新着アーカイブ

夢中人・竹細工

+5

みえだより2021年7月1日号に掲載
コロナ禍で、おうち時間を有効活用!

夢中人:出口さん(松阪)
昨年の2月から、新型コロナの影響で海外出張の仕事が全くできなくなり、毎日、どう過ごそうか?と思案していました。

地域の活性化のために、深野和紙を使った「行燈作りや切り絵」などをしていたところ、ちょうど3年前に、たまたま竹細工の「3かえる(→さかえるに通じる)」を持ってきた人の事を思い出し、「竹ならタダで、いくらでも手に入るし工具もカッターなどがあれば、できそうだ!何かできないか!」と考え続けました。

孫娘から「干支を作って!」と頼まれ、色々と研究をしながら1日1つずつ十二支を作り、それが、どんどん楽しくなってきて、その後は、犬・タコ・昆虫・かえるのオーケストラ・バランスとんぼ・複翼飛行機・竹灯籠・・・など、題材は全てがオリジナルで、カマキリやカブトムシなどの昆虫は、足の出方や爪の先など細部まで、リアリティを求め続け、技術的にも日々進化し、気がつけば200点以上の作品になりました。

今年の2月に、地元松阪の「夕刊三重新聞」で紹介をして頂き、さらに3月には近くの百五銀行でも展示して頂くなど、おうちで手軽にできる竹細工が、コロナ禍の過ごし方として、注目して頂いております。

新型コロナが収束し、再び海外に渡航できるようになったら、和風好きの外国人のために、これを持っていきたい!という想いがあり、時間の空いた時に、竹細工の部品作りをしております。

 

+5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

投稿記事実施一覧

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP