバタフライガーデンを作っているようです。蜜源で視覚、食草で嗅覚を刺激するのでしょうか。

 アゲハ蝶は紫外線領域まで見え、人より多様な色彩が見えるようです。蝶の見る世界が花の多様な色彩を作ってきたのかもしれません。自然界に青い花が少ないことで、蝶は独占できる汲蜜場を持ち、種を保存してきたと考えても不思議ではありません。

 色とりどりのチューリップや青一色のネモフィラの咲く公園も素晴らしいですが、小さな庭に多種の花が咲き、蝶が舞う。その庭が季節とともに変化していくのを眺めると、なぜか癒されます。自然の多様性と変化する姿に安堵するのは、人がその一員であるからだと思いました。

2022/6/22 HP作成:石田 

+9

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新情報 情報あれこれ
  1. 青い花

    2022.06.23

PAGE TOP