栃木県警戒度レベル「感染厳重注意」における対応 (12月10日~31日)の概要

松愛会栃木支部のみなさまへ

 12月9日に栃木県知事メッセージが発表され、12月10日~12月31日までの県民の皆さんへの協力要請がされました。
県の警戒度レベルは「感染厳重注意」が維持されますが、「特定警戒」目前の赤点滅段階にあるという危機意識を持ち、感染拡大防止の取り組みが重要との強いメッセージです。(知事メッセージはこちら)

これまでの重傷者28例のうち71.4%が60歳代以上
■感染経路不明者のうち33.6%が60歳代以上
■感染経路が特定できている事例の30.8%が県外由来
■最近4件のクラスタ―発生が有り、基本的な感染対策が重要との認識
■感染拡大地域(Go To トラベル事業の除外や高齢者等の利用の自粛が呼びかけられている地域(現段階では、札幌市、大阪市、東京都))への不要不急の外出を避ける行動を要請

松愛会栃木支部のみなさまは、「3密回避、マスク着用、手洗いの励行」などの感染防止対策をしっかりと行って下さい。

keikaidoのサムネイル

■栃木県の新型コロナ感染関連情報(詳細はこちら)

+1

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP