第15回健康ウォーキング

第15回健康ウォーキング同好会 活動報告

★開催日  :2021年11月24日(水)
★行程概要 :琴電岡田駅~城山登頂(綾歌三山の一つ、標高375m)~琴電栗熊駅
★参加人数 :8名
★行程詳細 :総行程:約8.5km、所要時間:約3.5時間
 今秋一番の寒波到来中の健康ウォークとなりましたが、全員無事に全行程を終えることが出来ました。
 以下に力強い行軍の様子をご紹介します。身近で良いコースですので是非チャレンジしてみてください。
・午前9時、琴電岡田駅集合 、目指す「城山」確認、軽いストレッチの後、いざ出発
 ・防寒対策で多少着ぶくれ気味の面々、早くもペースに個人差が・・・
 ・綾歌森林公園登山口にて吉田会員と合流
    
 ・登り坂左手にレオマワールドを望み余裕の面々、春には沿道の桜並木が見所
    
 ・「城山」への登り口で小休止、いよいよ本格的な山道へ
 ・山道沿いには戦国時代の建物跡が多数残る
 ・10時10分:「城山」頂上に到着、「備え付けの登山日誌」に「P松愛会登頂」を記す
  100坪ほどの平らな頂上には戦国時代の西長尾城跡、阿讃山麓・丸亀平野・瀬戸内・讃岐平野を一望でき、穏やかな季節に再び訪れたくなるようなスポット
 ・登りとは一転、城山頂上からの下りは命綱頼りのスポットもあり、気の抜けない表情の面々
 ・なだらかな晩秋の山麓をハイク、晴れ晴れとした表情の面々
    
・帰路の下りにさしかかる頃、単独で山麓をハイクする御年80歳、意気軒昂な健脚との出会、いきなり一方的に山歩きの楽しさを諭され、しばし沈黙の面々。聞けば富士山登頂回数で全国300番目位の達人とのこと、自慢話に花が咲きそうな雰囲気を察し早々に下山道へ 
・下り道は山肌を削って造られた一人歩きが限界の山道、至る所に木々の根が露出、沿道には猪に荒らされた形跡も多数あり
・山道から覗く紅葉の絶景に思わずシャッターを切る面々
・猫山(標高468m)の麓で吉田会員と別れる、同会員は更なる体力強化のため単独で登頂し、別ルートで下山とのこと、あっぱれ!!
・ようやく山道に別れを告げ舗装された一般道に入る、途中には「湯船道」と言う温泉あり、ゴール間近木漏れ日が「よく頑張った」と、優しく背中を照らしてくれました
    
・12時35分、やっと琴電栗熊駅到着
全行程を振り返り誰からともなく「あれが城山か、よく歩いたなあ」、「腹減った、うどんうどん」
    
 ・昼食後、うどん屋の前で次回開催予定の案内をし解散宣言
    
(写真投稿:大坪会員、記事:日浦世話人)
+1

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 樋口 和矢
    • 2021年 11月 28日

    行程の流れと雰囲気がよく伝わってきます。
    ありがとうございました。

    +2
  1. 投稿は、日浦さんで初挑戦いただきやってもらいましたが記事は、ブログ風で良いと思います。

    0
  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP