栃木県”感染注意”(10月15日から30日まで)~7ヶ月振りにステージ2へ引き下げ

松愛会栃木支部のみなさまへ

 栃木県は新型コロナウイルス感染状況が改善し、10月1日に「緊急事態宣言」が解除されました。10月1日より10月14日までは県版ステージ3「県版まん延防止等重点処置」となっていましたが、10月15日より10月30日までは県版ステージ2「感染注意」となります。
ステージ2となるのは、今年の3月18日以来の7ヶ月振りとなります。

全国的には、感染状況が改善し「緊急事態宣言」が10月1日に解除されています。栃木県は10月12日の対策本部会議にて「県版まん延防止等重点処置」を解除し、警戒度レベルをステージ2に引き下げることを決定しました。福田知事は感染拡大防止と社会経済活動の両立を図ることが重要であるとし、需要喚起策と感染防止の両立を図る「とちぎ元気回復プログラム」を発表しました。

◆栃木県民に対する協力要請【特措法第24条第9項】
日常生活では、基本的な感染対策の徹底を
・「3密」が重なる場面はもとより、「密閉」「密集」「密接」それぞれについて回避
・「新しい生活様式」(人と人との距離の確保・マスクの着用・手洗い・換気等)の実践
・感染リスクが高まる「5つの場面」(大人数「5人以上」や長時間におよぶ飲食等)の回避
*都道府県間の移動について
・日常生活同様の基本的な感染対策を徹底した上での行動を
・感染拡大地域への不要不急の移動は極力控えて

◆松愛会栃木支部としての対応
・栃木支部は既にご案内の通り、酒類を伴う飲食を伴う支部行事は11月末まで中止としています。10月16日予定の節目懇談会、11月20日予定の友愛懇親会は来年3月に延期をしました。屋外行事については感染対策を行い、10月9日の「大谷クリーン作戦」は実施し、11月11日の「社会見学会」は実施します。
・同好会活動はステージ2.5以上では自粛要請を行っていましたが、ステージ2になりましたので自粛要請を解除致します。
松愛会会員の皆様は、感染防止対策をしっかりと行うと同時に、自らの健康維持(フレイル「虚弱」防止)に努めてください。「屋外での運動や散歩など、生活や健康維持のために必要なこと」は不要不急の外出自粛から除かれています。寝たきりにならないためにも適度な運動は毎日自分の体力に合わせて行ってください。
・9月9日に政府はコロナワクチン接種が行き渡る11月頃を念頭に、行動制限の緩和を目指すことを決めました。「ワクチン・検査パッケージ」を条件に、会食の人数制限の緩和、撤廃が検討されます。栃木支部は来年1月30日(日)の新春懇親会を実施する方向で検討していますので、今後の会報やホームページでの情報にご留意ください。

栃木県の新型コロナ感染関連情報(詳細はこちら)
・感染状況は多くの指標でステージ1または2になっています。引き続き感染対策をお願いいたします。
・60歳以上の感染者数は減少傾向ですが、20代・30代の多く、20歳未満の感染者割合が増加しています。

 

+5

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

文字拡大

PAGE TOP