第214回 漫友会 「笠間稲荷初詣・新春懇談会」

実施日 令和4年 1月15日 10:30~14:50
集 合 JR線 笠間駅改札口 10:30
参加者
(敬称)(順不同)
大島耕而(千葉)、小石川功(筑西)、山下晃生(牛久)、中山照明(神栖)
平川清二(松戸)、森本敬次(柏)
沖中孝充(ひたちなか)、鎌田廣(千葉)、
中嶋繁(野田)、野尻正(八千代)、三瓶健治(柏)、小森孝敏(龍ヶ崎)/代行幹事)
以上(12名)
行  程 水戸線笠間駅~笠間稲荷神社・仲見世~大石邸~笠間日動美術館~「ふぐ膳」昼食懇親会
笠間駅・解散
内 容 年初頭にあたり、2022年は感染症の無い健康な一年となるよう祈願を込めて初詣をします。そして、新しい年を祝って懇親を深めます。
報 告  
笠間稲荷神社
  笠間駅から、笠間稲荷神社に向かう道は人影が少ない状態でしたが、神社に近付くにつれて賑わいが見られほっとしました。皆様それぞれの思いを込めて神社を参拝。私は、会員の皆様の健康と漫友会の発展を祈りました。
境内の仲見世でお土産物を探していましたが、銅板葺きの立派な宮が売られていたのは驚きでした。
大石邸跡
 浅野家に、この地を出身とする四十七士がいたことを初めて知りました。
笠間日動美術館
幻と言われる大津絵を見学。また、歌川広重の東海道五十三次の版画と大正期の漫画家が描いた東海道五十三次漫画絵巻に加え、描かれた地の近年の写真が比較展示され大変興味深いものでした。また、絵画では、マチス、ユトリロ、モネやピカソの作品も見ものでした。
散策後の昼食は、控えめに酒を添えて久しぶりの懇談会となりました。
行事企画:新保・実施時代行小森  写真提供:山下・中嶋・小森・小石川

写真をクリックすると拡大表示されます

笠間稲荷神社本殿前での集合写真

+13
記事が良ければ「いいね!マーク」のクリックをお願いします

第215回漫友会「東京スカイツリーめざし すみだリバーウォーク」
令和4年2月9日(水)11:00 浅草浅草寺雷門前集合

+13
PAGE TOP