【IT寺子屋Vol14】「Windows7」のサポート終了について

使用しているパソコンのOS(OperatingSystem)が、「Windows7」の方はいらっしゃらないでしょうか。
2009年の発売以来10年以上に渡って第一線で使われてきましたが、昨年の2020年1月14日、Windows 7のサポートが終了しました。
多くの方が、すでに「Windows 10」へ移行されたと思いますが、未だ「Windows 7」のままと言う方が、国内に2割弱おられるとのことです。

「Windows7」のままだと、以下のような不具合を発生する可能性があります。

  1. セキュリティが脆弱となり、ハッキングやコンピューターウイルスなどにより、個人情報を盗み取られる可能性が高くなる
  2. 各メーカーが提供しているドライバー(周辺機器のソフト)の不具合により、パソコンが起動しない、ディスプレイが映らなくなるなどの可能性が生じる

対策としては、以下の通りです。

  1. Windows10にアップグレードする(当初は無償でしたが今は有償)
    但し、アップグレード不可の機種がありますので、メーカーや購入したお店などに確認してください
  2. Windows10のパソコンに買い替える
  3. インターネットを遮断(ルーターから切り離す)して使う
    但し、ネットの閲覧やメールの送受信ができなくなります

「Windows7」の使用中の方、上記の対策を強くお勧めします。

次回は、「スマホの便利アプリ(Eight)」をご紹介いたします。

投稿:奈良西支部 中山明 プロフィール
+2

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP