第39回 愛媛釣り同好会

                            2019年4月24日
      第39回 愛媛釣り同好会 実施報告
1)実施日     2019年4月22日(月) AM6時~PM2時
2)天 候     快晴 無風 べた凪ぎ
3)釣行場所    松山沖 松山市興居島の北方面
4)釣り師     河渕・北沢・新井・宮崎・浅海・大西(世話役) の6名
5)釣行内容
前回(第38回昨年10月)以来久々の全員集合の釣り行となりました。
当日は4月にもかかわらず夏日になるような快晴で無風べた凪ぎの1日でした。
朝は雲も出ていましたが出港後は絶好の釣り日和となりました。

何時ものように丸八釣り具店に集合、馴染みの濱本船頭さんと合流し仕掛けや
餌を購入メバルの活性が良いそうで、その狙いで準備しました、午後はホゴ
(カサゴ)を対象にしました。
高浜港を6時過ぎに出港し興居島沖を目指しました。

30分程度でポイントに着きサビキ6本針、錘35号~40号、水深は50m程度で
竿を出しました。いきなり河渕名人に30cm級のメバルがヒット、幸先の良い
スタートとなりました。
以降は北沢、河渕、両名人の指導を受けながら魚の取り込み等の介添えまでし
て頂き各自順調にメバルとホゴが入り混じってダブルでガンガン上がって来ま
した。
特に釣り3~4回の初心者が指導のおかげで休む間も無いくらいに釣り上げて
いました。
しかし、潮の流れも速く根掛かりに悩まされ何度もポイント移動しながらの釣り
となりました。

皆さん岩場の底取りで苦労、根掛かりで錘を取られましたが上手く底を取ると
直ぐにヒットするという釣りでした。乱れ食いで釣りそのものは面白い釣りと
なりました。
途中で大きく移動もしながら状況のよいポイントを選んで頂き順調に数を重ね
ました。
あっという間に昼前、船頭さん準備の昼食となり、何時もながら美味い食事を
頂きました。

昼食後はホゴ狙いでイカナゴを餌に3本針に変更し釣りを楽しみました。
4月ながら夏日で更に陽射し強く、急な暑さは高齢者には厳しく午後は2時前に
納竿としました。
坊っちゃん登場のターナー島(四十島)を右手に高浜港着2時半でした。皆さん
お疲れ様でした。

本日の釣果   約140匹
内容は メバル(30cmを頭に大中小 60匹) ホゴ(25cmの良型含み 50匹)
他 アジ、ベラ、サバ等 30匹

                    世話人:大西 写真:浅海・大西

     写真をクリックすると拡大表示(表示後、左右の < > をクリックするとスライド表示)

0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP