新着アーカイブ

夢中人・カメラ/写真

みえだより2021年7月1日号に掲載
奥深い写真の世界を仲間と楽しむ!

夢中人:井上さん(中南勢)
近年、定年退職後の趣味に写真撮影を加える方がいる様です。
昔ながらのフィルムカメラからデジタルカメラに変わり、PC画面で気に入った写真だけをプリントする時代となり、手軽に写真を楽しめる様になってきたからです。

そんな中、いつかはデジタル一眼カメラを持つのが夢でしたが、2006年7月に知人から念願の一台を譲渡して頂き趣味の一つに加わりました。

折しも伊勢神宮の第62回遷宮のお木曳行事に伊勢市内が沸いており、恰好の被写体として何度も足を運びました。
一方、地元には斎王まつり、大淀祗園祭という二大イベントがあり、写真をフォト・コンテストに応募すると、時々表彰状・副賞が頂戴出来る様になり、これはオイシイ!と思い始めたのが、不純な動機の一つになりました(笑)。

また写真は一人で活動が出来、撮影で歩く事が健康維持・体力増進にも貢献しています。この頃から景色を見る目が変わり、記憶に残る風景やイベントを、如何に写真に収められるかを考える様になり、家族のスナップ写真一辺倒から一気に変わりました。
行楽の行先も、今までは行かなかった綺麗な風景や草花のある所を回る様になり、家族には大いに喜ばれる結果となりました。

そんな中、全く別の趣味の方から「写真展を開きませんか?」 という話が湧いてきました。約一ケ月間、散々考えた挙句に、やってみようと、暗中模索・急ごしらえの準備で、何とか2014年6月に伊勢神宮・内宮前の会場で写真展開催にこぎ着けました。
その後も鳥羽市と二見町で個人写真展を計3回開催し、写真仲間のご協力を受けたグループ写真展も、2回開催出来ました。

写真仲間は其々自由に行動しており、イベント会場で合流する位ですが、撮った写真は、飛行機好き、神社好き、イベント好き、花好き、名所好きなど、一人一人の好みや個性が出ていて、お互いに苦労点・参考点・撮影技術等を聞いたり、盗み合ったり(笑)しています。

まだまだ奥の深い写真の世界ですので、幅広く、新たな知識を吸収し合い、切磋琢磨し、交流を続け、楽しみながら写真撮影を続けていきたいと思っています。



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

投稿記事実施一覧

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

PAGE TOP