万博記念公園 さくらとチューリップの花見

万博記念公園は、1970年に開催された日本万国博覧会(大阪万博)跡地に整備された文化公園です。

都心から近い場所で自然を感じることができ、およそ260haの広大な敷地では四季折々の花々を楽しめるほか、

様々なイベントが開催されています。

公園内には万博遺産が残っており、大阪万博の記念館である「EXPO’70パビリオン」では、当時の資料や展示品 

 などを展示し、当時の雰囲気や熱気を感じることができます。

芸術家岡本太郎のデザインにより大阪万博のテーマ館の一部として建てられた「太陽の塔」は、大阪万博閉幕後、

ほとんどの建物が解体、撤去される中、EXPO’70パビリオンなどとともに残された建物のうちの一つであり、

今も大阪のシンボルとして親しまれています。                   投稿者:岡ちゃん

+2
PAGE TOP