レディースとち愛会「和食テーブルマナー」開催しました。

 7月24日㈰ レディース会(とち愛会)にて、ホテルエピナール那須で「和食テーブルマナー」を開催しました。参加者は10名。洋食のテーブルマナーは皆さん過去に何度となく体験されてきましたが、和食のテーブルマナーは殆どの方が初めての体験で、受講前は和食にもマナーがあったのと半信半疑で参加したものの、ホテルエピナール那須の菅井料理長直々の講義は聞くもの、見るもの、目からうろこ状態、私達の食生活が日本食が多いにも関わらず、マナーの存在すら知らなかったり、知ろうとしなかったり、受講してみて驚きの連続でした。

 マナーの一部を紹介しますと、割りばしの正しい割り方は下へ開くとか・箸の持ち方に手順がある事・お椀を先に持ってから、あとから箸を持つ・食べ終わったお椀を置く位置だったり・御飯のお代わりは、一口分残しておくと(とっても美味しいのでお代わりしたいです)の意味だったり、お椀の蓋をお皿替わり使用したり、ナフキンは最後に綺麗にたたんでしまうと(今日のお料理はあまり好ましくないというサインだったり)今回のテーブルマナーでは立ち振る舞い等も教わり、学びの連続で講義が終わった頃には、女子力がUPしたような気になりました。

 菅井料理長さんのマナーの間のお話がとても興味深く、現在の天皇陛下が那須御用邸にお越しになられた際のおもてなしをされた秘話を伺えたり、栃木の野菜が全国でもトップクラスの野菜である事等、参加者からは、「貴重な体験が出来きました」「お料理がおいしい上にマナー迄細かく指導頂き又参加したいです」「日本人として良い伝統を継承していきたいです」「孫にも教えたい」「今日1日参加してお上品になった気分」「和食の所作を知りワンランクアップしました」等々、皆さん大満足でした。

 テーブルマナー終了後には、各々「修了証書」を頂き会を終了しました。食後には、場所をCaffeに移して今後の松愛会の活動についてお知らせと、次回の日光ハイキングの予定を立てたり、未会員の参加者の方には入会のお誘いをしました。その後 ホテル屋上の展望台に上がり、大自然の那須連山を一望し、ホテルよりサービスして頂いた温泉券で温泉につかり帰路につきました。

+30

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP