松愛会栃木支部からの重要なお知らせ(第5報)

パナソニック松愛会 栃木支部会員の皆様へ
 初夏の季節となり蒸し暑い日が続きますが、会員の皆様には健やかにお過ごしのことと存じます。
新型コロナウイルスは、全国で非常事態宣言が解除され収束しつつある状況となっています。しかしながら第2波も予想され、依然として感染拡大のリスクは続きます。
栃木支部は3月から5月末までの支部行事を中止、同好会も同様に活動を中止しました。6月以降の活動については、5月度の支部役員会(Web会議)にて議論し、高齢の私たち会員は感染すると重症化しやすく何よりも会員の安心と安全を第一と考え、以下の様に決定しました。
■会員の年齢構成を考慮し、引き続き6月~8月末までの支部行事を中止します。
■同好会にも同様に自粛要請いたします。9月以降の取り組みについては8月会報・HPにて報告いたします。
また、松愛会本部の規約・規程の改定により、栃木支部は6月1日より以下の通り実施してまいります。
■葬儀は原則として、弔旗は廃止し、香典・弔意メッセージを事前にお届けいたします。
■これまで自宅にお届けしていたお祝い(喜寿・米寿・卒寿・金婚)は、挨拶文を郵送し、お祝い金は銀行振り込み(松愛会会費振込元口座宛)といたします。
支部役員会Zoomのサムネイル

月例の支部役員会もオンライン(Zoom)会議とし、3密を避けた活動を行っています。
コロナと共生した「新たな松愛会活動」を皆さんとともに考えていきたいと思ます。
是非、皆さんのご意見を支部役員までお寄せください。

2020年6月1日
パナソニック松愛会 栃木支部
支部長 吉田良和
支部役員一同

参考資料(栃木県の新型コロナウイルス情報)
警戒度にする判断基準・行動基準
警戒度に関する判断基準となる指標の推移
段階的緩和のイメージ
外出自粛の段階的緩和の目安

2020年5月26日 パナソニック松愛会本部
緊急事態宣言全面解除に伴う松愛会の今後の対応について
5月25日に緊急事態宣言の全面解除宣言が発出されました。同時にコロナウイルス感染症対策の基本方針が改定され「新しい生活様式」の定着等を前提として一定の移行期間を設け外出の自粛や施設の使用制限の要請を緩和しつつ、段階的に社会経済の活動レベルを引き上げることとしております。
つきましては、松愛会活動の今後の対応について下記の通りといたしますのでよろしくお願いいたします。

■基本の考え方
緊急事態宣言の全面解除宣言が発出されたが、高齢者が集う松愛会としては、安全第一、健康第一の観点から活動の再開にあたっては政府の指針、地域行政の指針等を参考に慎重に判断する。
■具体的な対応
原則 6月末迄は現行の対応を継続する
但し、地域の状況に応じ行政の指針を参考に活動の再開を検討してください。
再開に当たっては感染防止対策の徹底をお願い致します。
なお、カラオケや飲食を伴う行事等の開催については特に慎重な判断をお願いいたします。
■参考資料
「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」
https://corona.go.jp/expert-meeting/pdf/kihon_h_0525.pdf
「移行期間における都道府県の対応について」
https://corona.go.jp/news/pdf/ikoukikan_taiou_0525.pdf

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP