ブログ

【奈良の民話/伝説②】井戸のこわい仁王さん

「井戸のこわい仁王さん」
奈良県御所市に伏見山菩提寺というお寺があります。行基菩薩により開基(720年)された古寺の一つで、
金剛山の麓にあり修験道の正大先達の寺院であったとのことです。山門にある仁王像は筋骨隆々でどっしりとした見事なものですが、その仁王さんは井戸を怖がるという面白い民話があります。
あらすじは、写真の下にある紙芝居パネルに紹介されています。

 

《参考》紙芝居「井戸のこわい仁王さん」(資料提供「奈良のむかし話を伝承する会」)


(2020.12.21 小西 宏明)

0

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP