2007年度 春レク『日本三景 天橋立と伊根湾めぐり』

開催日 2007年4月19日(木)

<画像をクリックすると大きくなり、画像の外を再クリックすると戻ります>

◆ 枚方から天橋立へ出発

 心配していた天候もからりと晴れ、桜に変わって萌黄色の新緑が眩い4月19日に今年の春レクを実施。ラポール枚方裏側の集合場所から8時に出発。今回はバス1台で総員56名が参加。第2京阪から名神・中国自動車道に入り、赤松SAで最初の休憩。吉川JCから舞鶴若狭自動車道に入り、綾部JCTで京都縦貫自動車道に下り、由良川PAで2回目のトイレ休憩を取ったが、高速自動車道の整備が進んでいて、目的地の天橋立・傘松公園下「元伊勢 籠(この)神社」駐車場には午前11時前に到着。

◆ 天橋立見学

 「特別名勝天橋立」は、その昔は籠神社の境内であり参道であったという。伝承によると「神代の昔、天にあった男神イザナギノ大神が奥宮真名井神社の磐座にいらした女神イザナミの大神のもとに通うための梯子が倒れて天橋立になった」と伝えられている。 傘松公園へは「元伊勢 籠神社」境内横手からケーブルカーあるいはリフトに乗って5分で到着。愈々日本三大名勝「天橋立・股のぞき」の現場。一点の雲も無い、これぞ日本晴れという天候の下で、特別名勝天橋立を眺望。

◆ 昼食&伊根湾めぐり

 お楽しみ伊根の舟屋の豪華昼食は、ケーブル駅前の松井物産2階大広間にて、ご当地名産の蟹をはじめ海の幸を堪能。昼食後は籠神社から178号線を丹後半島・伊根町へ移動し「カモメと戯れる伊根の舟屋」で有名な伊根湾めぐりの遊覧船に乗船。伊根湾めぐりの船上は海風で肌寒かったが、多くの方が甲板に頑張って伊根湾の風景を楽しまれた。またカモメと鳶が餌を狙って船の周りに群がり、暫し子供心に返って戯れ30分の遊覧を満喫。

◆ お土産購入と酒蔵見学を楽しんで枚方へ帰阪

 伊根湾遊覧後は来た道を戻り「鮮魚・海産物やまいち」に立寄り、珍味・特産品の試食をしつつお土産をタップリ調達。最後はお待ちかねの酒蔵見学「ハクレイ酒造」由良本店にて人気銘柄<酒呑童子>を試飲。人気銘柄<酒呑童子>は大江山の鬼伝説に因み、大江山連山の由良ヶ岳中腹から流れ出す不動の滝の湧き清水「不動山水」を使用して酒を醸しているとのことで、その原水も試飲、まろやかな美味しい水であった。帰路も頗る順調なドライビング状況で、夕食の豪華弁当を車中で食し19時過ぎには枚方帰阪。終日天候に恵まれて春のレクリエーションが無事終了。

<レポータ:金箱 写真:金箱、吉川 編集:吉川>

+3
PAGE TOP