2022年10月 野鳥観察「東京港野鳥公園(東京都)」の実績報告

日 程:2022年10月16日(日) 10:00~15:00
行 先:東京港野鳥公園(東京港)
コース:大森駅(集合)~(バス)~野鳥公園
     【 管理事務所~芝生広場~東淡水池(東観察広場)~ネイチャーセンター(昼食)~
     前浜干潟~潮入りの池(1号観察小屋・2号観察小屋)~西側エリア~自然学習センター~
     自由観察~正門 】野鳥公園~(バス)~大森駅(解散)
参加者(敬称略)
     
石原幸子、伊藤正、岡田俊男(担当)、小川明利、尾原武、小池紀子、東海林治(担当)
     戸谷輝夫、中嶋繁、野口隆也、山崎雄一、 [計11名]

報 告
     
完成当初の東京港野鳥公園は25haでしたが、近年、公園の一番奥の前浜干潟が完成し、
     干潟の面積が約3倍(11ha)になり、公園全体では36ha(東京ドームの8倍弱)の広さに
     なりました。
     毎年、シギ・チドリ類、カモ類といった水鳥や小鳥類・猛禽類が観察されています。
     観察会直前の東京港野鳥公園レンジャーブログではエゾビタキやオオルリなど様々な
     野鳥が観察されていました。
     4か月振りの観察会は天候にも恵まれ、公園内は多数の野鳥観察愛好家で
     溢れていました。

集合写真

観察種
オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、トビ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、エゾビタキ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラバト、
[計34種] (日本鳥学会「日本鳥類目録」のリスト順)

+25
記事が良ければ「いいね!マーク」のクリックをお願いします

スナップ写真↓(クリックすると拡大します写真の外側をクリックすると元の画面に戻ります。

  文:中嶋  写真:石原・野口・山崎・東海林・中嶋

次回行事案内
場 所 : 舞岡公園(神奈川県)
日 時 : 2022年11月20日(日)
集 合 : 横浜地下鉄ブルーライン 舞岡駅改札 AM10:00
担 当 : 東海林・尾原
参加費  : 100円
持 参 : 観察用具・昼食・飲物・敷物・雨具・マスク (駅前にコンビニ有り)

東 京 野 鳥 観 察 会 の 紹 介

パナソニック松愛会 東京野鳥観察会 概要(クリック)

2022年スケジュール(クリック)

安全管理と個人情報の取り扱い (クリック)

入会のご案内(クリック)

+25

当面の行事予定(リンク)

2022年度行事予定(クリック)

  1. 2/8 クラブ・同好会世話人懇談会10:00~
     文京区シビックセンター5F A会議室
  2. 2/25 みちくさ会 世田谷-羽根木公園 梅鑑賞
     東急田園都市線 三軒茶屋中央改札集合
  3. 3/4 ヤングシニア懇談会
     パナソニックホームズ㈱東京支社
  4. 3/20 春の観劇会(明治座)

 

 

首都圏支部HP スマホ用QRコード

PAGE TOP