同好会の仲間たち〈その8〉ささやかな“地球温暖化対応”への貢献

ささやかな“地球温暖化対応”への貢献

おおるり会会員 平井 康昭

私は、おおるり会に参加して11年目になります。
戦績は、準優勝は数回あるものの、残念ながら、優勝が未だありません。ゴルフの技術は、本やビデオを参考にして自分なりのスウィングフォームを工夫していますが、今一つ納得のいくスイングが掴めていません。また、動画で確認したりもしていますが、練習場でのスウィングが良くなったと思っても、実際のプレーとなると、実現できないものです。少しずつには良くなっていますが、体力の低下と相まって、現状維持がやっとかなと思えます。下手なりに今になって気づいているのは、下半身の安定とリズムが重要だと考える昨今です。

ところで話題は変わりますが、私の小さな地球温暖化対策として2か月前からの取り組みを紹介したいと思います。オール電化の売り込みは数十年前からありましたが、購入しても15年以上経たないと効果が無いということで、諦めていました。そこでコロナ禍によるステイホームの続いているこの時期、手軽にできるタイプのソーラパネルとバッテリー、コントローラを購入し、組立てるることを思い立ちました。手近な太陽光パネルのキットを購入しての自前設置です。ソーラパネルですが、家族だけでは2階の屋根に設置するのが大変なので、デッキの上にテラスを造作してもらい、その上にソーラパネルを2枚設置しました。

パネルは、太陽光に対して最適取付角度(30度から40度)があるのですが、アングルで組むと地震による歪みが心配で、結局、テラス上面に直接置き(10度)にすることにしました。
また天候が不順でソーラパネルからの電力供給が少ないときは、自動的に商用電気に切り替わるよう調節器を追加して、電源が切れるのを防いでいます。
具体的な発電量は、パネル1枚が200Wで、2枚で出力電力は400Wになります。また、一時的にはバッテリーから1200Wまで使用可能です。今は、日常的に冷蔵庫やテレビに実際に使用しています。
手作業で出来るささやかな“地球温暖化対策”。ステイホームの続くこの時節柄、皆さんもトライされては如何でしょうか。

+18

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP