支部だより《 村松支部長 夢を語る》

  夢の実現!

横浜東支部長の村松克芳(74歳)です。松愛会役員を8年間務めさせていただいております。(役員1年、副支部長6年、支部長1年 本部HP委員7年)

+13
記事がよければ「いいね!マーク 」の クリックをお願いします

入社からの略歴
入社以来、松下通信工業にて定年まで、事業部の名前こそ変わりましたが、一貫してカーエレでの仕事に従事。
商品開発として技術部門において、カーメーカ向け純正商品の商品設計に従事。
アメリカや欧州に日系カーメーカサポートとして技術駐在。
さらにトヨタ設計部署内にて設計企画業務に参画。
帰任後設計品質の評価として開発商品のデザインレビュー業務に携わる。

趣味&ライフワーク
定年退職後は、趣味の一つであった写真の世界に足を踏み入れ、写真屋を開業し写真プリントの技術を習得。
さらに生涯学習1級インストラクターの資格取得。
自己のライフワークとして写真撮影指導の夢を実現すべく地域の写真サークルの指導と、個人レッスンを開始しました。
2013年2月に、川崎市生涯学習財団から写真教室開催依頼があり現在も写真教室の講師を務めております。

そうした趣味や仕事の経験から築き上げた自分の特技や専門知識をインターネットに登録し、仕事を受注したり、様々な社会貢献に役立たせることによって、次の人生を充実させることを「スキルシェア」と呼びます。
私はスキルシェアの一例として、2019年3月に共同通信社の取材を受け、産経新聞に「スキルシェアで第2の人生」という見出しの記事で紹介されました。
(
残念ながら新聞の掲載記事は、新聞社の著作権の関係で掲載できませんが)

記事では「何年も教えている生徒さんの上達がはっきりわかる。
長い休みは取れないけれど、会社員時代とは違う充実感がある」というコメントも紹介されています。うれしかったですね。

上の写真左側は、松愛会の同好会「横浜写真クラブ」のメンバーとの写真です。(現在は一部メンバーが入れ替わっています)

写真に趣味をお持ちの方、ぜひ入会していただければと思います。

右側の写真は、本部ホームページ委員会メンバーとの写真です。

(この写真も現在は一部メンバーが入れ替わっています)

下の写真2点は居住地域で指導している2つの写真サークルの作品展の時のサークルメンバーとの写真です。

 

支部活動
横浜東支部の役員を、2014年からさせていただいており、昨年から支部長を拝命。
東支部と西支部は合同で活動しており「はまだより」3・4月号 No.141 の“支部役員だより”にて西支部の飯塚支部長が2021年度の活動実績および2022年度の活動方向付けを掲載しておりますので、重複を避ける意味で割愛させていただきます。


松愛会50周年
2022年度は松愛会50周年(また支部は40周年)の年に当たり種々の企画を計画しておりますので、支部活動に関心を持っていただき、ぜひ行事に参加していただきたくお願い致します。      (記 村松克芳)

   

+13
  1. 登録されている記事はございません。

カテゴリー

PAGE TOP