『淀川水系一斉美化アクション』に参加しました(2020.2.9)

2020年2月9日(日)

 『淀川水系一斉美化アクション』は、2月から3月までの期間に淀川水系(桂川・宇治川・木津川・淀川)の7エリアで連携して実施する清掃活動です。
 松愛会では、「エコリレージャパン」と連携して取り組んでいます。このうち枚方・寝屋川・守口地区で取り組む「京街道クリーン大作戦」は4年目となりました。昨年「京街道クリーン大作戦」は、延べ300名の参加者で約600袋のゴミを、淀川流域全体では5,300人以上の参加者と50トン以上のゴミを回収しました。

参加者の皆さん

 朝から風花が舞う中、9時半には、「淀川資料館」裏の「淀川河川公園枚方地区 三矢駐車場」に、松愛会(枚方南・寝屋川支部)をはじめ、「河川レンジャー」「枚方が好きやん ゴミ拾い部」などから、約70名の方が集まりました。
さらに、ひらかたの観光大使である「くらわんこ」も応援にかけつけました。 主催者挨拶のあと、佐藤 ゆかり環境副大臣・

山田健太府議の挨拶、淀川河川事務所から「天の川クリーン&ウォーク」紹介、清掃にあたっての注意事項の説明があり、火バサミ・ゴミ袋を持って、清掃活動のスタートとなりました。清掃範囲として、往路は、集合場所から磯島グランドまで河川敷内メイン通路を約1km歩き、復路は、淀川の流れに沿って天野川合流点まで下り集合場所に戻る約1.5kmのコースです。

 メインの通路には、ゴミがあまり見受けられませんでしたが、少し外れた場所には、アルミ缶、ペットボトル、ビニル袋、お菓子の包装類などが見つかりました。「可燃ごみ」「不燃ごみ」に分別し、集合場所まで持って行きました。

中には、ボウリングの球・消火器・小型家電までありました。重いものは軽トラで回収です。11時半には、清掃が終了しました。全員で、記念撮影をし、解散しました。

 川を流れていったゴミは下流の生き物の命を脅かすだけでなく、やがて海へと流れて世界に広がっていきます。いまや、マイクロプラスチックなど海洋環境において極めて大きな問題になっています。

松愛会では、今後も各地で社会貢献活動を開催します。また秋には、枚方南支部でも、「天の川クリーン&ウォーク」や「春日神社・蹉跎神社」の清掃活動を開催します。参加の程よろしくお願い致します。

今後の松愛会清掃活動

【注意】新型コロナウイルスの感染拡大リスクを考慮し、国土交通省の通達により本日以降予定されているすべての活動について中止または延期の指示があり、予定しておりました淀川水系一斉美化アクションは全て中止しました。(2020年2月20日 追記)

2月23日(日) 9:30~12:00 淀川京街道クリーン大作戦(樟葉) 枚方北支部
3月 1日(日) 9:00~10:00 大和川(上流)一斉清掃 奈良西支部
3月 1日(日)10:00~11:30 大和川・石川クリーン作戦 河内和泉支部
3月 7日(土)10:00~12:00 芥川クリーンアップ大作戦 高槻支部
PAGE TOP