栃木県「厳重警戒」の期間延長(5月16日まで)の概要および「会話する=マスクする」運動の展開

松愛会栃木支部のみなさまへ

 栃木県は新型コロナウイルス感染について、4月25日まで警戒度レベル県版ステージ2.5「厳重警戒」となっていましたが、この度5月16日まで延長されました。

◆栃木県「厳重警戒」4月24日~5月16日(特措法第24条第9項に基づく県民への協力要請)
・緊急事態宣言及びまん延防止等重点処置区域を含む都道府県への不要不急の移動自粛要請
・マスクの着用、換気をはじめ、3密の回避や手洗いなど基本的な感染防止対策の徹底要請
「会話する=マスクする」運動(特に会食の場における適切なマスク着用)を展開)

◆松愛会栃木支部としての対応
・4月25日までとしていた支部行事及び同好会活動の自粛期間(本部ガイドラインはこちら)は、栃木県の「厳重警戒」期間に合わせて、5月16日まで延長いたします。
・今後の支部行事等の対応について、「2021年度支部大会は中止し、会員対象の6月末までのリアル行事は実施しません」(詳細はこちら)
・支部社会貢献活動の、5月8日『NPO法人「足尾に緑を育てる会」主催の春の植樹デー』については、既にご案内の通り支部役員の代表参加とすることに決定しています。

 栃木支部のみなさまは、高齢者が多いので感染すると重症のリスクが高まります。感染防止対策を徹底し、安心・安全な日常を過ごされますよう重ねてお願い致します。

高齢者(65歳以上)のワクチン接種が4月12日より始まりました。栃木県は高齢者施設から。(栃木県の接種状況はこちら)
宇都宮市のワクチン接種券は4月23日より順次発送されます。(詳細はこちら)
・80歳以上(4月23日)、75歳以上80歳未満(4月30日)、70歳以上75歳未満(5月7日)、65歳以上70歳未満(5月21日)

■栃木県の新型コロナ感染関連情報(詳細はこちら)

+15

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP