ブログ

地域懇談会(南中部)

【プログラム】
1.安本支部長挨拶、乾杯
・松愛会の現況(全国、奈良東支部)についての報告
・社会貢献活動「緑のボランティア」に加えて推進する『AKARIアクション』の概要と現況の紹介
2.会食と懇談
3.事務局より、健康冊子「認知症に 攻めの予防」について簡単に説明
4.会員より、簡単な自己紹介と近況説明
5.締めの挨拶:佐藤副支部長、記念撮影
・配布物: 支部及び参加者概況、健康冊子「認知症に 攻めの予防」、2018年奈良支部活動実績のフォトブック(未配布者のみ)

【懇談内容、近況等】
若い頃の怪我や病気の経験、出身地のPR、自治会の課題や日頃の悩みなど話題がどんどんと拡大・脱線。会員考案の「どこでも簡単にできる体操」を全員で実施するなど、持ち時間を大幅に超えながらも、楽しく共感し合い相互理解が深まった。(以下、要点のみ)
・高校時代の怪我の経験が人生の起点。最後までやり続けることが元気の源
・50代で心筋梗塞になったが、自治会・ボランティア・同好会など元気にやっている
・アホなことでも燃えることが元気のコツ。不満や悩みもこういう場で発散したらいい
・家庭菜園で夏から秋は忙しい。野菜をいっぱい食べて経済的で健康的に
・最近白内障のせいもあり動くのがいやになってきたが、支部行事には必ず参加したい
・自治会活動に奮闘中。特に防災時の対応が課題(個人主義と助け合い精神の矛盾)
・親の介護で何かと制約もあるが、最近は弓道を通じて仲間づくり

【事務局所感】
・常連の方も多く、賑やかに和やかに懇親を深めることができ、初事務局の不安も吹き飛んだ
・時間を忘れるほどの盛上がりで、この雰囲気をより多くの人に味わって欲しいと思った

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP