【IT寺子屋Vol17】年賀状などの電子化について

年賀状のお年玉抽選の発表も終わり、また、月も改まり、年賀状をそのまま収納・保存されている方も多いと思います。
また、古くなった年賀状は、破棄されている方もおられると思います。
このような時に便利なのが、スキャナーで読み取り、電子化し、パソコンなどに電子データ-として保存することで、保管場所が不要で、また、昔の年賀状もパソコンの中で生き続けます。
もちろん、年賀状以外のはがき・手紙・チラシ・回覧板・領収書などの紙資料も、同様に電子化してパソコンなどに保存できます。

なお、スキャナーは大別して次の3種類です。

  1. フラッドベッドスキャナー・・・スキャナー専用機、2.の複合機にスキャナー機能があるので、最近はあまり見かけなくなりました
  2. 複合機・・・プリンターとコピーとスキャナーの機能があります
  3. オートドキュメントスキャナー(ADF)・・・自動紙送り機能付きのスキャナー専用機、数十枚を電子化する際は手間が省けて便利です

ちなみに、私は、3.を10年以上前から使用していて、年賀状は31年分、パソコンに保存しています。

投稿:奈良西支部 中山明 プロフィール
+2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP