新しい日常<その8>新たな生活様式の中での読書のすすめ(会員編)

新型コロナのまさしく第2波到来!と思えるような、東京、大阪、福岡などで過去最大数の感染者数発表がなされています。
栃木県でも7/末現在195名の感染者となっており、この1週間を見ても第1波をはるかに超える毎日の感染者数が発表されており、いくつかのクラスターも発生しています。また感染者も若い人中心から徐々に各年代に拡がっており、夜の町関連だけでなく、家庭での感染や感染経路不明というものが増えています。
このような状況で我々は気を抜くことなく、「新たな生活様式」に慣れていく必要があります。不要不急の外出を控えるとともに密を避け、マスク着用、手洗い、うがい、検温等々の習慣化が必要なようです。しかし家の中に籠りきり、というのも免疫力を低下させるとのことで、人との適度な間隔を保ちながらウォーキング等の運動も必要とのことです。
家の中で何をしようか、と考えの方も居られると思いますので、今回は家での読書のすすめとして、私が最近読んだ本6冊を紹介させていただきます。どれも難しい本ではなく娯楽ものですので肩肘張らずに読めると思います。
写真をクリックして下さい。大きな画面で見られます。               (佐藤 一男)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP