2020年度 滋賀支部の方針

2020年度 滋賀支部の方針

(1)活動方針

◆ 松愛会3ヵ年活動計画(2018年度~2020年度)最終年である本年度は、”仲間と地域、笑顔で健康”の基本的なテーマに沿って、「健康でいきいきとした」滋賀支部活動を推進します。

 1) 会員の新たな出会いや旧交を温め合う場としてのこれまでの行事を引き続き開催します。

 2) 会員の健康増進に向け、同好会・愛好会への入会と積極的な参加促進の広報を強化します。

 3) スマートフォン時代に即した広報と情報発信の工夫に取り組みます。

 4)本部の慶弔見舞い制度等の改定に伴い、支部役員の会員訪問のあり方を見直します。

参加して「楽しい」「よかった」と思える松愛会活動を目指してまいります。

(2)活動計画

 1) 友愛・親睦活動

  ① 支部行事の取り組み

  ≪全体行事≫ 

  ・ 年次支部総会(5月中止)。日帰り旅行(11月)、新春懇親会(1月)は例年通り実施します。

  ≪各種懇談会・懇親会・セミナー≫

  ・新入会説明懇談会、女性会員懇親会、75歳節目セミナーを継続開催します。

  ≪友愛訪問活動≫

  ・80歳以上の会員を対象者とした友愛訪問活動は、近い将来、対象者の大幅な増加が見込まれることから費用面での限界や支部役員の負担増が危惧されるため、来年度を目途に活動のあり方を見直すこととします。

  ≪地域密着活動≫

  ・交流懇親会を兼ねた年次総会報告会(彦根市・高島市)は、感染症のため中止します。

  ・納涼会は、草津市と近江八幡市も、感染症のため中止します。

      ・65歳節目交流懇親会は、草津市と近江八幡市でそれぞれ開催します。
  ・地域別懇親会として好評の“笑愛サロン”を本年も各地で企画します。

  ≪健康づくり活動≫

  ・ボウリング大会の2会場同時開催や各行事での準備体操促進などで健康づくりを図ります。

  ② 同好会・愛好会活動の取り組み

  ・同好会・愛好会は心身の「健康づくり」の基軸を成す活動と位置づけて入会や参加促進の広報を強化します。

 2) 社会貢献活動の取り組み

  ・「プルタブを集めて車椅子を贈ろう」活動を継続し、年間2台贈呈を目指して取り組みます。

  ・ パナソニックGの自然環境保全活動に賛同し、びわ湖畔「ヨシ刈り」活動に参加します。

  ・Panasonic 創業100周年を機に松愛会がパナソニックと協働で開始した『みんなで“AKARI”アクション』活動への参加呼びかけを推進します。(古本や不要になったCDの提供)

 3) 広報活動の取り組み

 ① 支部広報誌「滋賀だより」

  ・すべての会員に情報を伝えることのできるツールとして、偶数月の月初に発行します。

 ② 滋賀支部 ホームページ

  ・コンテンツのタイムリーな更新と見やすく利用しやすい情報発信に向け、新しくなったホームページのスマホでの活用を促進します。

 ③ Eメール活用の推進

  ・ Eメール配信の拡充と迅速で鮮度の高い情報発信に努めます。

 4) バイ・パナソニック運動の取り組み

  支部の広報媒体や各種行事・同好会・愛好会など、あらゆる機会を通じて「バイ・パナソニック運動」を呼び掛け、実行してまいります。

PAGE TOP