2012年度 秋レク『湖東三山(西明寺・金剛輪寺)紅葉めぐり』

開催日 2012年11月21日

<画像をクリックすると大きくなり、画像の外を再クリックすると戻ります>

◆ラポール裏の観光バス駐車場に集合しました

 枚方南支部の秋のレクレーション「湖東三山(西明寺・金剛輪寺)紅葉めぐり」は秋晴れの中、80名の参加で実施されました。集合場所の「ラポール枚方」裏の観光バス駐車場には受付時間を待ちきれず会員の皆さんが集合、駐車場は観光シーズンとあってバスが満杯の状況。

 バスは予定の8時を少し遅れて出発、第2京阪「交野北IC」から高速に乗り、途中「菩提寺PA」でトイレ休憩を挟みながら、「彦根IC」に向かう、車内は明るい会話がはずむ。バスガイドさんの車窓風景の説明を聞き、目をやると色づいた木々が目に入り、期待が膨らむ。

 出発の遅れを取り戻す順調な走行で「彦根IC」で高速を降りる、しかしそこでピタリと走行がストップ なんと大渋滞。渋滞の理由が分からないまま、じりじりとした時間が過ぎていく。理由は工事の為の渋滞と分かったが「なんでこんな時期に工事するねん‥」とぶつぶつ。

 結局渋滞で大幅に時間を消費してしまった為、最初に訪れる予定であった「多賀大社」参拝を中止する羽目になってしまった。ところが工事箇所を抜けると順調な走行となり、無事「西明寺」に到着しました。

◆「天台宗 龍應山西明寺」門前で記念撮影

 山門で記念撮影の後、本堂へ向かう、上下左右のすばらしい紅葉に感激、風景写真や記念撮影に皆さん夢中。

天然記念物の「不断桜」もちらほら花をつけている、ただ桜と言えば春の満開桜を思い描いてしまうので、ちょっと不満?
名勝「蓬來庭」の紅葉、参道の紅葉を楽しみながら石段を登る。

 二天門をくぐり境内に入ると、本堂(国宝)や三重塔(国宝)を背景に紅葉がすばらしい、本堂に上がり参拝。
本堂からの下りはまた違う素晴らしい紅葉風景でありました。

◆楽しみな昼食会場へ

 思い切り紅葉を楽しんだ後、バスは紅葉の余韻にひたりつつも空腹を覚え始めた皆さんを乗せ、一路食事会場へ。
今日の食事会場は「クレフィール湖東」、お食事は「近江牛会席」、午後の予定もおおいに歩かねばならないのでアルコールは控えめに、お食事を美味しく頂きました。

「クレフィール湖東」は最近オープンした様で、山間の閑静な場所にある。「近江米」の田園を見渡せ眺望も良く、温泉、グラウンドゴルフコースもある。
食事のあとは売店を覗いたり、湖東三山のパンフレットをもらったり。午後の予定もお楽しみ・・・

◆次の目的地「天台宗 松峰山金剛輪寺」に

 バスは中腹のバス回転場まで運んでくれたので、山門入り口から歩くとかなりの石段を上がらねばならないので大助かり。 お地蔵さんが並ぶ参道を息を切らしながら登ると「重要文化財 二天門」の大きな「わらじ」と仁王さんが迎えてくれました。

 本堂(国宝)に上がり参拝、「本尊 聖観音」さまは秘仏の為拝めませんでしたが、内陣を見学することが出来、現在目にする大黒様とは似つかぬ怖いお姿の「日本最古の大黒天」=(特別公開)や「阿弥陀如来像」・「十一面観音立像」など十体の重要文化財指定の仏像を拝観することが出来ました。

 三重塔(待龍塔)はあいにく「檜皮(ひわだ)葺き」の工事中でした。ただ修復工事の様子を間近でみることが出来ました。
参拝の後は急な石段を恐る恐る下る、長い石段で、風車をお持ちになったお地蔵さんが見守ってくださっていましたが、これを下から全部を上がるのは大変だったと思う。 ほぼ下りきったところには千体地蔵尊が祭られていました。

◆満足して一路枚方へ

  「水雲閣(茶室)」の庭園に入る。 庭園は「池泉回遊式庭園」です、ここはすばらしい紅葉で「血染めもみじ」とも称される真っ赤な紅葉が池のまわりで迎えてくれた。最後に素晴らしい庭園と紅葉を見ることが出来て大感激、大満足でした。

 

<写真撮影:鬼頭、日垣、吉川、永井、中村 レポート作成:中村 HP作成:冨松 WP編集:永井>

0
PAGE TOP