栃木県「医療危機警報」 (12月24日~1月11日)の概要

松愛会栃木支部のみなさまへ

 12月23日に栃木県は新型コロナウイルスの急激な感染拡大を受けて、「医療危機警報」(12月24日~1月11日)が発令されました。(詳細はこちら)
12月以降は感染が判明しても即座に入院でないケースもあり、受け入れの病床があってもコロナ患者に医師や看護師を振り向けると一般診療がおろそかになるため、入院調整に手間取っている状況です。県医師会の稲野会長は「県内の医療体制は赤信号。本当にぎりぎりのところで踏みとどまっている」との強い危機感を発信しています。
松愛会栃木支部のみなさまは、高齢者が多いので特に感染防止対策を徹底されますようにお願い致します。

■栃木県の新型コロナ感染関連情報(詳細はこちら)

0

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP