No165 伊賀地区歩こう会

+6

実施日:4月2日(金) 10:00~12:30
参加者:15名(内訳 会員:11名)
会員奥様:2名、フレンド会員:2名、伊賀:12名 伊勢:3名
1964年10月1日東海道新幹線が開通したその日に「廃線」となった伊賀鉄道の
伊賀神戸~名張間を3回に分けて歩く計画です。
今回は伊賀神戸~美旗(用水路)迄です。当日は、歩くと少し汗ばむような暖かい日でした。
歩き始めて900m位で現在の近鉄大阪線の下をくぐっていた伊賀鉄道の坑道が有り   
その先には線路の脇を守る石垣も残っていました。
更に藪を行くと陸橋が有り、枕木も一部見え、鉄道の痕跡を確認出来ました。写真①、②
その後、枕木は有りませんが線路跡と分かる農道になっています。写真③
しかし、途中より深い藪になっており、迂回して、名張で一番大きい常夜灯に向かう。写真④
常夜灯から線路の痕跡を目指して行くと、川と農道をまたぐ立派な坑道を確認 写真⑤
その付近から線路跡は遠くまで確認できましたが、美旗用水路の寸前で「野獣避け柵」が有り
行けず、再度迂回し、終点の美旗用水路側から線路跡を確認しました。
美旗の用水路の土手は桜が満開で、そこでおにぎりを食べ、近鉄美旗駅にて解散しました。

 

+6
PAGE TOP