松下幸之助創業者の足跡 in 和歌山市&高野山

 Panasonic は、2018年 大阪市大開町で創業し、
100周年を迎えました

門真市、Panasonic Museum 新たにオープンしました。
Panasonic Museum
松下幸之助創業者は、和歌山県海草郡和佐村千旦の木
現:和歌山市)に生まれました。
松下幸之助創業者の生涯
足跡でポイントとなる地域を写真にて紹介致します。
(記事:奈和支部 支部役員・和歌山 石山)

【1.生誕の地 】 
JR和歌山線 千旦駅より徒歩約5分
明治27(1894)年11月27日、松下幸之助創業者は
三男五女の末っ子として
和歌山県海草郡和佐村千旦の木に生まれました。
地域の旧家で、4年間この地で過ごしましたが、
父親が米相場で失敗破産したため
一家で和歌山市本町1丁目に転居し下駄屋を始めました。

松下幸之助創業者 生誕の地   揮毫:湯川秀樹 博士

松下姓ゆかりの松 樹齢800年の松も落雷と火災に遭い、現在はその一部を残すのみです

松下家墓所

  

【2.和歌山市内への移転 】
明治32(1899)年 幸之助氏 4歳
本町1丁目 幸之助さんの父・政楠さんが営まれた
下駄商が存在した場所は不明です。
当時は和歌山市で一番の中心部繁華街です。
京橋~ぶらくり丁の間になります。
下駄商も、僅か1,2年を経ずに
店を畳まざるを得なくなりました。
当時住まわれていた場所は定かでありません。

本町1丁目~本町2丁目

幸之助創業者が通われた『雄尋常小学校』跡地   清酒:世界一統 のところです

【3.紀ノ川駅 母親との別れ 】
 明治37(1904)年  幸之助氏 9歳
尋常小学校修了を4ヶ月残して中途退学、
明治37年(1904)年11月23日、
10歳誕生日を4日後に控えた日、単身大阪に向かいます。
南海鉄道 紀の川 橋梁は、前年の1903年架橋、
和歌山市駅まで南海鉄道は開通していました。
北島橋を渡って、母親と別れを惜しみながら渡り、
紀ノ川駅に行ったのでしょう。
駅で、母は、大阪へ行く乗客に、
「幼い子どもですが、あちらに着けば、
父親が迎えに来ていますので、
どうか途中よろしくお願いします」と
懸命に頼んだとのことです。

南海電鉄紀の川橋梁(近代化産業遺産) と 紀の川

 【資料】
松下幸之助創業者が、生誕地近くの『高積中学校』校歌を
作詞しています。昭和54年(1979年)
① 高積山の峰青く 布施屋にそびゆ学び舎に
素直な心感謝にみちて 共に学ばん
共に学ばん われら高積中学校
② 宮井のほとり水清く 歴史の流れとこしえに
日本の心正しく直く 共に励まん
共に励まん われら高積中学校
③ 紀州の里は世界につづく たちばな香る外国に
積極果敢勇気にみちて 共に進まん 共に進まん
われら高積中学校
***********************************
千旦から和歌山市内へ向かう途中、「八軒屋」の
農家で休憩した時。ふるまわれた『一杯のお粥』の味を、
生涯忘れることがなかったといわれています。
(明治32年)
***********************************
松下幸之助創業者、和歌山城紅葉渓庭園内に茶室『
紅松庵』を寄贈しています。
昭和48年(1973)

和歌山城 徳川御三家

松下幸之助氏寄贈『松紅庵』内部

紅松庵 題字は松下幸之助創業者

【参考資料】
松下幸之助ウォーク in 和歌山 平成30年3月31日
主催: 南海電気鉄道(株)和歌山支社
後援: 和歌山市
協力: パナソニック(株) (株)PHP研究所
(株)ウイング

私の生き方考え方:実日新書 松下電器会長松下幸之助
血族の王 松下電器とナショナルの世紀:新潮文庫 岩瀬達哉著
松下幸之助の生涯

____________________________________

【松下幸之助創業者と高野山】
4月27日は、松下幸之助氏が他界され、
2019年が30年になります

松翁の足跡・高野山 を訪れました
主催:南海電鉄和歌山支社
協力:パナソニック(株) (株)PHP研究所
行程:別格本山 西禅院
幸之助氏が宿泊した部屋  重森三玲庭園
茶室・真松庵(総本山金剛峯寺)
パナソニック墓所(中の橋)
運だめしの石「みろく石」(奥の院)
物故者法要は、高野山・西禅院です

高野山・西禅院

西禅院前の石灯籠には、連名で「大阪・松下幸之助 五代五兵衛」とあります。五代氏は丁稚奉公の時、商売を学んだ五代自転車店

高野山に物故従業員の慰霊塔

PAGE TOP