和歌祭 四百年式年大祭(2022年5月15日)

毎年恒例で5月和歌浦地区で開催されている紀州東照宮の大祭「和歌祭」が、2022年400年の節目を迎え、場所を和歌山城とその周辺に移し盛大に開催されました。
久々に本町・和歌山城周辺で開催となりました。数十年前は三木町から公園前、和歌山城周辺で開催され、商工まつりと一緒に開催された時期もあります。
和歌山電気軌道線があった頃は花電車が走り盛大なまつりだったのを覚えています。獅子や、面被、鬼が子供達を泣かすのは昔はもっと強烈で子供はギャン泣きでした。和歌山市出身者には非常に懐かしいと思います。(和歌山・石山)


8:00~ 神輿おろし(紀州東照宮)
8:30~ 神輿出立式(紀州東照宮会館前)
神輿わたり(紀州東照宮~和歌山城)
12:00~ 渡御始め式(フォルテワジマ前)
12:15~ 渡御行列(フォルテワジマ前~市役所前)
14:30~ 渡御納め式(和歌山城 西の丸広場)

 

 

+2

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

  1. 和歌祭とは、紀州東照宮の大祭の渡御の呼称で、別名「紀州の国祭」「権現祭」などとも呼ばれている祭りの行列です。1619年(元和5年)、徳川家康公の十男である頼宣公が、初代紀州藩主として南国の要衝:55万5千石紀州藩和歌山城に入城、1621年(元和7年)には和歌浦の権現山に家康公を祀る「紀州東照宮」を創建し、その翌年から始めた例大祭が和歌祭です。
    紀州藩は徳川御三家として第8代将軍吉宗公以後の歴代の将軍はいずれも紀州藩およびその連枝である一橋徳川家に連なる者で占められることになりました。第8代 将軍・徳川吉宗公、第14代将軍・徳川家茂公 御三家のうちで唯一将軍を出した家になります。
     江戸時代~明治、和歌山は全国第八番目の大都市でした。当時は海運が非常に盛んで和歌山はその要衝でした。勿論、鉄道の施設、産業振興も早かったです。1980年頃は阪神工業地帯の一角、北部臨海工業地帯で活況を呈しました。住友金属和歌山製鉄所(現:日本製鉄関西製鉄所和歌山地区)、溶銑量が世界最大922万トンの時期もあり、シームレス鋼管は現在も世界シェアトップ、日本で唯一、鉄道用車輪・車軸を関西製鉄所で生産しています。現在も和歌山県北部は重化学工業が盛んな地域です。

    +1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP